「浮気遺伝子」を持っている人の、隠しきれない特徴がコレ。

「浮気は本能だ」って、よく聞きますよね。子孫を出来るだけたくさん残したいと思うのは、人間として仕方のないことなのだと。

カマキリのように、複数のメスと交尾したあと、死を迎える生き物ならわかります。(ちなみに、最後の交尾中にメスに食べられて死にます。オスを食べたほうが、より多くの卵を産むことができるのです。)

しかし人間は結婚をして、数少ない子どもを愛情をかけて育てあげるという、高度な進化をしてきた生物。いまさら「子孫を多く残し続けるのが本能」と言うのは、こじつけではないでしょうか。事実、浮気をしなくても生きていける人間は、ゴマンといるワケですから。

浮気をするのは、もちろん性格。そして本能ではなく、<DRD4>という遺伝子のせいだというのが、近頃では有力な説になっています。

「旅好き」には、
お気をつけあそばせ。

29c8085eb91a37689d0b7e01a46cc79c5b92a24d

ScienceDirectに掲載されたChuansheng Chen博士の論文によると、<DRD4 7R/2R allele>というのは、ドーパミンの受容体に関連する遺伝子。

この遺伝子が強いと、「自分は、他人や周りの物事に左右されず独立した存在であるべき」という意識になる。もしくは、「他人の気持ちを理解し、誰かの望みを叶えることに喜びを見つけるべき」という意識になるそうです。

主に欧米で暮らす人は、「自分は独立した存在だ!」と思う傾向にあるらしいけれど、日本人でも、<DRD4>によって前者になることがあるのだとか。

そういう人の特徴は、冒険心が強い・刺激を追い求める衝動を抑えられないこと。もちろん、男女関係においても。

だからこの遺伝子が<浮気遺伝子>と言われているのです。

論文では、<DRD4>を強く持つ人たちの冒険や放浪によって、世界は開拓されてきた。とあるけれど、つまり旅好きの人は、浮気をする可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

あくまで一説に過ぎないけれど、スリルを楽しんだり、いつも世界のどこかへ飛び回っているような人たちの<浮気遺伝子>には、注意が必要かもしれません。

Reference:Scienc Direct
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
ロンドン大学の論文によると、「嘘をつくほど、罪悪感を感じない脳になっていく」ということが明らかになっています。今回の浮気よりも、次回の浮気レベルが同じ、も...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
どうにもならないほど浮気癖のある人が、この世に存在しているのは紛れもない事実。せめて深みにはまってしまう前に、相手が浮気癖のない人かどうか、把握しておきた...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
複数種の動物が混ざり合う架空の生き物「キメラ」のようだと話題のサビ猫、ヴィーナス。ただ珍しい模様というだけでなく、オッドアイの片目が青色というところからも...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
イギリスで実施された浮気調査をもとに、女性の浮気の心理を探ってみましょう。国が違えば、恋愛における女性の価値観だって当然違うはず。以下に登場する4つの“浮...
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
浮気―。それは二人の関係において、もっとも厄介な問題の一つ。自分のパートナーは大丈夫!と安心していても、その真実は決してわかりません。そこでヒントとなるの...
浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...