外国人に「神社の鳥居はなぜ赤い?」と聞かれたら答えられる?

日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。

外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、しっかり答えられるようになっておきたいですよね。ここでは、「話題の達人倶楽部」が編集した書籍『日本人の9割が答えられない 日本の大疑問100』より、5つの疑問を紹介します。いざというときに自信を持って答えられるようになっておきましょう。

なぜ日本人は
ペコペコとお辞儀をするの?

Medium 887275de344ebe059d54f7feb9b0cceb6827efbf

そもそも日本人は、どんなときにお辞儀をするのでしょうか?挨拶をするとき、知り合いとすれ違ったとき、別れるとき、お礼を言うとき、謝罪をするとき。数え上げるとキリがありませんが、それほど、お辞儀は日本人の生活に浸透しているのです。

欧米にも、お辞儀に相当する儀礼はあります。相手の前で片膝を地面につけて頭をさげる、といったものは、王や貴族など、高貴な人の前で経緯を示す行為として使われています。それに対して日本のお辞儀は、目上の人はもちろん、対等の人、目下の人にさえ使うのが特徴です。しかも、何度も繰り返すことが多いのです。

この“何度もお辞儀を繰り返す行為”が、外国人には不思議に見えるそうです。

その理由としては、お辞儀とは礼儀なので、頭を上げたときに、相手がまだ頭を下げていたら、再び頭を下げるため、です。それが日本人にとっての礼儀なのです。それを繰り返していると、結果的にお互いに何度もペコペコとお辞儀をすることになってしまうのですね。

相撲はどうして
裸同然の格好で戦うの?

Medium 6500f15994bf11085db2cad1e4c7172c1d8d5758

古代オリンピックでは、不正を行わない証として、出場選手は全裸で競技をしていたそうです。

日本の相撲も「まわし」だけを身にまとい、裸に近い格好で競技を行います。

その理由は、相撲が「神様へ感謝の気持ちを捧げる神事」だとされているからです。日本各地のお祭りで、神様に捧げる奉納相撲が開催されていることからもわかるでしょう。まわし以外を身につけていない理由は、神様に対して不正なことをしていないことを示す証だったのです。

一方、トルコのオイルレスリングで知られる「ヤールギュレンシュ」やモンゴル相撲とも呼ばれる「ブフ」など、海外にも日本と同じように裸に近い格好で競い合う格闘技が多数あります。これらの競技では「武器を持っていないことを相手に示す」ことを主な理由として、裸に近い格好で競い合うようになったそうです。

日本人は一人ひとりに
「My箸」があるのはなぜ?

箸を使う国の中でも、日本の箸文化は独特とされています。中国や韓国では食事を取り分けたり、スープを飲んだりするのにスプーンやレンゲなどを使い、箸を補助的に使用する文化とされていますが、日本は箸を中心に使いますよね。

しかも各家庭では、それぞれ「自分の箸」が決められているし、子供には少し小さな子ども用の箸が用意されています。

ここまで細かく分けられている理由は、日本料理がもともと一汁三菜を基本に、一人ひとりに盛り付けられた料理であったからとされています。同じアジア圏でも、中華料理は大皿にのった料理をみなで取り分けることが多いですよね。それに対して、各人が自分用に盛り付けられた料理を、自分の茶碗と箸を使って食べるのが日本の食文化なのです。

「刺身」と「お造り」は
同じ?違う?

Medium 43e2011046187b803068788eb341738ace152317

日本で暮らす外国人が「オサシミ、アリマスカ?」とお店の人に尋ねたら「お造りになります」と答えられて戸惑ったという話があります。刺身とお造りに違いはあるのでしょうか?

答えは「違いはない」です。どちらも同じ料理を指す言葉で、関東では「刺身」、関西では「お造り」が一般名称のようです。

魚介類の切り身を生で食べる料理は、江戸時代に関東を中心に広まりました。武家社会の関東では「切る」という言葉は縁起が悪いとして、「切り身」という名称が避けられ「刺身」と呼ばれるようになったという説があります。

一方、関東から関西に広まった刺身ですが、関西では「刺す」という言葉も縁起が悪いとされていました。そのため「調理する」という言葉を持つ「作る」という言葉から「作り身」→「造り」→「お造り」と変化していったそうです。

神社の鳥居はなぜ赤い?

日本古来の神様を祀っている神社にあるのが、鳥居。なぜ赤色に塗られていることが多いのでしょうか。

そもそも日本では、赤色は火や太陽、生命を表す色とされ、悪霊や災厄を払う力があると考えられてきました。これを神社の入口にある鳥居に使うことで、神社の中に悪い霊や気が侵入するのを防いでいます。また、赤色の顔料となる朱は水銀を原材料としていて、昔から木材の防腐剤として使われてきたという、実用的な面でのメリットもあったのです。

ちなみに、鳥居の色は赤ばかりではありません。白や黒の鳥居も存在しています。有名なところでは、伊勢神宮や出雲大社の白い鳥居。白といっても真っ白に塗られているわけではなく、皮を剥いだ白木の色です。ただし、五穀を司る倉稲魂命(うかのみたま)を祀った稲荷神社の鳥居は赤が基本です。

日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
神社が夢に出てきたら、なんだかとてもありがたく神聖な気持ちになれますね。夢占いによって、神社の夢は何を意味し、何の前兆なのかを知っておくことで、将来のチャ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの...
茨城県東茨城郡大洗町にある「大洗磯前神社」。そこには、海岸に立つ鳥居「神磯」があります。これは「神磯」から日没を覗いた画像。海の色と夕焼けと影のコントラス...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
ニッポン人て、どうなってんの!?異文化を見た時に驚くのは世界共通。しかし、自分の国が周りからどう思われているかを知る機会は意外とすくない。今回紹介するのは...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?木造建...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。とはいえ、「継手」とはなんぞや?という人も多いはず。それは、大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だ...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp近年「パワースポット」として注目され、山ガール、釣り...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...