13歳で渡英して気づいた、世界で通用しない「日本人の6つの常識」

01
出る杭が打たれるのは、
日本だけ!

世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。
よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風潮が・・・」なんていう話があるけれど、それは大きな間違いだ。 出る杭が打たれるのは、万国共通。何か新しいことを成そうと思ったら、どこの国でもバッシングされるし、反対勢力も表れる。
違いは、そこで引くか、引かないか。 出る杭が強ければ、打たれてもへこたれない!

つまり、グローバルなマインドセットのなかでは「日本社会」は、言い訳にならない。
その前提を持って、以下が、僕が海外で感じた「世界では通用しない日本人の常識」だ。

02.
まずは仲間を集める

ビジネスでも勉強でも、日本人は仲間探しから始める人が多いようだ。たしかに、同じ目標を持った仲間は心強いし、一人でできることは限界がある。でも、仲間というのは、自分がやりたいことがあって、アクションを起こしているうちに自然に集まってくるものだ。
ビジネスの世界でも「フォロワーは一人目までが重要で、あとは勝手に集まってくるもの」という説があるが、まさにその通り! 最初は、せいぜい一人の仲間がいればいいと思う。

03.
「丁寧」は美徳だ

とにかく何事にも丁寧。下調べをして、きっちりと勉強をして、それから目標に向かう・・・これは日本人のいいところでもあるんだけれど、マイナスになっている場合も多いんじゃないかな。
例えば、僕は東日本大震災の義援金を集めて、寄付しようというプロジェクトを立ち上げたことがある。その時、行政に話をして、赤十字を通して現場で働く地域の方を紹介してもらい、そこから被災者のもとへ寄付金が届くという流れだった。結局、寄付をした先の被災者の人たちと顔を合わせることはなかった。
一方、インドで貧困サイクルを抜け出すためのサービス提供を行うNGOを立ち上げた時は、すぐにスラム街の担当者と話すことができて、貧困にあえぐ人々と直接話すことができた。
手続きの重要性は理解しているし、システムの成熟度も違う二国を単純に比べることはできない。でも、多くの日本人が丁寧に事を運びすぎているんじゃないか、というのは、僕の率直な意見だ。

04.
何事も筋は通す

僕は会いたい人がいれば、それが誰であろうとFacebookでコンタクトを取る。今の時代、アクションを起こす際に、SNSを使うのは当たり前だと思う。
コレ、海外の友人の多くは賛同してくれるし、彼らもそうするだろう。でも、日本でこういった話をすると「少なくともビジネスの話なら、担当者を通し、メールで事業内容を送ったほうがいい」となる。たしかにフォーマルな意味ではそういった“筋を通す”ことが大事なんだろうけれど、時には正攻法よりも、がむしゃらな行動のほうが威力を発揮することだってある。
なんでもかんでも筋さえ通していればOK! なんて時代じゃないと思うんだけど・・・。

05.
年齢と肩書きで
人を判断する

この前、サンフランシスコでおもしろい男に出会った。道端で話をしているうちに、意気投合して、Facebookを交換して「いつか一緒にビジネスをしようぜ!」と別れた。
多分、彼の年齢は30代だったと思う(つまり僕より10歳以上年上だ)。でも、30分程度の会話の間、彼は一度も僕の年齢を聞かなかった。何をやって生計を立てているのかも聞かなかった。
相手が日本人だったらどうだろう? まず年齢と職業を聞かれるはずだ。いわゆる名刺文化。
僕は学歴や経験や実績なんかよりも、「いま、何をしようとしているのか」が、人を見る上で大事だと思う。

06.
英語は発音が大事

日本から海外留学する中高生の4割ぐらいが志し半ばで帰国すると聞いたことがある。僕自身、そういう人たちを少なからず知っているが、自分の知る限り、彼らには「ジョークを真に受けてしまう」という共通点があるようだ。
留学先で外見や言葉(英語の発音)を周囲にバカにされて落ち込んでしまう人は多い。もちろん、なかには深刻ないじめもあるだろうけど、たいていは笑って流せばいい。 からかわれた時に、笑って流せるおおらかさ。これを持っている日本人って意外と少ないかも。

はっきり言って、日本人であることは、大きなアドバンテージだ!ここでは「日本人の弱さ」を挙げたけれど、じつは日本人であることは、海外でメリットだ。日本という国は、どこの国でも知名度が高いし、マイナスなイメージを持っている人はほとんどいない(個人的にはそんな人に会ったことがない!)。しかも、ビザなしで行ける国がとても多い。この状況は、大きなアドバンテージだと思う。
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
01:料理のスキル「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々...
世の人が下ネタを好むのは万国共通です。性の話というのは、噂がもつ覗き見趣味的ないやらしい性格と相性が合うのでしょう。ここで紹介するのは、外国の人々が日本人...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
松嶋 啓介 シェフ20歳で渡仏。25歳の誕生日にニースに自身の店「Restaurant Kei's Passion」(現「KEISUKE MATSUSHI...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
世界に通用する真のビジネスマンを目指しかつ若者のグローバル志向の底上げをミッションに「サムライバックパッカープロジェクト」を掲げ、世界中を渡り歩いた太田英...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
いつも時間に追われ、イライラしがちな人ほど、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったり…じつは日常の行動が、その原因を作っているとも言えます。常識だと思い...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...