北海道の広大な牧草地に、「天井も壁もないホテル」が期間限定オープン!

それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「MEMU EARTH HOTEL」が、8月~10月の週末限定でオープンしています。

とはいえココ、ただの宿泊施設ではないんです。その秘密は後ほど紹介するとして、まずはどんな場所で寝泊まりするのかをチェックしてみましょう。

1日5組限定!
地球に泊まり、風土を味わう

Cb06bfdc73d5d238e91023fff5d12f61494c68c57210916d2177f160821bbb412c6d271d9460ee26

朝霧に包まれる幻想的な風景。気持ちいい牧草の大地。不意に顔をのぞかせる野兎。寝転がった目線の高さで見える星空──。日常では味わえない地球を感じる特別な時間が「MEMU EARTH HOTEL」にはあります。

E26d5438edd2520f6b1ec262a7c4a8b2a9a53b6e

56,000坪の牧草地の中に用意されたのは、1日5組限定の3種類の宿泊棟。

ベーシックプラン:3棟

F1dfb27e7a6c7cea2433678e03b87350b10bfa94

大型テント内のベッドの上で寝袋を利用するなど、本格的なキャンプ体験が楽しめます。

プレミアムプラン:1棟

3465d857806c533f3411ca660dcbcbded82e22f0

大切な人と過ごせるペア専用テント。シモンズ製特別仕様のキングサイズベッドのほか、こだわりのインテリアでくつろぎの時間を。

天井のないホテルプラン:1棟

0333f6274eb24aecece5a96c95920c3d27514c1aD9b926b9453ea197bd5a892e11898034956f0410

こちらが特に注目のプラン。広大な牧草地に天井も壁もなくベッドだけが置かれた屋外で眠る不思議な部屋は、地球との一体感を味わいたい人へ。

このホテルに、
シェフはいません。

B49824e6a13cae20ad137949638a5c785bed7098

シェフの調理したメニューではなく、宿泊者自ら調理に参加することで、自然を感じながら味わえる「ネイチャーディナー」を用意。大きな肉の塊を豪快にダッチオーブンにいれ火をかける、庭に生えたハーブを積んで香付けをするなど、大自然ならではの食事を堪能!

88906a58a40e695b85d4ff8a6a66d867bc142750

これは、新たな
「地域活性化」のカタチ

Ff1d6437ad452fddc05dd1b71c98a89846347ac8B7de0d1b4eb1ad730d506bcd4f0fdd679e387fe1

「MEMU EARTH HOTEL」の目的は、単に大自然レジャーだけでなく、宿泊者自身がその地域の魅力や資産に気づくこと。これまで観光施設や宿泊施設が十分になかった地域にも風土体験の機会を創出し、新しい地域観光ポテンシャルの価値化を目指しているというわけ。

445ce1bac73a9ecce4a84098fbff3ac9755c04d8

一般的なホテルやグランピングのようなおもてなしをするのではなく、宿泊者自身が豪快なアウトドア料理に参加したり、大きな焚火に火をつけるなど、自分の力で作り上げていく過程を価値として提供する。ここにこのホテルの本当の意義があるのです。

C71c8378fb4bd15a06ae1b0223b352ae189ed503

宿泊は1泊2日2食付きで32,400円(税込)から。地球に泊まり、風土を味わう体験はコチラから予約可能です。

Licensed material used with permission by ORANGE AND PARTNERS Co., Ltd.
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
近年、「瀬戸内国際芸術祭」が世界から注目を浴びている。そのメイン開催地である直島に建つのは「地中美術館」や「ベネッセハウス」「ANDO MUSEUM」など...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...