知ってて損ナシ! FSCとLCCの「違い」

出張で、あるいは旅行でも、フルサービスキャリア(FSC)とローコストキャリア(LCC)のどちらを選ぼうか迷ったことはありませんか。

チケットの価格が異なるのはもちろん、FSCとLCCにはさまざまな違いがあります。

コスパ=価格じゃない!
サービス重視と合理性重視の違い

A66ed5a2ae5f86a626417ff3f24ec7ea3aa2e251

FSCとLCCの一番の違いは、サービスをとるか合理性をとるかということではないでしょうか?

FSCは、座席の種類が選べたり、機内食や飲み物が運賃に含まれていたり、乗客にさまざまなサービスを提供しています。一方、LCCは人件費の削減や運航の効率化、サービスの簡素化によって運賃を下げ、とにかく合理性を重視しているのです。

これはコストだけの問題ではありません。価格だけを見ればLCCでしょう。でも、コストパフォーマンスという意味ではFSCを選択するシーンもあります。

両者には、チケットの価格差を超えたところに、サービスを重視するのか合理性を重視するのかという価値観の違いがありました。

定時到着率は、使用シーンで価値が変化する

25dfc77804dd5313df87d4372eec310528b03065

また、FSCとLCCの違いとしてよく取り沙汰されるのが定時到着率です。

LCCは、機材も合理的かつ効率的に活用しているので、機材繰りのスケジュールにあまり余裕がないのです。一方、FSCは、合理性よりもサービスを重視しているので、機材繰りで遅延することはほとんどありません。とはいえ、使うシーンによって定時到着率への意識は変わってくるのではないでしょうか。

もちろんビジネスで使うときは、時間通りに目的地に到着してくれるのはとても価値のあることです。でも、なるべくコストを抑えたいプライベートの旅行なら、多少の遅れより運賃の安さを重視した方が、そのぶんのお金を観光やお土産のために使えますよね。FSCとLCCは、旅の目的によって、価値が変わってくるものなのです。

機内に加えて、空港での過ごし方が変化する

225ad797b9cb85be9506a89c7a2c8ce3fe5855c4

チェックインカウンターや搭乗口の場所もFSCとLCCで大きく変わることがあります。空港にもよるので、一概には言えませんが、やはりFSCの方が入り口に近いことが多いようです。

時間に余裕がなくて急いでいるときや、ギリギリまで空港内のショップを見ていたいという人にはFSCが最適かもしれません。

チェックインカウンターまで距離がある場合は、少し余裕を持って行動しなければなりませんが、空港内を歩くことで新しい発見があるかもしれないし、落ち着いた気持ちで出発できるというメリットも。

空港でどんな過ごし方をしたいかということも、FSCとLCC、どちらを選ぶかの要素になるようです。

機内の時間を単なる移動時間と考えるか否か

F59eaf63ba76f164d712cf21a98ee24234ddcfd2

LCCは、合理性を重視するうえでサービスを簡素化しています。ゆえに、機内食やビデオやオーディオといった機内エンタメでは、FSCに軍配が上がることがほとんどです。

飛行機内では持ち込んだ本や雑誌を読むか、できれば寝ていたいという人には機内サービスの有無はあまり重要ではないでしょう。一方で、飛行機内の時間もできるだけ楽しく過ごしたいと思う人にとっては、どんな機内食が食べられるかというワクワク感、いつもなら見たり聞いたりしない映画や音楽との出会いは、かけがえのない体験になるはずです。

2、3時間の短い旅ならサービスなしでもいいけれど、長い時間がかかるならなにか楽しみがほしいという考え方もあるかもしれませんね。

飛行機のなかの時間を、自分はどう過ごしたいのか。FSCとLCCどちらかを選ぶ前に一度考えておきたいところです。

どんな時間を過ごすかはあなた次第
旅の目的にあった選択を

5173fb2c33c1f74bdfe26d1f0650d4a0184cb3f1

FSCとLCCはチケット価格が異なるだけでなく、さまざまな要素で違いがありました。でもけっしてどちらが「いい」「悪い」と言えるものではありません。

自分の旅の目的や、どんな時間を過ごしたいかで最適な選択は変わってくるのではないでしょうか。

アンケートに答えて、「Amazonギフト券」1万円を当てよう!

この記事は、空の旅についての調査を目的としています。
下記のボタンからアンケートにお答えいただいた方の中から、10名様に「Amazonギフト券」1万円をプレゼントさせていただきます。
ぜひご協力ください。

【キャンペーン概要】
●応募期間
2017年1月23日(月)〜4月16日(日)

●プレゼント
「Amazonギフト券」1万円分を10名様へ。

●応募方法:下記のボタンよりご応募ください。

●応募規約
応募は1名につき1回となります。
ご入力いただいた情報(氏名・メールアドレス・アンケートへの回答)は、第三者(株式会社フィールドマネジメント)に提供され、個人を特定しないマーケティング活動における統計分析に利用させていただきます。その旨を同意していただいた方のみご応募ください。

167e80d34a1d1c4114c8e6ca9c560348862303b7
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
LCCに乗り込むため移動する、第2ターミナルから第3ターミナルまでの道のり約500m。荷物を持ってのこの距離には、「遠い……」と呟いてしまうのも仕方がない...
「自分の好きなことを仕事にできたら、どれだけ幸せだろう?」きっと、ほとんどの人が一度はそう思ったことがあるはずです。でも、実際に一歩を踏み出す人は、決して...
共通の趣味をきっかけに発展する友情や恋愛が多いなか、まったく違う背景を持つ相手をパートナーにオススメするのは、「Elite Daily」の女性ライター、K...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
スペインと言えばシエスタ。やはりお昼寝にはこだわるお国柄なのか、スペインから登場した〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス...
ぜんざいとおしるこ。普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。しかし、そこには微妙な差異があるのです!辞書による定義ぜんざい「善哉餅のこと。関...
11月2日(水)、欧州で国際線の世界最短記録が更新されました!主役は、オーストリアの航空会社「People's Viennaline」。島国日本ではまずあ...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...