仕事で困ったとき。こんな9つの「ボディランゲージ」が役に立つ

「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言います。

ビジネス情報メディア「Inc.」に掲載された「優秀な人が使う9つのボディランゲージ」では、人気ライターのJeff Haden氏がその重要性を説いています。

01.
「力こぶ」をつくると
決意が固まる

53c6edb84126124f5dd74a1451732374fbcf1cc6

これ、あなどってはいけません。緊張と血液の流れの関係について知っていますか?

「力こぶ」をつくると、脳に血液が多く循環し、緊張によって脳が感じるストレスを最小限に抑えてくれます。このジェスチャーには集中力を高める効果があると言います。

さらに、魅力的な食べ物を我慢したいときにも効果的だそうですよ。

02.
横になると
クリエイティビティが増す

オーストラリア国立大学教授のダレン・リップニック博士の研究によると、人は横になっているときにクリエイティブなアイデアを発見しやすいといいます。

「背中がまっすぐ水平になっているときに、私たちはもっとも創造力が働きます」とのこと。その理由のひとつは、人が立っているときに分泌されるノルアドレナリンが、創造力を阻害しているそうです。

これは、疲れたときに横になるための言い訳にも使えますね…。

03.
腕を組むと問題に
向き合える

E0a2901e56c14e7e7a53433ef531c3cf97a74fe1

不思議なことに、腕を組むことでずっと解けなかった問題に解決策を見い出せる傾向があります。過去にも、多くの成功者がこのジェスチャーを使っていることがその証拠です。

もしもあなたが解決困難な問題に行きづまってしまったときには、ぜひ腕を組んでみてください。そして諦めずに考えてみましょう。

04.
腰に手をあてて仁王立ちすると
自信が湧いてくる

ハーバード大学のエイミー・カディ教授によると、背筋を伸ばして立って、両手を高く天に突き上げたり、スーパーマンのように両手を腰に当てて立つと、自身が湧いてくるといいます。

もしあなたが神経質になってしまったり自信を失ってしまったときには、これを試してみてください。ただし、誰にも見られていないことをしっかり確認してから試すことをオススメします。

05.
笑顔がストレスを
減らしてくれる

5296ff9c1f1cd157a999e9866d3bb9e68382baeb

疲れた顔や、つまらなそうな顔で仕事をしていると、脳は余計にその仕事をつらく感じてしまいます。すると、さらにストレスや疲労度が上昇してコルチゾールというホルモンを分泌。コルチゾールが増加すると、血糖値が上がったり病気に対する免疫力が下がったり、不眠症になるといった悪影響が…。

つまり、ストレスがさらなるストレスを生んでいくのです。

これを解消する有効な方法が「笑顔」をつくること。笑顔でいるだけで、状況に大きな変化がなくても、ストレス減少を感じるでしょう。さらにあなたが笑顔でいることで、周りの人もストレスを感じなくなります。

06.
お辞儀をすることで
気分が良くなる

0e579970f326508e7d13e9f9672b23f01562aa0c

人と会ったときにアイコンタクトをしてからお辞儀をすると、相手への好意を表現することができ、変な誤解を生むことも無くなります。

人は自分に好意を持ってくれる相手を好きになる傾向があります。だからもしあなたが私に好意を持ってくれたなら、私はあなたに会うことが純粋に楽しみになるのです。 

07.
相手のマネをすると
気持ちを理解できるようになる

不思議な話ですが、他人のジェスチャーをマネすることで彼らの感じている気持ちを理解できる、という研究結果があります。

私たちはジェスチャーで感情を表現するので、相手の気持ちを知ることができるというのです。すると相手の望む行動をとることができ、お互いにプラスの影響を与え合うことができるのです。

08.
斜め向かいに立つと
威圧感が減らせる

相手の正面に立つと、威圧感を与えてしまいます。

不快な印象を与えたくないときは、立ち位置を少し変えてみましょう。相手の斜め向かいに立つことで、少し威圧感を下げることができます。

09.
手を使うと
記憶力が向上する

0cd45b6da82fdcd24dd13178003b0452dade504a

子どもたちが言葉を覚えるとき、ジェスチャーを使うと効率が良いことがわかっています。

でもじつはこれ、大人が学習する際にも効果的です。研究者によれば「ジャスチャーは記憶を呼び覚ます要因にもなる」とか。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
安定感のある、午前9時から夕方17時までの仕事。多くの人は、時間に余裕ができるし、安定していて将来に備えられるという理由で選ぶかもしれませんが、もっと自由...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
「TIME」、「Forbes」、「Fortune」、「Business Insider」などビジネス誌、経済誌から引っ張りだこの人気コラムニストNicol...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...