なぜ、部屋が散らかっている人ほど「クリエイティブ」なのか

足の踏み場がないくらい部屋に物が溢れてます。というあなたに朗報!

天才の部屋は散らかっているなんて話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら散らかっていれば散らかっているほどクリエイティビティが高いのでは?なんて理論がI Heart Intelligenceに紹介されているようです。一体どういうことなんでしょうか。以下に記事を紹介します。

部屋が散らかってる!
→クリエイティビティが高い?

tl_img_8681eed41544b8fc80684c6dc0cf0f774319d163

タイム誌のEric Barker氏は、注意散漫な思考が知性の指標であるとの理論を紹介しています。Steven Johnson氏の著書「Where Good Ideas Come From: The Natural History Of Innovation(よいアイデアはどこから来るのか:革新の自然史)」によれば、普段から注意力散漫な人は、混乱がある中でこそ潜在的な能力を発揮し革新的なアイデアを生み出すのだとか。

Barker氏は、このことを実証するために大都市と小さな町のクリエイティビティーのレベルを比較。こう語っています。

「近隣の町よりも10倍大きい都市は、17倍革新的です。また、ある街より50倍大きい大都市は130倍革新的です」

なんでも人口が多い都市は、アイデアを膨らませるための機会に恵まれており、一般的に技術革新のスピードが速い傾向があるのだとか。

複数の視点で思考する力を
自然と養っているのかも

Finally creating something he can be proud of

さらに、Johnson氏によれば注意力散漫な人ほど多様な趣味を持つ傾向があるため、効率的に脳を機能させるのがうまいのだとか。彼は、様々なプロジェクトに一度に取り組むことで抽象的な思考と推論を生み出すことができる、と述べています。

マルチタスクをすることで、 "新しい角度から対象物を見ること"や、"他の領域から問題解決に必要な要素を手に入れること"について脳をフル回転させるため、考え方 をミックスする力が養われると考えられています。つまり、1つの思考に焦点を当てるのではなく、あえて散らかすことで多彩な視点を持てるというわけ。

机が汚くても問題なし!

同氏は自身のブログで、Jonah Lehrer氏の考察を紹介、 その著書「Imagine: How Creativity Works(クリエイティビティーの働き方を想像してみよう)」の中にある、生産性を導くために必要な思考についてコメントしています。

「議論や批判はアイデアを阻害します。それよりも、関連性のある状況全てに対して刺激を与えていくべきです」

この意見は、整理整頓が苦手な人にとっては新たな発見なのでは?部屋を散らかしていると考えが明確にならない、と主張する人が多いのは事実ですが、その乱雑さがクリエイティビティを刺激しているというのですから。

私は、いつも同僚から机が汚いと批判されていますが、それが様々な思考プロセスを取り入れるのにいいのである!と反論しています。確かにそうはいかない場合もあるでしょう。けれど、それでも私は時間内に仕事を終わらせ、より良い結果を生み出すことができています。

生活がうまく回っているのであれば、自分の個性として大切にしていてもいいのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

ノースウェスタン大学で行われた調査の結果、クリエイティブな人ほど、注意力散漫な人が多いことがわかったそう。同大学のHPによれば、生理学的には初めての証拠と...
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
今、世界では「多様な働き方」が進んでいる。Google社による、エンジニアは仕事時間の20パーセントを何でも好きなことに使って良いという取り組みは有名なと...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
「クリエイティブは技術革新に似ている」。そう書いたのは、米・起業家のポール・ハドソン氏です。彼は、先見の明がある人たちの共通点として、集中力とスマートな思...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
フットワークが軽い人。思いついたらすぐに行動を起こせる人。そんな彼らには、いくつかの共通点があるようです。1.経験が多彩なので、対応が柔軟行動力が高い人は...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
「Elite Daily」のライター、Candice Jaliliが自身の経験を元に、泣くことの大切さをアドバイス!その一部を以下に紹介します。わたしが涙...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を...