伝統と未来が交わる。そんな「JAPAN」が詰まった3分間

「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?

人によってそれぞれ違いがあるだろうし…きっとそれが「日本」の特徴なのです。ドイツ人の映像作家がまとめた3分の動画では、その魅力がぎゅっと凝縮されています。昔ながらの伝統と、最先端な技術を持つ日本。改めて考えてみると、これがひとつの国に凝縮されている濃密さ。

あなたもきっと、「日本」をもっと知りたくなるはず。

伝統が息づく、日本

9950542dc6532bf56783920a8ee1b46b9036b3c11e05f6c6d52728112d97ac308451f5ce85bce93911d933a77481e84a7245076e45442acf22475655Af0c3c6deac435b5f8be79e71b35fc41d168fc500b3fd7ba9e87e24056459345f82d0c9cd252bbc39185b2df97866da32c04bf53919d9651055530fd

社寺、着物。機織り職人の技術が光る帯に、まだ口紅が半分しかない新米の舞妓さん、活気のある市場。

そこに映し出されるものは、外国人から見た日本の魅力なのかもしれませんが、私たちにとってもその美しさは十分感じられるもの。

高層ビルにハイテク産業
これも、日本

Adbc824ca00731d3b775bd2057604469d75549c5017faf86abf9a0b388ec99a14349c6120047962729b8899b7b54a8a2002e3f22e624f6db8fb9b864A19a7ba9ee7f3dfb0536d5045379e8544ba89157

高層ビルがひしめく夜景、眠らないゲームセンター、世界に誇るロボット技術、緑豊かな自然とオフィスビルが交差する場所。

これもまた、日本。

人混み、雑多な街並みも
日本

Aa70ef4796a199f325c472a0b7c441444287c0c3D6315b9b46a817d9ec5371573b8e742524834dcd32c726ee24aed39f44f6e3f6e8de28b990dafbe8

ごちゃごちゃと、たくさんの店が並び、交差点には大量の人が流れ出す。居酒屋の様子も独特。それも、日本。

今なお輝く、職人の技

Dd10dfdd1a8ea0c6945cf9e59e32b2d61c8f6f5d8e8b499abdc558f1f4f74d6eb7373f4960a692ff2f90a1df1a0740554b7a1d2c596e59fa4b9b3b4cB9051d27f1e3d31ddf9493956875b1e25c9f80cc

いかだ下りや能も楽しめる。餅つきの伝統技術に目を見張ったり、職人の握った寿司に舌鼓を打つことも。

これも、また日本の魅力。

日本発の、新しい文化

434146fb95d434bd7e53e82ac6e94b1780c1d0be498dc9a5fbcf519525bbb2c859f6d0205aa10b7079a43a05dc5c759713e9f0c91c72f4917c91adcf

独特のファッションやグラフィティ、カルチャーがあるのも、日本。

残された豊かな自然
そして、ともに生きる人々

624fa4c56e8b78e2f7e3909a5abc31890e46d800Fb89fe450cfea9d5f58d60398717df0e8f05aa3fF4bd38d9917203d1e5de4d23e24ae4018c50ac2d

 

これらが全部楽しめる国、それが日本。

Licensed material used with permission by 日本政府観光局(JNTO)
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
子役から長年俳優として活躍してきた小橋賢児さん。現在、国内最大級のダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」のクリエイティブ・ディレクターを務める...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
「ReBuilding Center JAPAN」を運営している東野唯史さん、華南子さん夫妻は、空間デザインをしながら日本各地を転々とする中で、古い建物の...
2014年の初上陸以降、日本中のダンスミュージックファンを熱狂の渦に巻き込んできた「ULTRA JAPAN」が2016年の開催を決定!12月20日(日)1...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
そこに暮らしているからこそ見えづらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
「築地」であり、「TSUKIJI」。そんな世界一のフィッシュマーケットはいま、揺れる移転問題の渦中にありながらも、ますます存在感を増している。日本の美食を...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...