遺伝子組み換えによって進化する「未知の人類」とは?

遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」というツール。遺伝子の編集が簡単に安くできるようになりました。これを応用すれば、ウイルスや遺伝による疾患を除去できるかもしれません。

しかし、リスクが高いのも事実。では、技術が進歩したらどんな可能性が考えられるのか。飛躍したアイデアも含めてその歴史を見てみましょう。

遺伝子組み換えは、
多くの命を救った!

Medium 1482c8209d893462b5314bcea16c5b2e7b2957ff

2016年8月28日、東京大学が遺伝子組み換えによってがん細胞を破壊するウイルスを開発しました。正常な細胞は傷つけないと言われており、2年以内の臨床試験が始まるとも。あまり身近ではないように思えますが、こういった医療への実用例はすでにあります。

Kurzgesagt – In a Nutshell」の動画によれば、植物に放射線を当てて検証する実験から始まり、遺伝子を混ぜる組み換え技術が進歩。様々な生物や化学物質が生み出されていきました。

1974年には、MITの生物学者ルドルフ・イエーニッシュが遺伝子組み換えによってマウスを作製。治療法の開発に役立てられ、多くの命が救われています。

植物→動物→食品→人間。

Medium d0ddee26fe4b05086ef46dbf35e7d8ed87ddf139

90年代になると、食品に応用開始。長持ちする野菜が登場。この時に使用されたのは、“腐敗しない遺伝子”だとか。

それから、筋肉質な豚、成長の早いサケ、毛のないニワトリ、光る熱帯魚などが生み出されています。

遺伝子を編集され、
生まれてくる子どもたち。

Medium eeaba008c6bace4c1aebc3c21a02efe6687fc4c3

不妊治療の一環として、3人の親を持つ子どもを生む方法が誕生しました。母親の遺伝物質を代理母に移植して出産、生まれた子どもは3人の遺伝子を受け継ぎます。

これには、疾患の継承リスクを減らす目的がありますが、一方では皮膚や眼の色、体格、知性をカスタマイズできる「デザイナーベイビー」を認めることに繋がるとも言われており、物議を醸しています。

ウイルスを改造して、
悪性腫瘍だけを殺す。

Medium b8ff89cecb8f489cf2768629417902549c807fe2

2015年、HIVウイルスに感染したマウスに「CRISPR-Cas9」を使用し、50%のウイルスを除去することに成功。

ネイチャー」に掲載されているデューク大学の生物学者、ブライアン・カレン氏は「まだまだ絵に描いた餅だ」とコメントしていましたが、さらに進歩は加速していくと言われていました。東京大学のウイルス開発は、まさにこの遺伝子組み換え技術を用いた好例でしょう。

また、米国や中国で臨床試験が認可され、肺がん患者でテストを行うというニュースもあります。ゆくゆくは、遺伝的な疾患を誰でも治療できるようにもなるかもしれません。

人類が人工的に進化する。

Medium ccef955e54e0aa80310b9413b1f5c6d279422460

懸念点は多々ありますが、胚を編集する技術もすでに存在しており、過去に2度実験が行われたそうです。しかし、遺伝子を編集した結果、どんな影響が起こりうるのかは未知数。

その遺伝子情報が子孫にも伝わり、拡大していく影響を考えると“進化の歴史に人為的な変化をもたらしてしまう”とも言われています。特定の能力を強化するような都合のいい編集はできないとの指摘もあり、反対意見が多いのです。

倫理問題の解決は時間の問題?

Medium 71a86c86f4ddb4af35e32352f29440c5a481c055

動画ではこんな見解が示されています。遺伝病を除去するような小さな変化から始まり、赤ちゃんが健康的に産まれてこれるようにと利用されれば、そうしないことのほうが非倫理的に捉えられるようになるーー。

そうして、宇宙で生きられたり、不老長寿を手にするような人間が現れるなんてことまで。技術進歩の速さを考えるとあり得るということなのでしょう。

地球外知的生命体探査(SETI)のディレクターである天文学者のセス・ショスタク氏は、1月の「デイリー・メール」にこうコメント。

「狼から犬が生まれたように、人間から新たな生物が生まれるでしょう。人工知能や義肢によってサイボーグ化も進み、デザイナーズベイビーが増え、スペースコロニーでこれまでにない進化を遂げた人類が生活していてもおかしくありません」。

近年の人工知能や義肢の進歩、そして遺伝子組み換えによるウイルス開発ニュース。見たことのないような人間が生まれるとしても、あながちSF的な発想とも言い切れませんよね。

喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
英・オックスフォード大学の研究チームが発表した研究結果によれば、人工知能によって、唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できる機能が実現しました。これま...
数世代前の人々にとって、現代の暮らしは夢のようなもの。そんなことを感じさせてくれるのが、人類史を簡単にまとめた動画『What Happened Befor...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...