「ビーチへ逃げろ!」台湾篇

台湾へ行ってきた。

台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北がベース。僕も、前回はこのパターンだった。

今回、旅の1番の目的としたのは、ビーチ。もう何年前にもなるが、旅人の1人から、台湾の最南端に美しいビーチが存在することを聞いた。地名は、墾丁(ケンティン)。何でも「台湾のハワイ」と呼ばれているビーチリゾートらしい。その時にした会話はずっと僕の中に残っていて、確かめに行きたいという気持ちはピークへ達しつつあった。

思えば、海外への旅も1年3ヶ月ぶり。こんなに旅から遠ざかったのは初めてのことかもしれない。久しぶりに大好きなビーチを訪れるのもいいだろう。いや、訪れるのではなく、逃げるのだ。

日常のすべてを忘れて、自分自身を極限まで解放したい。忙しすぎる都市生活から抜け出して心の赴くままにひと時を過ごしたい。とにかく、何もかもから自由になりたいのだ。僕は、そんな時に無性にビーチへ逃げたくなる。

言い換えるならば、1人になって、あるがままに、自分自身と向き合いたくなるのだ。往々にして、男には、そういう時間が不可欠なのだと想う。「ビーチへ逃げろ!」という響きには、そういった意味合いが込めてられているのだ。

エアーチケットを手に入れた瞬間から、出発日が近づくごとに「ビーチへ逃げろ!」という声は僕の中で徐々に大きくなっていった。

843ef2ae138e9a1279cc5f9d2141289066002238C876ed4e6afe02f4baa32acd8017820f57ae4e5a23f4bc46e4375cdfb756a0bcf52b09f060367d0a58fbad52aab80c4fad4ff90f63a9c53c65bb68f7F79d46163609e51b58280f41bca14f613ec37cca

LCCの「Peach」の早朝便で羽田空港から台北松山空港へ。墾丁は、台湾南部にある高雄(カオシュン)の方がアクセスがいいのだが、LCCなので台北から向かうことに。でも、一度は台湾新幹線に乗ってみたかったので、ちょうど良かったのかも知れない。

台北から2時間ちょっとで、終点の左營(ズゥオイン)駅に着いた。時間帯はランチタイム。早朝に羽田でビールを2杯飲んで以来、何も口にしていなかったので、隣接している新光三越に立ち寄ることにした。

それにしても、日本食レストランの多いこと。それらを避けてローカルの台湾人でにぎわう大衆食堂で、魯肉飯(ルーローハン)を注文する。美味い。異国の味は、旅がはじまったことを全身に感じさせてくれた。

腹ごしらえのお茶を買って、バス「墾丁快線」へ飛び乗る。日本はGWだけど、台湾は平日なので車内はガラガラ。こんな時は、1番後ろまで行って1列を独占するに限る。体を横たえると睡眠不足のせいか、うとうと…。寝ようと考えたのは、車内にトイレがなかったせいもあるのだがー。

2時間くらい経っただろうか。何だか眩しい。目を開けるとバスの中に差し込む日差しが強くなっている。体を起こすと、途中で乗り込んできた客が数名いるのに気づいた。僕は、1つ前の席に座っている女の子に「墾丁はまだかな?」と尋ねた。すると、土地勘があるようで「2つ先の停留所よ」とすぐに返事が帰ってきた。

カーテンを開けると真っ青な海が姿を現した。ビーチと平行に走る道から見える水面は、キラキラと光っている。すぐにでも飛び降りたい衝動を抑えて、ようやく停留所へ。バスを降りると、そこは人でにぎわう一本道。きっとメインロードに違いない。荷物は標準サイズのリュックと小さめのショルダーバッグだけなので、ホテルには歩いて向かうことにした。

チェックインを済ませて部屋に着くと15時半過ぎ。自宅から、羽田行きのタクシーに乗ったのが午前3時なので、約12時間ほどかかった計算となる。長時間の移動ではあったが、旅の高揚感のためか、疲労感はそれほど感じなかった。

