「東海道五十三次」をアレンジしたら、とんでもない旅になった。

東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。

企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。
53杯のビールを「注ぐ」のである。

結果として、京都を越えて大阪まで約600kmを歩くことになったのだが、まずは、そんなシャレのようで割とシャレにならなかった挑戦をすることになった経緯から話したい。

日本橋から、京都三条へ

4fa1c4eaa439877dcd042b514260b40f6a1b4b26

歌川広重『東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景』 静岡市東海道広重美術館蔵

日本人であれば、『東海道五十三次』という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。きっと中学の日本史で習ったはずだ。『東海道五十三次』は、江戸時代に歌川広重が描いた浮世絵の名称で、55点の絵から構成される。

「どうして53点じゃないの?」と思うかもしれない。

これは、東京から京都の間にある53の宿場町のほかに、東海道のスタート地点となる日本橋、そして終点の京都三条の浮世絵が加わるからだ。これらの作品は、葛飾北斎の『富嶽三十六景』と並び、日本を代表する浮世絵として知られている。

昔はみんな
何百キロも歩いてた

8bf28cacbfa061e3e9a8d280a169306cfd0a3ae3

ぼくは大学生の頃、司馬遼太郎の歴史小説にハマった。初めて読んだのは、新撰組の活躍と生き様を描いた『燃えよ剣』。そして『竜馬がゆく』や吉田松陰が主人公の『世に棲む日日』。

読むなかで驚いたのは、江戸時代の人間が、萩(山口)にいようが、土佐(高知)にいようが、京都にいようが、何か用があると「ちょっと、江戸へ行ってくる」という具合に、割とあっさりと何百キロという距離を歩き始めることだった。

現在は車もあるし、鉄道もあるし、飛行機もある。乗り物を使うことが当たり前の世界にいて、そのことに何ら疑問を持たずに生きてきた分、当時「江戸へ行ってくる」というセリフから受けた衝撃は本当に大きかった。

(そんなに長い距離、歩けるの???)

しかし調べてみると、新橋〜神戸間が鉄道で繋がったのは、1889年(明治22年)のことだそう。ほんの130年前までは徒歩での移動が当たり前で、長い歴史の中では、むしろ現代のほうが特殊な状況のような気もした。

(実際に東京から京都まで歩いたら、何日かかるんだろう? ぼくでも歩けるだろうか?)

時代は異なれど、同じ人間。やってできないはずはない。

「いつか自分の足で、東海道五十三次を歩きたい」

それが大学時代に生まれた夢だった。

社会人になり、しばらくこの夢を忘れていたが、昨年末に会社を退職することが決まったときに、ふと当時の気持ちが蘇ってきた。

「今やらないと、絶対に後悔する」

そう思い立ち、計画を立て始めた。

クラフトビール
東海道五十三「注ぎ」

392fcca227f5af74a584eed78cc862d9b9e121d5

しかし、ただ歩くだけではおもしろくない。何かテーマを持ちたい。

買ったばかりの真っ白なノートを広げて企画を考えていたとき、たまたまクラフトビールを扱うカフェにいた。ぼくは酒に弱く、ビールもあまり好きじゃなかったのだが、2年前にアラスカでクラフトビールを飲んだときに衝撃を受けたことを思い出した。今まで口にしてきた普通のビールとは全然味が異なり、おまけにラベルが個性的で、途端に好きになった。

アラスカから帰国して調べてみると、クラフトビールのブームが近年日本でもジワジワと広がっていることを知った。かつては「地ビール」とか「ご当地ビール」と呼ばれることが多かったが、最近は「クラフトビール」という言葉が頻繁に使われている。クラフトビール。響きがいい。

(日本には、どんなクラフトビールがあるのだろう?)

そのカフェで、いくつか本や雑誌を読んでいると、ブルワリー(クラフトビールの醸造場)の場所がマッピングされている日本地図を見つけた。日本各地に点在するクラフトビールを眺めながら、「これだ!」と閃いた。

東海道五十三次を歩きながら、その土地土地のクラフトビールを飲んでブログで紹介しよう。題して「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」だ!

東海道の途中には、いったいどんなクラフトビールたちが待ち受けているのだろうか。53杯飲んだとき、最もおいしいクラフトビールは見つかるのだろうか。そもそも、ぼくは無事に京都まで辿り着けるのだろうか。

不安はあったが、やってみないと何も始まらない。

B89d992495bfae5788afacf188f93ec9aa79d3ae

2017年1月10日。リュックサックひとつ背負って、ぼくは東海道の起点となる東京・日本橋を出発した。

目指すは京都。長い長い、徒歩の旅が始まった。

(つづく)

東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
幼少期の影響が性格に出ることもありますよね。たとえば、幼いころからお姉ちゃんと一緒に育ってきた三女は、他人に可愛がられやすく、コミュニケーション能力に長け...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
これまで、海外のスイーツが上陸する場合に店を構えるのは、原宿や代官山あたりが定石だった。だからこそ、NY発の「DUMBO Doughnuts and Co...