難民の生活を変える。4時間で完成する「イケアシェルター」とは?

ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難民問題。

そんななか、ご存知「イケア」が提案するのは、難民を支えるための「短時間で建てられるシェルター」。「Better Shelter」といい、なんと4時間で完成させることができるというのです。このシェルターが、テレンス・コンランが創設したロンドンのデザイン・ミュージアムによる「2016年最優秀デザイン賞」に選ばれたことで、改めて脚光を浴びています。

子どもたちが安心して
眠れる環境を

6474855a56568b17a7d8b6b781a809055479149e

様々な社会問題に取り組む、IKEA Foundationと、難民を支援する国連UNHCR協会。彼らの協力体制は2010年から始まり、子どもたちの暮らしを向上させることに重点を置いて活動しています。

なかでも力を入れてきたのが、難民たちの住居問題。世界にはおよそ6,000万人も行き場を失った人たちがいると言われていて、その半分が子どもたちなのです。

そこでイケアのスウェーデン人デザイナーが、創業時から蓄積してきたノウハウを集約し、難民キャンプでも子どもたちが安心して眠れるようにと、テントに代わるシェルターを考案。

4時間で完成する
家族のプライベート空間

3cef031965aeb2e7812d4e8e13569bf06730ab73

一番大きな特徴は、たった4時間ほどで完成するというところ。たとえば仮設住宅だと、着工から入居まで一ヶ月以上かかってしまうこともあります。

もちろん、仮設住宅とシェルターでは完成度などが大きく異なるとはいえ「すぐに入居できる」という時間的メリットは、彼らにとって計り知れないほど大きいはず。

1579fd5aeef1434fb03fdb4e436a87248ed3c418

もうひとつは、鍵がかけられるというところ。テントとは違い「ドア」がついています。見ず知らずの人々がたくさん集まる難民キャンプで、家族のプライベート空間を確保することができるのです。

幼い子供が勝手に外に出て行ってしまうようなトラブルも防ぐことができ、両親も安心できるそう。

006f8d806171fc937154b92442666e66b0bb2149

また、屋根には太陽光パネルも設置されていて、室内でテレビを見ることもできるとか。

学校施設などにも

6e0bbe37cca23616ee6c35be50c5dc091edd8e2f

このシェルターは、生活空間としてだけではなく、難民キャンプでの学校施設としてなど、さまざまな活用方法が見込まれています。

日本でも2011年、3.11に東日本大震災が起きたとき、仮設住宅が完成して希望者の募集が行われるまで、約一ヶ月後もかかったそうです。そして、36戸の仮設住宅に50倍以上もの応募が殺到。もしもこのとき、4時間で完成するシェルターがあったら…。より早く、多くの人が、安心できる生活を送れていたのかもしれません。

Licensed material used with permission by イケア・ジャパン
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだ...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
じつはコチラ、災害を想定して設計された簡易シェルターです。とはいえ、その機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
EUが国際社会のなかで大きな存在を占めていること、ブレグジットが連日ニュースを騒がせること。その規模の大きさから是非も議論されるようになってきていること。...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...