【春休みはフィリピン留学へ】失敗しない学校選び「5つのポイント」

人気急上昇の「フィリピン留学」
悩みどころは学校選び!?

英語をマスターする!――そう決意をした人の最初の壁は「どこで、どのように学ぶか?」。英会話スクールは日本中にあるし、今ならオンラインで学ぶことだって選択肢のひとつだろう。そんななか、注目したいのが「フィリピン留学」だ。
英語話者が多く、欧米に比べて低コストで英会話を学べる留学先として、近年フィリピンが注目されているのはご存知の通り。学生なら長期休暇を利用して、社会人ならキャリア転換期に、フィリピン留学で英語をものにしようという人は年々増えている。
ただし、人気ゆえにフィリピンには語学学校がたくさんある。ネットで調べたぐらいでは、どこががいいのか、さっぱりわからないのが難点だ。そこで、ここではフィリピンで語学学校を選ぶ際におさえておきたい6つのポイントをご紹介。留学を考えている方はもちろん、漠然と「英語を話せるようになりたいなぁ」と思っている方も必見だ!

 □01
日本人に向けた
日本資本の語学学校を!
StoryShare.017

フィリピンへの語学留学は日本だけでなく、アジア全体のトレンドとなっている。ゆえに語学学校の授業の内容やサービスもさまざま。日本人に合った学校を選びたい。

じつはフィリピンの語学学校の9割以上が韓国資本。「資本なんてどこの国でもいいのでは?」というのは少し安易だ。韓国資本の学校はあくまでもメインターゲットが韓国人留学生。ゆえに勉強の仕方も韓国人に合わせている。
具体的には、母語の違いが挙げられるだろう。韓国語には英語と同じ子音があるが、日本語にはない。つまり、生徒の「英語が聞き取れない、通じない」の原因が、日本人と韓国人では異なる場合があるのだ。また、韓国は日本以上にTOEICが重視される社会。自然と授業内容もTOEIC向けに。日本人留学生の多くが実践的な英会話能力を身につけたいのとはニーズが異なっている。
以上の理由から、日本人にマッチした授業のある、日本人が経営する語学学校を選ぶのがベターだ。

□02
セブやマニラだけじゃない!
「バギオ」という選択肢
storyshare_02

決して大都市ではないが、お洒落なカフェ、レストラン、バー、フィリピンにはない欧米形式の大きな公園があり、快適な生活を過ごせるバギオに注目だ。

ひとくちにフィリピンと言っても、地域や都市によって環境は異なってくる。今、日本人留学生の間で人気があるのはリゾートで知られるセブ島と首都のマニラ。もちろん、それぞれメリットはあるが、ここで推したいのは「バギオ」という都市だ。

理由① 教育都市である
バギオは人口12万人程度の都市だが、6つの総合大学があり、教育都市として名高い。フィリピン全土から意識の高い学生が集まり、バギオで就職するため、英語講師の質はフィリピンでもトップレベルとされている。

理由② 治安がいい
バギオの治安はマニラやセブ島よりも良い。それどころか10万人あたりの犯罪件数は、東京やシドニーを下回るとされている。

理由③ 気候がいいstoryshare_01バギオの街の遠景。周囲を山に囲まれた、スローな空気感の漂う街は、勉強に集中するにはもってこい。

標高約1300mに位置しており、年間平均気温は約19.2℃。最高気温約25℃、最低気温約10℃と過ごしやすくなっている。日本で言うと、軽井沢のような避暑地としても知られている。

理由④ 物価が安い
storyshare_03山間の都市だけあって、野菜などは新鮮。もちろんフィリピン国内で考えても、その価格は安い。

フィリピン国内の他都市と比較しても、バギオの物価は安い! 例えばタクシー料金は、他の地域に比べて6割から7割程度。また、留学生にとって大きいのは、エアコン代があまりかからないことかもしれない。あまり知られていないが、フィリピンの電気代は日本よりも高いのだ。
storyshare_btn_01 img_a

