【世界中で大人気!】Airbnbを本気でオススメする6つの理由

Airbnbで「自分だけの旅」へ

パッケージされた旅行もいいけれど、宿探しから自分でする旅も楽しい! そんな旅好きの間で、話題になっているのが、世界最大の空き部屋シェアサイト、Airbnbだ。
HPで旅の目的地と日程を入れて検索すると、空いている部屋がズラリ。会員になれば、いつでも世界中の部屋を借りて、宿泊することができる。・・・と、ここまではあくまで概要。
Airbnbの魅力は「世界中の空き部屋に手軽に泊まれる」というだけではない。ここでは、その魅力を紹介していこう!

airbnb_btn01

Airbnbの魅力①
「海外の暮らし」を体験できる!

宿泊施設とは違って、Airbnbはあくまで現地の「部屋」。宿泊は旅行であると同時に「暮らし」に近い感覚が楽しめる。また、部屋の持ち主であるホストと友達になるチャンスもあるし、ガイドブックには載っていない現地の情報を聞き出すことだってできる!

【コラム】「語学に自信がない・・・」語学は必要なのは、予約時のメッセージのやり取り&カギの引き渡しのみ。むしろ、ホストは基本的に外国人とのコミュニケーションに慣れているので、語学上達の効果もある。「セキュリティが心配・・・」大丈夫。Airbnbのホストは実名登録だし、毎回ゲストからクチコミで評価され、投稿されたクチコミは削除できない仕組みになっている。

Airbnbの魅力②
ユニークな部屋に泊まれる!

とにかくAirbnbで泊まることのできる部屋はバリエーションが豊富だ。それこそ、宮殿やお城、ツリーハウスに、雑誌に出てくるようなオシャレな部屋も多数。現在、提供している部屋は190ヶ国、50万都市にまたがっているが、ここでは、ほんの一部をピックアップして紹介しよう。 もちろん、気に入ったらすぐに会員登録して、この夏に泊まっちゃうコトだって可能だ!

airbnb_06

【ハワイ パホア】
オーガニックな果樹の楽園
1泊¥12,577

airbnb_shibuki_07

airbnb_shibuki_13

【オランダ アムステルダム】
豪華!ハウスボートの家
¥12,776

airbnb_shibuki2_07

airbnb_shibuki2_14

【スペイン バレアレス諸島】
とってもユニークなコンテナハウス
1泊¥12,067

airbnb_shibuki_14

airbnb_shibuki_09

【アメリカ アトランタ】
人里離れたツリーハウス
¥29,065

airbnb_shibuki2_05airbnb_shibuki2_13

【インドネシア バリ】
ウブドのバンブー・エコ・コテージ
¥6,870

airbnb_shibuki2_03airbnb_vali_2

【コラム】「部屋を借りるってことは、ホストと共同生活になるの?」もちろん、そういう部屋もあるが、じつは登録されている多くが一軒家まるごとの貸し出しとなっている。なんとも贅沢〜!

Airbnbの魅力③
ズバリ、安い!

HPには「えっ、この部屋がこの値段で!」と驚くような部屋がいっぱい。

Airbnbの魅力④
予約だって簡単!

「ホストがいる部屋を借りる」というと、面倒なイメージがあるかもしれないが、Airbnbに限っていえばとってもシンプルだ。基本はホテルの予約と同じ。唯一違うのは、ホストへメッセージを送って承認をもらうプロセスだけだ。

 Airbnbの魅力⑤
海外ではすでに大人気!?

日本ではまだあまり知られていないが、Airbnbは世界的なムーブメントになっている! その勢いを象徴するニュースとして、今年4月には、ウォールストリートジャーナルが企業としての評価額を約1兆円(!!)と見積もり。ブラジルW杯では、同国を訪れた観光客のうち、5人に1人が利用したという統計もあるぐらいだ。

 Airbnbの魅力⑥
じつは、ビジネス使いも◎

海外では、ノマドワーカーやクリエイターの愛用者も多いAirbnb。安い部屋が多く、長期滞在にも便利な上、デフォルトですべての予約に領収書が付いてくることもあって、ビジネスユースにもオススメだ。

Sponsored by Airbnb

米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...