仏教の教えに学ぶ!人生を変える「6つの知恵」

ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可能性を持っているのだとか。参考にしてみては?

01.
思いやりの心
「無財の七施」を知る

6fa0946daf381790683f3ae3dc603d01f99fcd6e

思いやりを持って接することにより、幸福を手にする。そんな教えが仏教にはあり、7つのお布施と呼ばれている。具体的には眼施、和顔悦色施、言辞施、身施、心施、床座施、房舎施と様々にある。

難しいことはさておき、思いやりの心を持つことは、平常心を保ったり、自分を大切にするために重要だとされている。時にはちょっと恥ずかしく感じることもあるが、それさえ上手にできれば、様々な物事がうまく運ぶようになるもの。

感謝の心を忘れなければ、ポジティブな感情が巡り巡ってかえって来るようになるのでは?

02.
身の周りの小さなことに
一つひとつ注意を払う

悟りの教えには、世界を見つめる視点の持ち方など、いくつか注目するべきアイデアがある。その内の一つとして周囲にある小さな存在に目を向けるマインドフルネスが注目されている。

ここ数年はMiCBTと呼ばれる、マインドフルネス統合認知行動療法も注目を集めており、瞑想などを行うことで実際に脳の構造が変わったという分子生物学者の研究結果も発表されている。

心の目で世界を見つめ、精神的に満たされた生活を送り、小さなことに注意を払う。なりたいとおもう理想の姿を見つめ、その姿に向かってただ行動をすることが大切なのだ。

03.
世界に変化を望むなら
自ら行動を起こすこと

E062ca19d5abef5dc42cfbd7b05a482c3ec37fea

もう聞き飽きたという人も多いだろう。しかし、ガンディーのメッセージとしても広く知られている以下の言葉のとおり、核心を突いた強い言葉であるのは確か。

「世界に変化を望むなら、君自身が変化そのものとなれ」(Be the change that you wish to see in the world.)

もしも、より平和な世界を望むのであれば、より平和な人物であること。健康的な自然環境を求めるのであれば、木を植えること。あなたがこの世界に望むことを、実行していくことが大切なのだ。

04.
死を受け入れる

死はタブーとして認識されている。残酷な死を知ってしまっていることも理由としてある。痛々しい疫病で人生の最後を迎えるのは誰にとっても嫌なもの。

しかし、死に過敏になったからといって、人生が色濃くなるわけではない。未来は約束されるものではないのだ。だからこそ、今に注意を払うことが大切。

死を無視することは、自分の人生の最後を無視しているということでもある。そんなことでは、人生を幸せに全うすることなんて出来ないだろう。

05.
食にこだわる

6bc9d3f903266b56e1726b521f4fe0d1b534df74

仏教において、食は重要な役割を持っている。食は人生を変えることができるといっても過言ではない。だから、食について真剣に考えよう。それが、どこからきた食材なのか。どうやってお皿の上に辿り着いたのかを考えよう。

実際に仏教の食事にはいくつか法則がある。様々な食べ方があるものだが、ライフスタイル情報を紹介しているメディア、「Mind Body Green」に掲載された仏教食を紹介する。

まず、菜食主義で豆をよく食べること。毎日同じ時間に食べ、間食せずにお茶をよく飲むこと。その他にも、糖分を取らないことや、自炊すること(塩分が少なく済み、香りも強くなる)。

また、瞑想後に食べたり、食事の時間をを静かに過ごすことも大切な要素だとか。朝食を静かに摂るととても快適な1日を迎えることができるそうだ。

06.
「3つの毒」を取り除く

仏教では三毒と呼ばれる3つの要素が人をネガティブにすると言われている。

01.欲望 02.嫌悪 03.愚痴

この3つは、私たちの不幸に直接的に結びついている。もしどれか一つでも当てはまったなら、深く深呼吸してそれらについて頭を捻って考えよう。

金銭的欲望や、惨めな過去への嫌悪感。それらは何も生み出さない。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
現代社会は混迷し、閉塞感が漂い、この先の明るい出口さえ見通せない状況にあります。そうした世相を反映してか、書店の本棚には、仏教に関する本が目立つように感じ...
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
ロシアのウラル山脈に位置する小さな地方都市カチカナル。ここにロシアで唯一の山の上の仏教寺院が存在します。ところが、その寺院がいま存続の危機を迎えています。...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...
「学ぶ」とは、学問を習得することだけではありません。日常生活のあらゆる場面で習得している礼儀や作法、立ち振る舞いなど、これらもすべて「学ぶ」ことで得られる...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...
老子は、中国で著名な哲学者のひとり。道教の創始者とも言われ、今なお続く、多くの教えを説いた人物でもあります。古くから中国の思想に影響を受けている日本で暮ら...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...