子どもに言ってはいけない13のフレーズ。「はい、おしまい」「どうでもいい」

「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってありますよね。

とくに、やってほしくないことを面白がってやられたり、聞き分けがなかったりすると…。子どもと過ごすのは、本当に忍耐が必要です。

だからと言って子どもを不必要に傷つけることは言いたくないものですが「Your Tango」にまとめられていた「言ってはいけないフレーズ」は、どれも聞き覚えのあるものばかり。子どもだって、大好きなママから言われた何気ないひとことに傷ついているのかもしれません。

01.
「泣くのはやめて」

90bef9dcff1b90f7d122ffd604cbdd5e12903348

聞き分けなく泣いているときには、つい「泣かないで!」って言いたくなっちゃいますよね。でも、大人にとってはイライラしちゃうような理由でも、子どももそれなりの理由があって、泣くほど動揺しているということなんです。

「泣くのはやめて」と言ってしまうと、自分の気持ちを出すことはいけないことなんだ、自分の気持ちは認めてもらえないんだ、と感じてしまいます。

02.
「ママがやってあげる」

子どもが「自分でやる」と言ったから見守っていると、どうしてもイライラしてしまいがち。急いでいるときや、うまくいかないとわかっているときは、とくに手を貸したくなってしまうもの。

だけど、子供の気持ちを聞かずに横から手を出すことだけは避けましょう。代わりに「手伝いが必要?」と聞いたり、「こうやるともう少し簡単にできるよ」とコツを教えてあげると、やりたい気持ちを摘まずにすみます。

03.
「そういうことする子は嫌い」

A9c1fed38cc280e7112d36ef33a1863a71ed5ddc

子どもは時々信じられないことをしたり、癇癪を起こすこともありますが「子どもってそんなものだ」と思っておいたほうがいいのかもしれません。

ママだって完璧じゃありません。「あぁ、もう今この瞬間は、我が子でも嫌いだわ」と思ってしまうほどのこともあるでしょう。でもそれは、心の中にとどめておくこと。

ではどうするか。「そういうやり方は嫌」とか「そういう話し方は嫌だな」というように、“やり方”を指摘するようにしましょう。

04.
「泣くことなんて
なにもないじゃない」

これもよく聞くフレーズですが、よくよく考えてみると「泣く理由がない」なんて勝手に決めつけるのは良くないこと。大人が泣いているのを見かけたとき、同じことは言わないですよね?

泣くのには子どもなりの理由があって、疲れたりお腹が空いたりしていて、動揺するのはまったく悪いことではないのです。こんなときは優しく「どうして泣いているの?」と理由を尋ねてあげましょう。

05.
「そんなことすると
赤ちゃんみたいだよ」

0a34e6a45012ac5a37c56ce048d97b86bf6dc188

子どもが少し成長してくると、頻繁に口にしてしまうかもしれません。

でも子どもってそんなに簡単に大人になるわけじゃありません。大きくなっても子どもは子ども。ときに赤ちゃんみたいなこともあるけど、それが当然だと思っておけば、少しは気持ちがラクになるかも。

06.
「あなたのために
たくさんのことを
犠牲にしているのよ」

実際に子どもを育てるということは、自分の時間や労力をかけることになり「犠牲」を感じるかもしれません。

でも忘れちゃいけないのは、子どもは「自分のために犠牲になってほしい」なんて言ったことは一度もないということ。「あなたのために」とばかり伝えていると、罪悪感を与えることになってしまいます。

07.
「ひとりにして」

14566063197a4ce39ac31e5d1dcac8741567092b

親にとっても、静かな時間は必要です。でも、こういう言い方だと子供は突き放されたと感じてしまうかも。

「ママ、ちょっと休憩したいな」「ママはこれからちょっとの間ひとりでいるね」といった優しい言い方ができるくらい余裕があるうちに休憩をとるようにしましょう。

08.
「自分のための
時間なんて全然ないのよ」

これも自己犠牲を伝える言葉。そう感じちゃうことは確かにあるけど、子どもに言っても仕方ないこと。

特に子どもが大きくなってくると「自分はママにとっていらない子なのかな?」と、感じてしまいます。

09.
「質問ばっかりしないで」

F649aaa98cb62ad18a451a0f0c323a401ebbd5d8

子どもの質問攻めが始まると、本当にイライラしてしまいますよね。でも子どもには好奇心いっぱいのままでいてほしいのも、また事実。

わからないことを聞かれたとき「ママも知らないな」「フシギだね」とコメントしてあげるだけでも会話になります。「いろんなことに気がつくね」「すごい質問を思いついたね」とほめ言葉を用意しておくのもいいでしょう。

10.
「はい、もうおしまい」

子どもと何かをしたり出かけたりすると、つい大人の都合で動きたくなっちゃいますよね。「買い物の間、キッズスペースで遊んでいて」と言っておきながら、買い物が終わったら「もう遊びはおしまい。帰るよ」というのは、よく考えてみるとちょっと不公平。

子どもからすると「あなたの意見なんて聞かない。いいから次」という意味に聞こえてしまうかも。

11.
「大したことじゃないでしょ」

Cf2a9eeb28fd96e5dc13e16c80c21c52ad3e5e16

大人にとっては大したことじゃなくても、子どもにとっては大事件!つい大人になるとこういう言葉を使ってしまうんですよね。

パズルができた、アイスクリームを落としちゃった、動物園でキリンを見た、子どもにはどれも大事件です。いっぱい一緒に喜んだり、悲しんだりしましょう。

12.
「そんな風に◯◯しないで」

「もじもじしないで」「騒がないで」「おしゃべりしないで」など。子どもは大人がしてほしくないことでも、ついやってしまう存在なのです。

でも、それをただ指摘しても直るものではないありません。「しないで」と言うよりも、「してくれたら嬉しいな」という風にポジティブに伝えたほうが子どもも受け入れやすいはず。

13.
「どうでもいい」

C7c2705d19db5f29904a7768ce6cefa22d80ea28

「お友達が休み時間に木のかけらを食べちゃってたの」「私、今はウッディじゃなくてバズが好きなの」。子どもにとっては重大なことなのです。ママに教えてあげなきゃ!と一生懸命。

「どうでもいいわ」なんて言わず、小さいことでも明るい気持ちで接すれば、毎日がもっと楽しくなるでしょう。

Licensed material used with permission by YourTango
MORE CONTENT FROM ROMPER:
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
もしもタイムマシンがあったら、子どもの頃の自分に何を伝えたいですか?そんなドラマや漫画がたまにありますけど、一度本気で考えてみるのもありかもしれません。大...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...