買ったら「お礼」を言ってくれる、しゃべるタグ。

「服ヲ、買ッテクレテ、アリガトウゴザイマス」。

実はこのタグ、スマホに置くと「しゃべる」んです。
声の主はウミガメやサクラ、スクールバス。

買ってくれたお礼を、ひと言だけ伝えたいそう。本当にこんな風に喋るかは置いといて、ちょっとおちゃめな面もあるみたいです。

寄付への感謝を
伝えるタグ

このタグのついた商品を購入すると、各種プロジェクトへ寄付される仕組み。寄付のお礼をウミガメやサクラ、スクールバスなどがタグを通して伝えます。

開発したのはオーガビッツというプロジェクト。オーガニックコットンを通して、 “ちょっと”ずつ地球環境に貢献し、世界を良くしていく。社会貢献とビジネスを両立するプロジェクトです。

現在展開している寄付先は8つ。その一部を紹介します。

01.
ブルーオーシャンプロジェクト

Medium 87a2e371ce69d6745876f4fa688e5c9858a49c6c

ウミガメの保護や調査研究、漁師たちを守る活動。

02.
さくら並木プロジェクト

Medium 1107f0e725b34fa3f3e0307cb124751daa0c62e4

100年後も津波の被害を忘れず、未来の津波被害をなくすことを目的とした活動。

03.
学校へ行こうプロジェクト

Medium 42e4046e872e55a63ddf60a8c8ada0635233f48c

インドネシアの子どもたちへ、スクールバスを贈るなど、教育を受けるための活動。

04.
MAMA project

Medium e08c31eea3ccfec82230f5db4fbe5885c71d066a

働くママ・子育てママをサポートし、ママたちが社会との関わりを持てる「ママカレッジ」の運営。

QRコードを読み取り
スマホに置くだけ

7d069de6eaceb635385ca07730c12324811b0eeb

やり方は簡単。まずQRコードを読み取り、サイトへアクセス。指定された場所にタグを置く。あとはタグをタップするだけです。

取り扱いブランドは?

このタグは現在PORTER、ikka、self-serviceの3つがブランドパートナーとして展開中。今後もブランドパートナーを増やしていくとのこと。

実際のタグは、オーガビッツを使用した商品に付いています。

またタップする場所によっては、お礼以外のコトもしゃべる機能が。

ウミガメの甲羅にタップすると「ソコは甲羅デス」とちょっと怒り気味な一言。桜の幹に触れてみると「早く開花しちゃいそう!」と、なんとも色っぽい声で意味深なことを聞けるようです。

ぜひ、手にとって試してみてはいかがでしょうか?

Licensed material used with permission by orgabits, Blue Puddle Inc.
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「あっ、あれがない!」外出先や旅行先で忘れ物に気づいたとき、とても絶望的な気分になりますよね。家に置いてきてしまっただけならいいのですが、外で荷物を広げた...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
本当の豊かさを追い求め、夫婦二人で2年間の世界一周の旅に出る。インドで人々と深く関わる中で、ひょんなことから小学校に机と椅子を贈るプロジェクトを実施し、そ...