ベルギーのホテルのおばちゃんに「典型的な日本人め!」と怒られた理由

海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ星クラスの高級ホテルチェーンを利用していた。

あるいは、それ以上の場所もあった。たとえばマレーシアで宿泊した「パンコール・ラウ・リゾート」は、かつてアジアのトップ10リゾートにも選ばれた場所で、小さな島ひとつが丸ごとホテルになっていて、宿泊客以外はその島に立ち入ることはできない。ジャングルのある島内には様々な珍しい動物が棲んでいて、ビーチにはハンモックがかけられ、部屋にテレビはなく、代わりに波の音が心地良く響く。あんなに贅沢なホテルライフは、この先もなかなか味わえないだろう。
4de445b112fdb1a5baa84e01e025d9f15bb27959

様々な思い出があるが、いずれにせよフリーランスになりたての今は、そうそう泊まれるようなホテルではなかった。20代のうちに、そうしたハイクラスのサービスに触れられたことは、非常に貴重なことだった。

しかし、だ。

確かにそれらのホテルは素晴らしかった。行き届いたサービス、清潔で広い客室、豪華な朝食。何ひとつ文句はない。

それなのに、どうも振り返ってみると、バックパックを背負ってヨーロッパを周遊していたときに泊まっていた安宿のほうが、より印象に残っているのだ。

ホテルのフロントで
遊ぶ子どもたち

8311b659fba9f2f3510f9dcfee4e63acd6d05e4c

ピレネー山脈を目前に控えた、スペイン最北東の街、フィゲラス。画家ダリの出身地でもあるこの町で、「ホテルヨーロッパ」という家族経営の小さなホテルに泊まった。「朝食は7時からよ」と説明するお母さんにピッタリと寄り添っている子どもたちがかわいく、思わず微笑んでしまった。翌朝出発するとき、ふと思い立ち、フロントに置いてあった正方形のメモ用紙で折り鶴を作り、男の子にプレゼントをした。

するとこれが、意外なまでに大喜びだった。隣にいた女の子が

「私にも作って!」

と騒げば、お母さんは

「どうしてただの紙でこんなものが作れるの!?アンビリーバボゥ!あんたたち!作り方をよく見ておきなさい!」

と、子どもたち以上に興奮している。

しかし実際に折っていく過程を見せると、

「ワーォ、ベリーコンプレックス(複雑)」

としきりにため息を漏らし、

「とても覚えられないわ。日本人は手が器用ね」

と諦め半分で苦笑い。

子どもたちは折り鶴のお返しにと、「ありがとう」と書かれた手作りのブレスレッドをプレゼントしてくれた。

「このホテルが大好きです」

と言うと、

「私もあなたが好きよ。日本人のこと、好きになったわ」

と言ってくれた。折り鶴ひとつでこんな展開になるとは思ってもいなかった。あの子たちは、もう高校生くらいになっただろうか。いつかまた、あのブレスレッドを持って、大人になった彼らに会いに行きたい。

突然、怒りだした
ホテルのおばちゃん

「お客様は神様です」という精神を持つ国で生まれ育ったぼくにとって衝撃的だったのは、ベルギーのアントワープを訪ねたとき、ホテルのおばちゃんに怒られたことだ。

「こんにちは。このホテルに泊まりたいのですが、部屋は空いていますか?」

「空いているわよ。何泊したいの?」

「1泊です」

と言った瞬間、おばちゃんの目つきが変わった。

「あなた、どうしてアントワープにたったの1泊しかしないの! この町には素晴らしい美術館がいくつもあるし、味わうべきものはたくさんあるのよ? たった1日でこの町の何がわかるっていうのよ! 最低でも3泊は必要よ。まったく、typical Japanese(典型的な日本人)なんだから!」

80342a72a3a53d0051ac970a77493506e22584af

「何を見るか」より
「何をするか」

「どうして宿泊客であるぼくが怒られなきゃならんのだ」と思いつつも、ぼくの考え方が変わったのは、その言葉を受けてからだった。もし日本に来る外国人が東京に1泊しかしないと言ったら、きっと同じことを思うだろう。「たった1泊で東京の何がわかるんだ!」と。

休暇の考え方も、日本人と欧米人ではまったく異なる。日本人はガイドブックに載っている観光名所、そして町から町へと忙しく動き回るが、欧米人はひとつの場所に長く滞在することが多い。たとえば東京だけで2〜3週間過ごす人も決して珍しくない。

あの「事件」があって以来、「その土地で何を見るか」よりも、「その土地で何をするか」「その土地をどう味わうか」ということを強く意識するようになった。人と同じものを見る「観光」旅行よりも、自分だけの思い出ができる「体験」旅行がしたくなった。

そして近年では、そうした考えを持つ日本人も徐々に増えてきていて、関連するサービスもどんどん生まれている。ぼくは今、ガイドブックに載っていない、アメリカ西海岸の小さな町々を自転車で巡っているが、これも普通の観光旅行では味わえない「体験」を求めるがゆえだ。

あの場所には
人間味が溢れていた

高級ホテルチェーンは素晴らしい。フロントに子どもは座っていないし、「なんで1泊しかしないの!」と怒鳴るおばちゃんもいないのだから、不快な思いをすることは少ないだろう。

だけど後になってから、その「システマチックではないサービス」に、お金では買えない価値があったと気付いたのだ。体験の価値が、支払った金額に比例するとは限らない。あの場所には、人間味や愛や温かさに溢れていた。

その土地の人々との、生のふれあい。これもまた旅の素晴らしさだと思う。

中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
2017年、あなたはどんな目標を立てていますか?ジムに通う、ダイエットをする、ヨガをはじめる…そんな意識の高い目標もいいですが、本当の心の声に耳を傾けてみ...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
近年、「瀬戸内国際芸術祭」が世界から注目を浴びている。そのメイン開催地である直島に建つのは「地中美術館」や「ベネッセハウス」「ANDO MUSEUM」など...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...