クリエイティブな人が「9時17時」の環境だと成功できない理由

安定感のある、午前9時から夕方17時までの仕事。多くの人は、時間に余裕ができるし、安定していて将来に備えられるという理由で選ぶかもしれませんが、もっと自由に働きたいクリエイティブなタイプの人や、リスクも計算しながら挑戦していきたい起業家タイプの人には、あまりオススメできません。

なぜクリエイティブな人は、こういった安定型の仕事に向いていないのか?その理由を「Elite Daily」のライター、Brian Lawrenceさんの記事からご紹介します。

01.
決まりごとが苦手

E6fa49cc729aad26240024762c30ec1954b4f91f

クリエイティブな人たちは、誰かに決められた順序で行動しなければいけない環境がこの上なく苦手です。

なぜなら彼らは、たくさんのパズルのピースの中から、自分の人生に合ったものを選び、当てはめていくのが好きだから。そして、そのパズルが完成しないことさえも彼らは楽しんでいるのです。

02.
柔軟性がないことは
とてもストレス

時間やリソースの使い方を自由に決められないのは、クリエイティブな人にとってかなりのストレスです。本来、彼らに与えるべきは大まかな内容と期限と予算だけ。

そうすれば、きっと素晴らしい仕事や作品を生み出し、たとえば、クライアントから手直しの指示がこないよう、様々な別案も提出してくれるでしょう。

03.
つねに
マイペースで働きたい

92e6a2881d54dbc9516fc326cc7d4322a500e774

定時で仕事を終えるように強要すると、いつしか彼らは爆発するでしょう。なぜなら、クリエイティブな仕事に終わりはないから。そもそも、期限をきっちり決めることも無理な話。

彼らはクライアントの希望を聞く前から、自分が思い描くスケジュールを提案してくれますが、それを拒否すると別の仕事に移行してしまうので注意が必要。

04.
なにより、自主性を好む

クリエイティブな人は、仕事の責任を一任してほしいと思っています。できるだけ監視することなく、必要な条件を伝え、それを実現する自由を彼らに与えましょう。助けが必要なときは、ちゃんと伝えてくれるか、自分で調べて解決するので信じるようにしましょう。

この手の人の集中力を妨げるのは、逆効果です。余計な時間がかかるだけでなく、クオリティが下がることだって考えられます。そうなると、誰も得をしないのです。

05.
一度火がつくとすごいけど
モチベーションが持続しない

F0c23b9c31cae89e5c319b13c76d3880b8a2cc30

彼らのモチベーションは、一日も持ちません。実際のところ、他の人もそんなに持続することはないのですが、大半の人はやりたくない仕事でも成し遂げようと努力はしてくれるでしょう。

彼らの場合、興味が湧くまでは仕事に着手しませんが、一度火がつくと真正面から取り組もうと自分を奮い立たせるのが特徴的。だからこそ彼らは、どのタイミングでモチベーションが上がるか、やる気を高めるために何をすべきか、自分自身を熟知しているのです。

06.
ルーティーンに
意味を感じない

日々、同じ物事をやり続けると、クリエイティブな人は徐々に病んでいきます。日々の生活を時間のブロックとして見ている彼らは、ミーティングに出席したり、自分に有益な仕事だけ終わらせていくを好みます。

これだけを見ると「クリエイティブな人は、仕事が自分の好みにフィットしなくなると、責任を放棄する」と思うかもしれません。でも、現実はまったく逆。彼らは非常に意志が強いので、何かを一度決意すると、それはきっちり最後までやり遂げます。

07.
非従来型の仕事がしたい

A595d977a11c25d565d454d569e80a592c94b277

一般的な企業は、クリエイティブな人を長く雇用できないでしょう。なぜなら彼らの強みを十分に生かせない環境に不満を感じてしまうから。そう思い立ってしまったら、彼らは躊躇なく新しい環境で働こうとするでしょう。だから、もし仮採用の期間が終了する前に仕事を辞めたとしても、決して驚かないでください。

腰を据えて集中力をキープさせるために、彼らは自律性を保ちながら成長できる仕事を求めています。

つまり、従来のフルタイム職がフィットする見込みはほとんどないのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
足の踏み場がないくらい部屋に物が溢れてます。というあなたに朗報!天才の部屋は散らかっているなんて話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら散ら...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
ストレスで毎日イライラ。心穏やかにする、手軽な方法があればいいのに…。なんて思ったことありませんか?「I Heart Intelligence」のライター...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
もし付き合った相手が、あまりにも心配性だったら?不安を抱えること自体悪いわけではありませんが、時にはあなたを疲れさせてしまうかも。「Higher Pers...
ノースウェスタン大学で行われた調査の結果、クリエイティブな人ほど、注意力散漫な人が多いことがわかったそう。同大学のHPによれば、生理学的には初めての証拠と...
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
仕事のためではなく、自分の好きなことを中心に置いたライフスタイルを貫く、本田直之さんと四角大輔さん共著の『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...