子どもを「愛され経験豊富な人」に育てる10の方法

親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっぱいになって、ついそんな気持ちは忘れがち。

でも、子供のことが大切っていう気持ちはずっと持っている。そんなあなたの気持ちを伝えるためには、何も特別なことをする必要はないんです。

ちょっとしたことだけど、子供が愛情を感じてくれる、そんな10個の方法を「Collective Evolution」でALEXA ERICKSONさんが紹介していました。日本人の私たちにも共感できる内容が詰まっていました。

01.
「スキンシップ」は
一番の愛情表現

Medium 282fc0d8c344701d2d817e31b60758dc7fbcb47f

キスして、ハグして、背中をぽんぽん、ときにはソファでいっしょにゴロゴロ。

アメリカ人ならではのスキンシップという感じですが、日本人としては子供といつまでもスキンシップがとれるって、ちょっと羨ましくありませんか?アメリカほどではないにしても、子供が小さいうちからたくさんスキンシップをとって仲良しでいられるといいですよね。

結果的に、非行に走る可能性が低くなる効果もあるそうですよ。

02.
食事中には
テレビやスマホをOFF

デジタルデバイスに関する悩みは、万国共通のようですね。食事中もついついテレビやスマホに夢中になってしまいがちですが、本来は大切なコミュニケーションの時間。楽しくおしゃべりしながら食べたほうが何倍もおいしくなるはず。

自分ではほんのちょっとだけスマホを見ていたつもりでも、放っておかれたほうは気になるものです。実際、食事中はテレビを消したほうが子どもにとっても健康的、という研究結果もあるそうですよ。

03.
「おやすみ」前の
ひとときを大切に

Medium b810b20f432b8ca7624f5495cb30b6bab276a9ba

寝る前に絵本を読んであげる、寝かしつけに添い寝してあげる、というひとときは子どもにとっても大切な時間。忙しい毎日でも、そのときばかりはゆっくり時間をとって、一緒に1日を締めくくれたらステキですよね。

一緒に寝てくれるのなんて、子どもが小さいときだけです。

04.
「しつけ」には愛を持つ

日本でも子どもを叱るときの体罰はタブー視されるようになってきましたが、アメリカは日本以上にそのあたりが厳しい国。暴力は恐怖を植え付けるだけ、という考え方です。

もしも子どもと意見が割れることや、揉めるようなことがあったら「愛を伝えるチャンス」だと捉えると良いそうです。子どもが「どんな状況でも自分を愛してくれている」と感じることが大切。

05.
コミュニケーションのときは
目を合わせる

子どもと話すときは、必ず目を合わせましょう。大きくなってくると、子どももスマホなどに気を取られて、なかなか目が合いづらくなります。

「相手を見ずに話すのは失礼だ」ということを教えるためにも、ちゃんと目を合わせて話すことはとっても大事ですよ。

06.
たくさんの笑顔を

Medium 22b35036044dae023b4c9d35c01102569b625844

言われてれば、家族に接するときに“意識して笑うこと”って少ないかも。子どもが帰ってきたとき、部屋に入ってきたとき、できる限りの笑顔で出迎えてみましょう。

あなたがいつもニコニコしていたら、子どもだって気分が良くなるはずだし、あなたの近くにいることが不快になることもないでしょう。

初めはちょっと照れくさいかもしれませんが、「笑顔の出迎え」を始めてみませんか?

07.
ポジティブな
ロールモデルになる

どこの国の親だって、やっぱり子供には「ルールを守りなさい」と、守ってほしいことばかりを言ってしまうようです。

でも、もしも大人がそれを守れていなかったら?子どもはしっかり見ています。子どもに守ってほしいことは自分も実行しなければいけません。人には親切にして、フレンドリーかつ責任感を持って行動、そういう姿をつねに見せていれば、子どもだって変わってきます。

08.
何かを決めるとき
子どもにも話し合いに
参加させる

アメリカでは「家族で話し合って何かを決める」ということが日本よりも多いそうです。つい大人たちで話し合って、子どもには結論を伝えるだけになっていませんか?

家族にとって重大な出来事は、もちろん子どもにだって影響するもの。意見を聞くことで意外な発見があるかもしれないし、子どもにとっても「意思決定に参加する」という経験ができます。

話し合いのやり方って、意外と教えてもらえないこと。どうやって意見を言うのか、自分の意見がどう受け止められ、反映されるのか。それが子供にとって貴重な経験になるのかもしれません。

09.
「ムダな時間」こそ
一緒に過ごす

Medium 0c26a17ed1df30525ec8a2f11968ff08f60f8a7e

子どものために何かしてあげようと、習い事やアクティビティで予定を埋めていませんか?もちろんそれも素晴らしいことですが、何の計画もないような時間を一緒に過ごすことだって、とても大切です。

自分の思うがままに過ごす「自由な時間」を共有できるなんて、最高のぜいたく!冗談を言い合って、一緒に笑って、新しい遊びを一緒に発明するなんていうのはどうでしょう?人生は自分次第で楽しくしていけるんだ、ということを教えられる貴重な機会になるはず。

10.
つらいときは
寄り添ってあげる

子どもが傷ついているとき、いじめられているとき、誰かとうまくいっていないとき、悩みがあるとき。寄り添って話を聞いてあげましょう。悩みは一時的なものだったり、大人から見ると大したことないと思ってしまうこともあるかもしれませんが、彼らにとっては真剣な問題。

小さいときに転んでしまったときのことを思い出してみましょう。両親から「大丈夫だよ」と言ってもらえて、どう対処したらいいかを話し合えれば、とても安心できるはずです。

Licensed material used with permission by ALEXA ERICKSON, via Collective-Evolution
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
全ての子育てに悩むママへ子育て中のママなら誰だって、良き母親像を目指すもの。子どもの教育に頭を悩ませ、育児に性を出しながら日々、奮闘しているはずです。だけ...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
子どもの知能は、どうやって決まるのでしょうか。遺伝的には両親ふたりから受け継ぐと考えられていましたが、最新の研究ではなんと、母親の影響のほうがずっと強い可...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...