いたずらで「救急車」を呼んでしまった男の子の反省文に考えさせられる・・・

英・イーストミッドランドにある救急センター「NHS Trust」がツイッターで公開したのは、ある男の子からの反省文でした。彼は、ちょっとした出来心から救急車の出動要請に「いたずら電話」をしてしまったのです。

ごめんなさい、2度と
このようなことはしません」

Medium 70e606d6910d1d9a5964cc2b69ea453eeab5bada

「本当にごめんなさい。2度とこのようなことがないようにします」という深い反省の気持ちとともに彼が書いたのが、なぜ不用意に999を押してはいけないのか、ということ。

1. 罰金が発生するから。
2. とても怒られることだから。
3. 本当に助けを必要としている人の妨げになってしまうから。

文面は子どもっぽいですが、手紙からは心からの反省の気持ちが伝わってきます。

でも、他人事じゃないかも

日本でも、軽症の人がわざわざ救急車を呼んだり、なかには仮病を使ってタクシー代わりにする、なんて人がいたりと、おカド違いな「出動要請」が後を絶たないと言います。それは、この手紙の少年が書いたように「本当に助けを必要としている人の妨げ」にもなりかねません。

手紙を投稿した「EMAS NHS Trust」は、こう問いかけます。

「あなたの子供は、救急車を呼ぶべき時と、そうではない時を、理解していますか?」

Licensed material used with permission by EMAS NHS Trust
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
オーストラリア・シドニー在住のアーティスト、Miguel Marquezさんは、屋外にちょっとしたサインを掲示する作品を手がけています。まるで“公的な機関...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
濃淡のあるタッチで描かれた動物たちは、どれも生き生きとして見える。こんな車とすれ違ったら、振り返ってじっくりと眺めてしまう。なんて、最初はそう思っていたん...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...