「ピエロ」は陽気ではなく、恐怖の対象。「ピエロ恐怖症」

もうすぐハロウィン。今年はどんな衣装にするか、みなさんもう決めたかと思います。もしもピエロを選んだ人、周りの人たちを陽気にさせると思って仮想すると、意外にも逆効果を与えてしまうかもしれませんよ。 

ジョニー・デップも公言する
「ピエロ恐怖症」とは

俳優ジョニー・デップの過去のインタビューに“ピエロ”に関するこんな証言が。

「顔に描かれた笑顔に対して、なんて反応して良いか分からないんだ。だって、優しいのか、噛み付いてくるのか、分からないから。その表面の下のどこかに“悪の側面”があるような気がしてならない」

これ、結構大マジなようで、ピエロへの恐怖症を乗り越えるため、今でもピエロのポスターや絵を部屋に貼っているという話も。

F4c9f34928ee476d8e947649efcab2dd9d4acf61

日本にも幽霊や化け物を恐怖対象として捉えることはありますが、海外においては「ピエロ(クラウン)」が恐怖対象となるようです。その証拠に「ピエロ恐怖症(Clown-phobia, Coulrophobia)」なんて名称まであるくらい。これが多くの人を悩ませているんだとか。くだんのジョニー・デップも、ピエロ恐怖症を持つひとりというわけ。

「なぜにピエロがこんなにも怖いのか」と、様々な研究はされているけれど、世間を納得させるだけの結論には至っていません。多くは推察のまま。

例えば、イギリスのシェフィールド大学の看護学部が行ったアンケート調査。4歳から16歳の入院している250人の子供たち全員が「ホスピタル・クラウン(入院している子供たちを励ますピエロ)が怖い」と答えました。

また、リバプール大学の心理学のPeter Kinderman教授も、ピエロ恐怖症の人たちのワークショップを行った結果、表情の読み取れない化粧やマスク、予想外な行動をするというピエロ特有のキャラ設定に恐怖を抱くという答えを導き出しています。あのハンバーガーチェーン店のキャラクターでさえ「怖い」と思う人もいる現実。

本来は、陽気で子供たちを楽しませ、周りを明るくするようなピエロ(道化師)が、恐怖対象となるとは…。

スティーヴン・キング作
『イット』の影響力

B065980596af9059ca7df6b30d46f6054eef6d47

巨匠スティーヴン・キング原作で、1986年に出版されたホラー小説の名作の一つとして人気の『IT(イット)』。大ヒットとなった背景には、テレビシリーズ版として実写化された悪役の“ペニーワイズ”の猟奇的な個性。

小説発表からおよそ30年、この秋『IT(イット)』のリメイク作品が話題となっています。9月にアメリカで後悔されて以来、「前作よりはるかに怖い!」と人々を震え上がらせているようで。ちなみに、日本でも『イット / “それ”が見えたら、終わり』として11月に公開されます。

もちろんリメイクも原作に忠実に再現をしたとのこと。どうやらペニーワイズのモデルは、悪名高き“殺人ピエロ”として少年を含む33名を殺害し、1970年代のアメリカ社会を震撼させたジョン・ゲイシーのよう。映画の中のピエロの予測できない表情と行動に、実際に起きた殺人事件と重なり、よりピエロに対しての恐怖を、強めているようなのです。

ピエロに関する
社会問題

良くも悪くも、話題騒然の『IT(イット)』のリメイク映画公開にあたり、ピエロに対するイメージを改めて悪くし、子どもたちの誕生日会にも声がかからなくなってしまったとして、「世界クラウン協会」がキングに対し怒りの矛先を向けました。

それに対し、キングのツイッターでの返信がウィットに富んでいて。

「ピエロたちが俺に怒っているようだ。すまない、君たちほとんどは良い奴らなんだろうけど…でも、子どもたちは元々ピエロを怖がっていた。そんなに責めないで欲しい」

この映画に限らず、『バットマン』シリーズに登場する悪役のジョーカーや、スピルバーグ監督作品の『ポルターガイスト』に出てくるピエロの人形も、その影響の一つといえばひとつ。

でも、主に子どもたちをターゲットにする殺人鬼をベースにしたリメイク版も、1990年に放送された実写化テレビシリーズで名優ティム・カリーが怪演したペニーワイズも、当時の子どもたちに少なからずトラウマを植え付けたことはたしか。

“恐怖の対象”としてピエロを悪用し、度を越したイタズラ(クラウン・サイティング)も欧米では問題視されています。

2017年に蘇ったペニーワイズ、あなたの心にどんな恐怖を宿すか、映画も楽しみです。

幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
「後悔する」なんてことはわかっている。それなのに観てしまう。あれって人間の何を刺激しているんだろう?『Elite Daily』では、こんなふうに解説してい...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
「人が怖い」そう思ったことはありませんか?人が怖いといった気持ちが強すぎて対人関係がうまくいかず、その影響が社会生活にまで支障をきたすものを「対人恐怖症」...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...
1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。ギャビーより小さい子供が...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
もしも、暗やみに何か潜んでたら、お人形が動いたら、周りの人がいなくなっちゃったら…。「そんなこと起こるわけがない」とは思っていても、誰にだって怖いものはあ...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
表面はカリカリ、中はとろっとろのチーズたっぷりホットサンド。お店で提供されるあのおいしさを自宅で作れたらどんなにしあわせか。ならばホットサンドメーカーを手...
一般的に、ホットプレートといえば黒くて丸い“アレ”。ところが、この「Table Grill Pure」は純白でオシャレと話題沸騰中なんです。ご覧の通り、カ...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...