【わずか1秒】指紋認証でロックを解除できるドアノブが出た!スマホと連動した機能も凄い

キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。

ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足らずで解錠してくれます。

操作は簡単。何も準備する必要はなく、ドアノブに手をかけて…。

85singo_スクリーンショット 2015-06-20 17.32.39

その際、親指でセンサーに触れるようにすればOK。

85singo_スクリーンショット 2015-06-20 17.32.16

するとドアが開くようになります。業界最高水準のセンサーを使用しており、認証時間は1秒とかからないのだそう。

85singo_スクリーンショット 2015-06-20 17.33.01

これまでにも、スマホで認証するタイプのドアロックはありました。しかし、スマホを準備して、パスワードを解除して、Bluetoothを接続…、といった動作ははっきり言って面倒くさい!でも、このドアノブなら何の準備も要りません。必要なのは指紋だけ。

スマホで設定すれば
特定の人を通すことも可能

85singo_d91637ee49cdb191143d30ac748e10f8_original

さらに便利なのは、スマホで細かな設定ができること。具体的には、指定した人物を一定期間だけ入場可能にすることも出来るし、もちろんその逆もアリ。オフィスのドアにも使えそうです。

鍵を渡すリスクや待ち合わせ時間を決める手間が省けそう。もちろん誰が入ったかを記録することも出来ます。

バッテリーは最大7年もつ!
しかも緊急時はUSBで対応可

85singo_スクリーンショット 2015-06-20 19.03.28

デジタルとなると気になるのはやっぱり電源。実際には電池を入れることで稼働しますが、締め出されてしまわないように対策は3段階準備されています。

1つは、通常使用する電池。単3電池4本で稼働し2年ほど使用が可能です。テストでは31,042回の開閉に成功し、およそ1日42.5回開閉すると換算して2年もつと計算されているようです。

2つ目はバックアップ用。単4電池4本を使用します。ちなみにEVOLTAを使用した場合、通常時に使用している電池と合わせて合計7年程稼働できる計算となっています。

そしてさらにもう1つ。万が一バックアップ電源が切れてしまった時の緊急時用に、Micro USBケーブルが挿入できるようになっています。つまり、他のデバイスからチャージが行えるのだとか。これならほぼ100%閉め出される心配はなさそうです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-20 19.05.31

今の時点では、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中。目標額を達成した場合、デザインの最終調整などを行いながら2016年の3月の発送開始を予定しています。

すでに早割は2段階売切れ。今は159ドル(約19,500円・送料込み)から予約を行うことが出来ます。それにしても、ドアノブとロック込でこの価格は手頃かも。付属のドライバーを使い、マニュアルを見ながら作業すれば簡単に設置できるようで、エンジニアの記録によれば、59秒で交換することが出来たそうです。

鍵の管理が面倒な人や、自宅に指紋認証を取り入れたい人は一度チェックしてみてはいかがでしょう?

Licensed material used with permission by Ola

パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
その重さ、わずか500g。スマホでの操作も簡単で、なんと4K動画まで撮影できる。そんな驚くべき機能を備えた、プロ仕様のドローンが登場した模様!スマホ操作・...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
実はこれ、すでに商品化されており、安価な上に使い方もビックリするほど簡単。汚れをふき取ってから特殊な液体の染み込んだシートで画面をサッと拭き、なじませるだ...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...