謎のカザフスタン人を助けたら、自分の意外なところに気付かされた。(後編)

前回の記事はコチラから。

理不尽な体験から
気付いたこと

無事に日本に着いたカザフスタン人のAigulさん。「じゃあ仕切り直して、日比谷でランチでもしましょうか」という話になり、お昼に会う約束をしていた。

「13時にペニンシュラホテルの前で会いましょう」

「OK」

が、しかし。

待ち合わせの時間から10分過ぎても、やってくる気配がない。彼女の携帯はWi-Fiのある場所でしかネットに接続できず、電話も繋がらなかった。

普段は寛容なぼくも、珍しくイライラしてしまった。お昼休みは1時間しか取れないから、そのなかで何を話そうかとか、どこへ連れて行こうかとか、喜ばせるために色々と準備をしていたから、それが台無しになってしまった悲しさもあった。

せめて、「遅れる」という連絡だけでもくれればいいのに。そう嘆きながら、ぼくは30分以上そこで待っていた。

そのとき、「まったく、カザフスタン人はひどいもんだ」と無意識に感じている自分に気付いた。「彼女はひどい」でなく、「カザフスタン人はひどい」と感じていたのだ。生まれて初めて知り合ったカザフスタン人の行動や言動に、「一般にカザフスタン人とはこういうもの」と判断してしまっている自分。もちろん、すべてのカザフスタン人がそういうわけではないはずなのに。

ということは裏を返せば、ぼくの行動や言動もまた、彼女にとっての「日本人ってこういう人」という印象に繋がるのだろう。ぼくがどういう対応をするかによって、日本の印象は良くもなるし、悪くもなる。

(だったら、究極に良くしてやろう)

こんな理不尽さにも、最高のおもてなしで返そうと心に決めた。

平和への道

Aigulからは、夜になってようやく連絡があった。

「ずっと連絡ができず、本当にごめんなさい。通りすがりの人にお願いしてでも、遅れることを連絡すべきだったわ」

と謝ってくれた。 

「I was so sad.」

と軽くグチりながらも、すでにぼくの怒りは冷めていた。

「じゃあ明日のお昼、もう一度同じ場所で会おう」

「わかった、今度は必ず行くわ」

そして翌日、ついにAigulと会うことができた。彼女と一緒に日本に来たふたりの友人もいた。エルサルバドル人とパレスチナ人と聞き、「おぉ、おもしろい!」と思った。全員初めて会う国の人間、それも滅多に会えない国の人間だ。

D5d6652fe576eb005d76a787d408a1bd00d3dbe150c6e0177ba1d62973ff0bf730c37a93556f3818

ぼくは行きつけのお店に連れて行き、そうめんと天ぷらを食べさせた。英語でうまく説明できる自信がなかったから、どんな料理なのか、英語で紹介された記事を用意して説明した。

F53b1ddfc44e027a41de43cd970841a99fb1c002

そして、「昨日の約束を破った罰として、これを付けていなさい!」と「必勝ハチマキ」と「I LOVE JAPANハット」をプレゼントした。喜んでくれた。「ごちそうさまでした」という日本語も教えた。

「エルサルバドルに来たら案内するよ」「パレスチナにも来なよ」そんな嬉しい言葉をもらって、楽しい時間はあっという間に過ぎた。彼らは翌日から京都へ行くそうだ。「Have a nice trip!」と握手をして別れた。

9b0654669abe6c8a855a0ccd82d0d423a2b7b007

思い返せば、見知らぬカザフスタン人からもらった突然のメッセージがきっかけだった。無視していれば、こんなことは起きなかった。もちろん、自分のしたことにはリスクもあったし、決して正しいことだとは思っていない。何でもかんでも「いいですよ」と言っていたら、悪い人に騙される可能性もあるだろう。

それでも、信じることを諦めたくなかった。平和への道は、こうした小さな交流の延長線上にあると思っている。日本を訪れる外国人にとって、交流した人の印象が、そのまま日本の印象に繋がる。だからこそ、困っている外国人を見かけたら、声をかけてあげてほしい。言葉ができなくても、心で通じ合える。きっとお互いにとって、素敵な体験になるはずだ。

C2e8f046ebdc49b886b5c9b01236a62a08d3fc6b
Licensed material used with permission by 中村洋太, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
先日、『「Where are you from?」から始まった、ある奇跡のエピソード』という記事を書いたところ、ありがたいことに、たくさんの反響をいただい...
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
日本を訪れる外国人観光客は、年々増加している。2016年は2,400万人を超えた。東京で生活していると、外国人を見かけない日はない。それくらい、身近な存在...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだ...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...