「子供が欲しい」と思った時に知っておきたいサプリのこと

妊娠を望む女性や、妊娠初期の女性には特に大切な栄養素、「葉酸」。

厚生労働省も「葉酸」を適切に摂取することによって、子どもの神経管閉鎖障害の発症リスク低減が期待できると、発表しています。しかしいろんな情報が世の中にはあって、どうやって摂取したらいいか迷ってしまいますよね。

効率的な摂取には、サプリメントが◎

07c494dbf8050bb1ec77fd883271590b870358e7

「葉酸」はビタミンB群の水溶性ビタミンで、緑黄色野菜や豆類、レバーなどに多く含まれ、食事から摂取することも可能な栄養素です。しかし水溶性のビタミンは熱や水に非常に弱く、調理の過程で約半分が分解されてしまいます。

厚生労働省は、妊娠の1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月までに、普段の食事に加えてサプリメントなどから1日400μgのモノグルタミン酸型葉酸を摂取することを推奨。安定的・効率的に「葉酸」の栄養素を摂取するには、サプリメントがオススメです。

8357214a69467c7f9ae62026e7dfb1b7facd7613

今回紹介するのは、先輩ママの声を踏まえてリニューアルしたLara Republic(ララ リパブリック)』の葉酸サプリ

妊婦さんならではの気になるポイントとともに、メリットをみてみましょう。

Ce515a7041cb46aef208ee95dbf843276bb6e2d1

『Lara Republic』の葉酸サプリに含まれている「葉酸」は、厚生労働省が推奨する「モノグルタミン酸型葉酸」が400μg。普段の食事から摂取できる量も鑑みて、1日分の摂取目安量が配合されています。

国産にこだわった8種類の厳選野菜ミックスパウダーは、産地の明記もされています。他にもツバメの巣エキスや黒酢もろみ乾燥末、発酵黒たまねぎ末や乳糖果糖オリゴ糖、ザクロ果汁など、美容や健康に嬉しい成分も配合。女性の願いをトータルサポートしてくれます。

245eaf40559403f1dcd10465fcd56314b64d3939Eadfed4435fedcbdfee60b19910c7fb44b2ba0f8

『Lara Republic』の葉酸サプリは、原材料の受け入れから最終出荷の過程までの全行程において、厳しい基準をクリアしたGMP認定工場で製造されています。

それだけでなく、成分すべての最終加工地も明確化、栄養成分表示もすべて分析検査成績表に基づいた数値が記載されています。安全の根拠を自分の目で確かめられます。

3626e4e32285d7be490054fc5dc809e6e5a72984450a5f5e37c7090a595ead081a377a1b49a00db6

妊娠初期のつわり。ちょっとしたにおいにも敏感になってしまう人も多いのでは?普段飲み慣れていないサプリメントだと、余計にうまく摂取できないかも……と心配になるかもしれませんね。

そんな先輩ママたちの声に応えて、さらに飲みやすくリニューアル。植物由来のHPMC(ヒドロキシメチルポロピルセルロース)でコーティングし、気になるにおいを大幅に減らしました。

69f08ccf6c5096e3a35d17dfcd7d545022a1d937

妊娠初期の女性だけでなく、妊娠を希望する女性やパートナー、授乳中のママも摂取するとよいとされている「葉酸」。長く続けることを前提とした価格や制度も、気になるところです。

もちろん、定期購入が一番おトク!だけど、変化しやすい時期の体調に合わせて、購入の頻度を変えたり、配送を止めたりできる仕組みになっています。自分のペースで納得して続けられる制度かどうかは、とても大切ですよね。

Efa6fe71aeab4cca52f1349c44e2683b5d3dc816

楽天市場のキッズ・ベビー・マタニティジャンル賞や、楽天ランキング1位を受賞した実績(※1)もあるLara Republic。全国のベビーザらス店舗でも取り扱い中です♪

※1:楽天アメリカヘルシー&ビューティーウィークリーランキング1位(2015/7/28)、楽天フランス栄養補助食品ウィークリーランキング1位(2015/8/10)、楽天サプリメントデイリーランキング1位(2015/7/23)、楽天マタニティ食品デイリーランキング1位(2015/7/23)獲得

妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。国際社会調査プログラム(ISSP)の調べによると、そんな事実が明らかになったそう。この危惧すべき状況を打破すべく、日...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
バングラデシュは、妊産婦の死亡率が高い国のひとつ。2015年ユニセフの発表によると、日本の妊産婦死亡率が13,400人に1人なのに対し、バングラディッシュ...
ワタシ、子供なんていらない。という女性ブロガーの声とは?子どもを持たないといけない。持つことが普通だ。以前はそう思われていることも多かった。1980年以降...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
アプリ経由で結果が送信され、男性が先に妊娠の報告を聞くことができる最新式の妊娠検査薬がイタリアで試作された。正確性や手軽さはそのまま男女逆転で斬新な妊娠報...
テレビやSNSでよく話題になる◯◯ダイエット…。けれどそれらは、実は健康に悪影響を与えているかもしれません。そんな間違えやすいダイエット法を、坂詰真二さん...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
同じような態度で子供と接していても、人によっては子供に好かれる人または嫌われる人と、極端な違いを見せる場合があります。しかし両者の間には、ある特徴が隠され...