切ない「初恋」から学んだ、人生で大切なこと

初恋は、どんなに時間が経っても美しく、ちょっぴり切ない思い出。そんな誰にでもある淡い記憶を「Elite Daily」の女性ライターSheena Sharmaさんが記事にしています。失敗から学ぶのは、なにもビジネスやスポーツだけじゃありません。恋愛だって同じです。さっそく、彼女のコラムを見てみましょう。

Medium 38a7c7e10e7ce4740022bef42c1c1fde46b0b587

初恋のことは、今でもはっきり憶えています。一緒に素晴らしい時間を過ごし、お互いたくさん成長しました。でも、私たち二人は若くて無鉄砲で…。それが最大の過ちでもあったのです。

恋が終わった後のあの無力感。当時は「絶望」という言葉だけでは説明しきれませんでした。ただ、今になってようやく、その結末は彼の、そして私の「若さ」と「愚かさ」が原因だったのではないかと思うようになってきたのです。

「本当はもっと同じ時間を過ごすことができたはずなのに…」。今、大人になった私は、当時の自分に腹を立てたりするようなことはありません。若すぎた私たちには、最初っから未来を見越す目など持っていなかったんです。人生のなかで恋愛を繰り返し、様々な経験を通して、愛することをもっと深めていくんだと思います。私がそう考える理由を紹介したいと思います。

少年から青年、
そして大人の男性へと

Medium 88d42a76050b1b37f0294d91f1241ac15f8a47fa

男性はたったひとりの女性ではなく、多くの女の子を求めるもの。どうしても欲望に支配され、目の前にあるスリルと自己満足を追いかけてしまいがちです。

しかし年齢を重ねていくとともに、男らしさは「数字で表せない」ということに気づきます。言葉や態度、守るべき存在への揺るぎない献身的な気持ちを学び、誰もが青年から大人の男性へと成長していくのです。

幼い頃の冒険のように…

子どものころ、とにかく刺激とスリルを求めて、毎日を過ごしてきたはずです。未開へと一歩踏み出すたびに、あなたの周りには驚きと発見の連続があったはず。それはまさに、子どもながらの大冒険。成長しても、冒険がどれほど人生に刺激と感動を与えるかは言うまでもありません。

つまりは「絆」を築き上げることなのです。冒険へと一緒に踏み出すことで、彼女の気持ちが手に取るように分かってきたり、笑顔だけでも幸せに過ごせることが分かってくるはず。

大切なのは
目に見えない奥深さ

Medium c2169ef2db0b6aa9248558a8735d7b06970fa586

価値あるものについて、仲間と語り合った日々。でも、若いころの経験は、大抵が表面的なものだったりします。本当に大切なことを手に入れるのは、とても難しいこと。だからそれに触れることを、人は怖れているのです。

今までは「あとでなんとかする」なんて、先延ばしにしていたかもしれません。でも5年後、10年後、そして15年後…。大人の問題に正面から向き合わなければいけなくなります。そして、あなた自身を無条件に愛する人へと、救いの手を差し伸べてあげられることに誇りを感じるでしょう。

逆境に直面した時こそ
誰かの助けが必要

子どものころは、何より親友が大切な存在。まだ自分とはいったい何者であるかを正確には理解していません。だから、彼らのことを心から信頼するしかないんです。逆境に直面したとき、親密な関係が救ってくれることに気付くでしょう。

そして、最終的には「誰かに心を開くこと」が必要です。

大人になるにつれて、人はこういった準備ができるもの。必要に感じるだけではなく、手に入れたいとさえ思うはずです。しかし、時間はコントロールできません。こうして大人に成長する中で、きっとまた誰か他の人を見つけるはず。

そして、ある日また出会うことがあったら、私はその初恋を懐かしく思い、彼の幸運を願うことができると信じています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
人生で襲いかかるさまざまな災難も、できるだけ、しなやかにかわしたいもの。今回「Elite Daily」で見つけた記事の執筆者は、15歳にしてアメリカン・バ...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
コメディアン、俳優として活躍した故ロビン・ウィリアムズ。映画『グッド・ウィル・ハンティング』や『いまを生きる』では、アカデミー賞助演男優賞を獲得し、アメリ...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
舞台の上で、美しく舞い踊るバレエダンサーたち。その美しさの裏には、並々ならぬ努力があることは、多くの人の知るところです。厳しい練習や競争、ケガの絶えない生...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
これはChad Cryderさんが、幼い頃に祖母と過ごした時間を振り返った話。大好きな祖母特製の、大好きなドーナツ。その作り方を教わる中で、ほかにも大切な...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は知っているでしょう。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの言葉を...
人は易きに流れる生き物。だからこそ、苦しいことや辛いことと向き合えば成長が待っているはず。たとえば、こんなことから目を背けずにいられれば、日々のモチベーシ...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...