自称「フードおたく」が発明したスイーツマシン

「空に浮かぶ雲を舐めたらきっと甘いんだろうな」と、絵本の内容を信じていたのは昔のこと。でも、大人になっても夢はみる。例えば、蛇口をひねると延々とあま〜いチョコレートが出てくるとかね。

でもコレ、自らをフードヲタクと称するチャーリー・フランシスさん率いる発明集団、「Lick Me I'm Delicious」が既に作り上げている、現実の世界。彼らは他にも、よだれが出そうな驚きの開発をしていた!

01.
「チョコ」が流れ続ける蛇口

Ccb9bc96c4a9a8bf22c24d1f882c54ddc69d23f5

まずは、世界中のチョコレート好きの夢を叶える「Chocolate Droplet(チョコレートの滴)から

機械に備え付けられた蛇口からは、美味しく食べられるように温められたチョコレートが流れ出てくるというもの。いつまでも飽きないようにと、イチゴやココナッツなどのトッピングも、シンク脇に用意されているというがニクい。

02.
舐めて味わう「バブル火山」

8dc7c200c8f0237335be9d95fa18a6adadf4b82d

お次は、ピンクのライトに照らされてぶくぶく出てくる泡のスイーツ。「Edible Bubble Volcano(食べられるバブル火山)」という、1つ1つの泡を舌でキャッチして堪能することができるマシーンだそう。

このスイーツの醍醐味は、口の中で泡が弾けた時に味わえるというところ。ミルク、ミントチョコチップ、ビールなどがあるみたい。どの泡を食べようか目移りしちゃいそう!

03.
吸って楽しむ「フレーバーミスト」

9661609a2a74242ecdf483ac3aeba4007fa3b97c

「Edible Mist Orbs(食べれるミスト)」と呼ばれるマシンから出るミストをストローで吸うと、こちらもいろいろなスレーバーを味わうことができる。注目したいのは、カロリーゼロだという点。これだって夢のよう。

さらに驚きなのは、200種類以上ものフレーバーがあるということ。アップルパイやバナナミルクシェイクなど試してみたいものばかり。

04.
「カクテル」が湧き出る噴水

4baa583af9513ba3621da591d58e6128a3b8b206

最後に紹介するのは「Tipsy Fountain(ほろ酔いの噴水)」。水の代わりに湧き出てくるのはモヒートやパッションフルーツマティーニなどのカクテルだ。

これに関しては余計な説明はいらないからもうダイブしてしまいたい…!

他にも「アイスクリームマシン」など大人の欲望を満たすものばかり。お腹が空いてしょうがない人はぜひチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Lick Me I’m Delicious
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
私たち人間は、男女問わず、生物学的にも社会的にも複数の相手と愛し合うことができてしまう生き物。人類が繰り返してきた「不倫」に関する豆知識を紹介していこう。...
心臓のスキャンを、セキュリティに使えるよう開発したのは、ニューヨーク州立大学の助教授、Wenyao Xu博士のチームの専門家たち。近づくだけで、パソコンに...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティー...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
子どもの頃、障害物コースが好きだった。普通の公園に物足りなさを感じていた僕たちにとって、丸太やタイヤやロープなどで作られた空間は、新鮮で、胸が高鳴る興奮を...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...