挑戦的で実験的。「ビバップ」から考えるジャズのアドリブの楽しみ方

ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、このアドリブが多用され始めたモダンジャズ以降はさらにジャンルが細分化され、どう聴いていいのかわからない…なんて人も多いかもしれません。

じつは、モダンジャズがややこしくなった原点には「ビバップ」がありました。漫画『BLUE GIANT』にも主人公の大がアドリブで演奏するシーンが数多く登場しますが、大が友人から初めて聴くジャズとして勧められたレコードの一枚が、「ビバップ」の生みの親のひとりと言えるチャーリー・パーカーの『ナウズ・ザ・タイム』だったことにも、つながっているのかもしれません。

そんな紆余曲折あり少々難解なジャズの歴史について、とてもわかりやすく解説してくれるのが、油井正一さんの著書『生きているジャズ史』。「ビバップ」を攻略して、奥深いジャズの世界を楽しんでみては?

スイングにはもう飽きた?

5c80df8b03acc80fd154f7e8701fbabc4b221d6a

ビッグバンドによってあらかじめ決められた旋律を奏でる「スイング」は、1930年代にジャズの主流となりました。しかし1940年代に入ると「スイングはもうお腹いっぱい」というミュージシャンが出てきます。スイングから脱却し、もっと自由な音楽を求める動きが出てきたのです。その欲求からビバップが生まれました。

もっと厳密にいうと、「自由を求める」というよりは、元来のジャズのような即興演奏で自己主張をしたくなったのです。一説によるとビバップは、ニューヨーク・ハーレムのクラブで夜に店が終わったあと、有志のジャズミュージシャンたちが始めたセッションから生まれたそうです。

挑戦する音楽、ビバップ

ビバップは、曲の主旋律よりもアドリブを重視しました。また、大編成のバンド形態が多かったスイングに対し、2~3人と小編成のバンドで演奏されます。先が読めない激しいコードチェンジの演奏を行うため、時には元の曲がまったくわからなくなるほどのアレンジになってしまう場合もあります。

アドリブは次に何が起きるかわからないスリリングさという、挑戦的かつ実験的な側面を持つため、成功することもあれば失敗も多いのも事実。また、ダンスミュージックなどに馴染んだ人からするとアバンギャルドすぎて、「ミュージシャンの自己主張を聴くだけだ」という批判もありました。

そんなアドリブ・プレイを駆使した演奏で、今日のモダンジャズの源流となる「ビバップ」を作り上げたのがチャーリー・パーカーです。

ジャズを芸術の域にまで高めた
チャーリー・パーカー

サックス奏者、チャーリー・パーカーの全盛期は1945年~1948年とされています。ジャズ評論家の油井氏はチャーリー・パーカーを「傑作があるかわりに、失敗作もある。こういったムラの多い芸術家は、往々にして前人未踏の境地を探求しつつあるひとです」と評しています。

チャーリー・パーカーが天才とされる理由は、その高い演奏技術はもちろんですが、ハーモニーのひらめきに優れていた点にもあります。ただし油井氏も語っているとおり、パーカーが残したレコードは新しい音楽へ挑戦する気迫に満ちているものもあれば、聴く人をがっかりさせる様なものもあります。

パーカーは若い頃から酒と麻薬に溺れており、また、精神疾患や胃潰瘍も抱えていました。時には泥酔状態でレコードを録音したこともあったそうです。そんなパーカーは不摂生がたたり、心不全のため35歳という若さでこの世を去ります。

音源が残されていなくても
モダンジャズの基礎となった

残念ながら、パーカーをはじめとするミュージシャンたちが、ビバップのリズムを試行錯誤していた当時の音源は残されていません。というのも1941年から太平洋戦争による原料不足で、2年近くもレコードが録音されることがなかったからです。そのため、音源を元にして、スイングからビバップまでの変遷をたどることはできません。

しかし、ビバップで生まれたハーモニーやリズム、フレイジングは、その後のジャズに影響を及ぼし、モダンジャズの源流ともなりました。

アドリブは
元ネタを知っておいたほうが
断然楽しい

117f3035a43faa7460f32b0d9f72a056307869a0

アドリブがあるジャズが分からないという方は、まずはスタンダードナンバーがビバップを始めとするモダンジャズによってどういう風にアレンジされているのか、色々聴き比べてみると面白くなってくるかもしれません。そうすれば――そんな楽しみ方ができるようになるはずです。

アドリブには、演奏者の個性が出ます。もしレコードを聴いてるだけでは物足りなくなってきたら、ぜひライブに行ってみてください。ライブでは一期一会のアレンジを楽しめることができますし、そうなればもう、あなたはジャズに首ったけになっているはずです。

映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される...
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
歌い手のヘイリー・ラインハルトは、全米規模で行われているアイドルオーディション番組「アメリカン・アイドル」で話題になった女性。そのスモーキーな甘い声で唄う...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、「オードブルの魅...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
これは、作家・吉川 潮と島 敏光による、もてあます暇をもてあそぶ極意。著作『爺の暇つぶし』から一部抜粋したものです。吉川 私は現在67歳の立派なじじいです...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ときおり、思わぬ弾き方で楽器を演奏するアーティストが現れて驚くことがあります。ここで紹介する彼は「エレキベース」を操るミュージシャン。しかし、一本も弦があ...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...