クリエイティブになりたいあなたの願いに、一役買ってくれる本がある

大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備…。そういう時に、パッと面白いアイデアが浮かぶ人はもともと才能があるんだろうなぁ、なんて目で見ちゃったり。

でも、『世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方』の書籍によると、誰もがクリエイティブな存在になれるらしい。「いやいや、それでも」と否定したあなたにこそ知ってもらいたい一冊から、今よりも創造的になれるきっかけを紹介したい。

クリエイティブを発揮するには
「退屈」が一番?

2e2edde991f255ade67dfd9d1229bbc22dac9324

クリエイティブになれるものなら、なりたい。どうしたらなれるかと考えて、意識的にやろうと思えば思うほど肩に力が入って空回り、なんてことはないだろうか?

そういう時は、なにか特別なことをしようと思ってしまいがちだが、この本の著者がインタビューしたデンマーク史上もっとも成功した音楽グループといわれる「AQUA」のリーダー、ソレン氏によると「クリエイティビティにたどり着くには、退屈するのがいちばん」だという。なぜなら、

「退屈は、そこから脱け出したい、新鮮なことを考えたいという衝動に駆り立てる」

から。

しかし勘違いしてはいけないのが、創造プロセスには努力が必要だという点であり、それには彼も同意しているという。

クリエイティブと
ドラッグの関係とは

3bb5b69e8ad01683dc2119ee2a3198dec1408a5b

心底アーティストを目指してもがいている人たちなら、映画Limitlessの主人公みたいにドラッグとまではいかなくても「酔っ払っていたほうが、いい発想が浮かぶんじゃないか?」という考えが頭をよぎったことがあるかもしれない。

本の中にもこう記されている。

「アルコールやドラッグのクリエイティブティとの関係について調べたところ、文学、音楽、美術の世界の偉大なる英雄たちが、創造プロセスを推し進めるのに欠かせないツールとして、ドラッグやアルコールを利用している」

しかし、実際に著者がアーティストにインタビューをしたところ、それらの有害物質が「欠かせない」と語った人はほとんどいなかった、としている。あるアーティストは「コカインの影響のもとに描いた作品は、保管しておく価値もなく燃やしてしまった。あまりにもお粗末な代物だった」と言っていた、という話も。

これを読むと、アルコールやドラッグがクリエイティビティを助長するという事自体、信憑性が疑わしい。

結局、クリエイティブって
なに?

A4195553d51454ea14d78773893ccae7976c19d4

この本では、よくありがちな「クリエイティブな人は、まだ誰も見つけていないものを見つけ出す人」という点にも、触れられている。作家でありテレビ司会者としても有名なオーロン氏にインタビューしたのは、道路に面したほこりっぽいカフェだったという。しかし彼女は文句を言うかわりに、「今後は中庭に面してつくられるようになり、お客さんも今までとは違うものを食べたくなるだろう」と「カフェの未来像」について語っていたという。

すでに知っているという人もいるかもしれないが、クリエイティブな人は、同じ状況下でも物事を違うふうに見ることができ、「偶然の思いつきや人から受け取ったアイデアを加工できる人」だと言って間違いなさそうだ。

この本を読んでいて感じたのは、クリエイティブな人にも様々なタイプがいるということ。これから発想力を高めていきたい人には、自分はどういう風にアプローチしていくのが良いか、と考えさせてくれる一冊だ。

あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...
ノースウェスタン大学で行われた調査の結果、クリエイティブな人ほど、注意力散漫な人が多いことがわかったそう。同大学のHPによれば、生理学的には初めての証拠と...
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
安定感のある、午前9時から夕方17時までの仕事。多くの人は、時間に余裕ができるし、安定していて将来に備えられるという理由で選ぶかもしれませんが、もっと自由...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
足の踏み場がないくらい部屋に物が溢れてます。というあなたに朗報!天才の部屋は散らかっているなんて話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら散ら...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
2017年4月25日、女性ライターErin Chackさんに待望の赤ちゃん(?)が生まれました。出産のまさにその瞬間をTwitterで投稿(のちにInst...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首か...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...