水上に浮かぶ「未来の農場」が、91億人を食糧危機から救う?

世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様々な施策が講じられてはいますが、その中でも注目されているのが水上で農作物を栽培できる「SMART FLOATING FARMS」です。

太陽光エネルギーを利用し、システムをほぼ自動で稼働させることができ、1つのファーム(360m×210m)で農作物を年間8トン生産することができます。

85singo_SFF_1_1250

85singo_SFF_2_1250

85singo_SFF_VEGETABLES_FISH_FTA_1250

海水を淡水化して
水だけで作物を栽培する

農作物には水耕栽培が採用され、根から栄養価の高い水分を吸収させることで土壌を必要とせずに作物を育てることが可能です。

設置された淡水化プラントを使用して水を循環させるため、塩害のリスクもありません。さらに、複数の階層をもったファームの最下層では、養殖漁業も可能です。

85singo_SFF_3_1250

85singo_SFF_4_1250

大きなメリットとして注目すべきは、水上に施設を設置する点。これにより、野菜の生産にとって致命的なダメージとなりうる地震や水不足、洪水、動物からの被害といったリスクを回避できます。

また、それぞれのファームを連結させることもできるため、各地域に応じて最適化して設置することが可能。世界中どこでも海や湖、川があれば稼働できます。

85singo_SFF_SYSTEM_LAYERS_FTA_1250

85singo_SFF_LEVELS_FTA_1250

廃棄物は全てバイオガス・ダイジェスターという分解装置で肥料へと変換、栽培用の水へと再利用できます。さらに、出来た作物が魚の餌にもなるため、このファーム内の循環システムだけで多くの食料を生産可能。

85singo_SFF_OUTPUT_INVEST_FTA_1250

2009年の国連食糧農業機関による発表では、世界の食料生産は2050年までに70%ほど増加する必要があると言われていました。しかし、農地を増やすだけではその割合をカバーすることは困難です。そこで必要とされていたのが、少ない水や肥料で効率良く食料を生産できるシステム。そして、作物を無駄にしないための方法でした。

コンセプトデザインを手がけた「FORWARD THINKING ARCHITECTURE」からは、力強いコメントが発表されています。

「このシステムを利用すれば、その70%をカバーすることができる。まずはコンセプト・デザインからだが、十分実現可能なシステムだ。今の時点ではそうとしか言えないのだが」

未だアイデアの段階に留まってはいるものの、すでに多くの注目が集まっているのは事実。世界の食量を確保するための重要な対策の1つとして今後の動向に大きな期待が寄せられています。

Licensed material used with permission by FORWARD THINKING ARCHITECTURE

砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
2016年2月23日に公開されたこちらの動画は、若者を対象に行われたある実験の様子を撮影したもの。彼らにはこんな質問が投げかけられました。「もっと強く、大...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...