部屋のバルコニーから見えるのは、風光明媚な海。サンセットを楽しむために向かったのは、目の前にある「シャオワンビーチ」。穏やかな波が寄せるビーチはコンパクトで、小高い丘やビーチハウスによって葉山の一式海岸にある「Blue Moon」を思い出してしまった。「ハワイじゃなかったっけ?」と1人で苦笑いすることにー。

15aa2241bbf0712ad4d885cb256e4928c972a0c76a1753a8786606390c7897dd9f52ba9f44e7f1b193e3245c754b507147bec9e306c75af5eb11f79376dc8f66cb5a094ed9f603858e2dcd2d12b567f15f298bf9f88632e6ad9cddc752232621bb487699

翌朝、気を取り直して、墾丁エリアで最も美しいといわれている「バイシャビーチ」へ向かうことにした。街中で電気スクーターを借りて、20〜30分ほど走ると「白砂-Baisha」の標識が見えてきた。それにしても不思議なくらいに人がいない。

「場所はあってるのか」と半信半疑のまま、スクーターを徐行させて砂地を進んで行く。すると、向こうから真っ白いビーチとエメラルドグリーンの海が目に飛び込んできた。その瞬間、僕は「ここだ!」と叫んでいた。スクーターを木陰に駐車して、歩きはじめると1分ほどでビーチへ辿り着くことができた。

ビーチへのアプローチは、ハワイのオアフ島にある「カイルアビーチ 」「ラニカイビーチ」にとても似ていると感じた。ちなみにこの2つのビーチは、オアフ島で一番美しい隠れ家的なビーチとされている。全米のベストビーチにも選ばれたほどだ。

実際、墾丁は、ハワイのカウアイ島と同じく緯度22度線に位置する。さらに、天然の白い貝殻でできた白砂、そして、透明感のある海はハワイの雰囲気とウリふたつ。

台湾人の家族連れがいたので、写真を撮ることを申し出る。それが、きっかけで会話がはじまった。聞くところによると台中在住で、ケイティンには何度も来ているようで「このエリアで1番美しいビーチはここだよ」と教えてくれた。裏には、キャンプ施設も完備されていて宿泊することもできるという。

その後、ビーチホッピングをして確認できたのは、やはり「バイシャビーチ」が断トツで美しいということ。しかも、人も少なめでとても静かなのだ。シークレットビーチと呼べるくらいプライベート感に溢れていてオススメだ。

最後に、台湾といって日差しをナメてはいけない。墾丁は、台北とは気候も気温も異なる南国だ。2〜3日なら大丈夫だろうとたかをくくって素のままでビーチにいたら、日焼けを通り越して、低温ヤケド状態に。墾丁に行くなら、必ずサンオイルを持参することをお忘れなく。

しかしながら、僕の「ビーチへ逃げろ!」という欲望は120%満足できたことをつけ加えておく。

1a1ceebcb824241b9695f000d378286b43e090687397b15721a89652e590c9f3fb20b0a23a9b551e357faf6ba4d17416c274e66bc4d2f51d81cfbdc0D6f55e950d1c92e79301a47ff3d9ede9104da9b70927b88b7e9b1e758d82b5e87bef3e824d40db420b117b94ed11ed3578b14546640674f17ba34eb6A8d99fbba0604ef1d685a8621fa50f7b8ac1e58f8422225115cabd88521f6bd0804d9e983ac26317Fa5432d840b1f66d52e4c43acd537ed6aa30879c059ab7c5cd40d1921b11c88d3f47ed561766b567

標識や看板の漢字表記を見なければ、まさにハワイ。南国を感じさせるパームツリーが爽やかな風に揺られていた。

8deec669cfc2941e0af053d8ecf8c63ef235c427

バイシャビーチに家族連れで来ていた台中出身の台湾人と絶景ポイントでばったり。「2人で写真を撮ろう」と意気投合した。今では、友だちとしてFacebookで繋がっている。

今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...