□03
スパルタ系コースに注意
きちんとしたメソッドがある学校を

StoryShare.01反復練習時間も取れないようなコースは、初心者には向いていない。長時間勉強するよりも、効果的に勉強することを知っている語学学校を選びたい。

英語の上達を真剣に考える人ほど、1日の勉強時間が12時間もあるような「スパルタ系コース」がある学校を選択してしまいがち。でも、そういったコースはある程度英語ができる人向きだ。初心者は授業だけでなく、反復や単語学習にも時間を費やすのが正解。当たり前のことながら、英語の上達は授業の長さではなく、きちんとした方法=メソッドで学ぶことだ。
では、何が正しいメソッドなのか? その答えは簡単ではないが、例えば以下のような授業はメソッドがしっかりしていると言えるだろう。

①難しい単語、文法を使わず、分かりやすい英語で授業を進めてくれる②授業中、先生よりも生徒のほうが話す時間が長い③生徒が間違えた箇所をきちんと訂正してくれる④一度教えたことでも、明日、明後日、1週間後、1ヶ月後などタイミングを空けて、繰り返して教えてくれる⑤生徒が自分で考えて英語を話すエキササイズを大切にする⑥教科書をなぞるのではなく、実践的にアレンジして授業を進めている⑦生徒のレベル+1で、常に少し負荷のある内容⑧先生というよりも、コーチ、トレーナーという考え方で授業を進めている

これらを学外から判断するのは難しいが、総括すると「反復練習などの基本的な部分を大切に考えている」ことが重要だ。

□04
授業以外でも力をつける!
English Policyは必ずチェック

StoryShare.08

例えば食事中も英語のみで会話するなど、徹底したEnglish Policyがある語学学校なら、英語の上達も期待できる。

English Policyとは「学内では英語だけを話す」といったルールのこと。しかし、多くのフィリピンの語学学校では、ルール自体が形式的なものになっている。
きちんとEnglish Policyが徹底されている学校かどうかを見分けるためには、エリアに注目してみるのも手だ。学内の一部のエリアだけに限定している学校では、英語が話せない人はついついでエリア外に逃げて母国語を話してしまう傾向がある。「自分はそんなことしない」と思っていても、英語を思うように話せないストレスや自由に言語を操れるという快感から、必要以上に日本語にコミュニケーションを取ってしまう。
本気で英会話をものにしたいと考えているなら、「どこにいても、誰といても英語で話す」という徹底したEnglish Policyを持った学校がベストだ。
storyshare_btn_02 img_a

□05
授業料≠授業の質
余分なサービスは本当に必要!?

コストパフォーマンスの面からも人気のフィリピン留学だが、日本人留学生の高いニーズに応えすぎるあまり、建物、部屋設備、食事、日本人スタッフ数、ジム、プールなど、勉強以外の施設等のクオリティを上げすぎる学校もあるとか。当然、そのコストは生徒が持つことになり、留学費用は徐々に高騰傾向にあるようだ。
もちろん、コストがかかってでも住環境などにこだわる留学生もいるので、それ自体は別に悪いことではないが、「授業料≠授業の質が高い」というのは覚えておきたい。

【ストーリーシェア バギオ校】日本人がバギオで経営する語学学校。日本人の英語上達に特化したメソッドを持つ。講師の質にこだわった授業が口コミで広がり、現在では人気校の一つに。フィリピン留学のメリットである価格もおさえている。学校外でも守られるイングリッシュポリシーは「ストーリーシェアマジック」と言われるほど。
storyshare_btn_03 img_a

Sponsored by ストーリーシェア バギオ校

 

「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
NY在住ライターKaylin Pound氏が、“オーストラリア愛”を目一杯盛り込んだ記事を「Elite Daily」に寄稿しました。ニューヨーカーの彼女が...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
米・テネシー州生まれのダルトン・ロスは、イギリスへ留学することになりました。そこで彼は「僕がいない間、寂しくないように」と、ジョークで家族に自分の等身大パ...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...