自分はどんな「死」を迎えるんだろう?知っておきたい6つの豆知識

どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのように死を迎えているのでしょうか?

01.
100年でこんなに変わった
「死亡理由」

Medium d4fe7ea88b003b6ebce02d0e0ab9b756e0998515

1900年には31歳だった平均寿命も、2016年には71歳と、100年ちょっとで倍以上も長くなりました。そして、死の理由も大きく変わってきています。

アメリカを例にすると、2014年には2,600万人以上の人が亡くなっていますが、その内の半数以上の原因は、心臓病やガンでした。でも約100年前の1914年の主な原因は、結核やインフルエンザ

科学の進歩によって、かつて「不治の病い」とされていたことも、その多くが治療可能な対象に。

02.
ガンからの生存率も
この50年で向上

Medium 6b8162f4b9075425b2eb8b426c8f3e03e70b3933

1970年代のアメリカでは、ガンになったあとの生存率は50%でした。しかし現在は68%まで上昇していて、1,550万人以上にも及ぶ人がガンを克服したそうです。

03.
こんな死に方ってあり!?
自撮りやゲーム、
ホットドッグまで

Medium 534e763b32b33f8fcd8b1c3bed8c33566ac12c0c

次に、少し変わった「死因」を見てみましょう。2015年には自撮り関連の事故で27人が亡くなっています。またある男性は『スタークラフト』を50時間ぶっ通しでプレイしたあとに、心不全で亡くなったそうです。

ロシアに注目すると、年間100人もの人が落ちてきた「つらら」のせいで亡くなっています。さらに、毎年70人もの子供達がホットドッグをノドに詰まらせて死亡しているのだとか。

04.
ほとんどの人に
「突然死」は訪れない

Medium 0adc4ec9170ebda487a6c9959864d9691af746ee

「逝くときは、苦しまずに…」と思っていても、ほとんどの場合でガンや心臓病は「突然の死」にはなりません。病院で亡くなる人の60%はこのどちらかの病気だと言われていますが、死に至るまでには長い時間がかかるケースが多いです。アメリカでは平均して10人に1人は、1ヶ月以上も病院で過ごすことになります。

05.
イメージと違う!?
サメより犬のほうが怖い

Medium 6d66881ffe0d133d9959adb64627778a76c8fce6

私たちが抱いているイメージは、じつは間違っているのかもしれません。2014年アメリカでは、サメによる死亡事故は0件ですが、犬によるものは38件もあったそうです。

また「自転車に乗るときは気をつけなきゃ」と思う人は多いかもしれませんが、自転車での死亡事故は900件なのに対し、歩行者は6,300件。じつは歩行中の事故のほうが断然多いんです。

また、テロに遭い死亡する割合と、アルコールで死ぬ割合を比べると「1:80」。アルコールで亡くなる人の割合のほうが圧倒的に多いことがわかります。

06.
自分がいつどうやって
死ぬかわかるようになるかも…

Medium 9a997878ce9d6c3b2f57da68410d841a902170a9

コンピューターの凄まじい発展により、将来的には既往歴などをもとに、いつどうやって死ぬ可能性が高いかを割り出してくれる日も近いと言います。

でも問題なのは、みんなが自分の寿命を知りたがるかどうか。あなたはどう?

Licensed material used with permission by Asap Science
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
「常に、死を意識することのススメ」と題した記事をご紹介します。なんて、唐突に言われても、私たちが常日頃から、死について考えているかといえば、そんなに多くは...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたち...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
ソウルで撮影された動画には、ズラッと並んだ棺桶の横に立つ人々が写っています。これは、自殺者数が急増し問題視されている韓国で始まった、自殺予防のためのサービ...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
ワニ。それは水辺の王者。地球上に登場してから現代に至るまで、およそ2億年前にもわたって水辺の生態系の頂点に君臨し続けている、恐るべきハンターです。噛む力は...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...