スウェーデンが、物を修理すると「税優遇」を受けられる国へ。

使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。

スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理すること」で、税控除が受けられる制度を議会に提案した。

壊れたものは、
修理してもっと使おう。

Medium e2248c5b218a26f35166b5f636f64be8cdbe8a9a

The Guardian」によると、スウェーデンの議会に、自転車や衣類、靴などの修理にかかる付加価値税(VAT)を25%から12%へ引き下げる法案が提出された。ほか、冷蔵庫やオーブン、食洗機、洗濯機といった生活に必要な白物家電を修理した業者に、人件費の最大半分を所得税から還付できる制度が予算案に盛り込まれている。
※VATは、物の種類によって変わる消費税のようなもの。嗜好品には高く、生活必需品には低く、というように、付加価値によって課税率が変わる。

金融市場・消費者担当大臣のボルンド氏は、「これによって修理にかかるコストを大幅に削減し、修理を合理的な経済活動にできる」とコメント。直したほうが安く済むなら、必然的に使い捨てる機会は減るかもしれない。

二酸化炭素排出量を削減し、
雇用を促進!

Medium d7df8e5fe967b45d0db62f926f7ce2b0d9f4edb8

CNN」は、日本円にして約87億円(7億4,000万クローナ)ほど税収が減るだろうと指摘しているが、法案には消費を抑えて環境への影響を削減し、公的な教育を受けていない移民の雇用を促進する目的も含まれている。

スウェーデンにおける二酸化炭素の年間排出量は、1990年から比べて23%も削減された。再生利用可能エネルギーによって電力の半分を賄ってもいる。しかし、消費による排出量の増加は続いていた。そして、高等教育を必要としない職に必要とされる人材が不足している背景もあった。

ボルンド氏はこの政策を、メーカームーブメントと呼ばれるデジタル製造や、Airbnb、Uberなどの共有経済といった消費削減に関連する国際的トレンドに基づいたものであると主張。法案は12月の投票によって可決された場合、2017年の1月1日から施行される予定だ。 

Reference:The Guardian, CNN
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用...
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
経営者なら誰しもが「社員には意欲的に、誠実に、そして何より一生懸命働いてほしい」と願っているものですが、やみくもに働きなさい!と言うだけでは、当然社員たち...
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
白夜はもちろんのこと、日本とはまったく違う環境下で暮らす人々の生活ぶりがリアルに伝わってくる映像作品になっています。これが公式PR動画だと聞くと、つい驚い...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...