割れないシャボン玉を「ランプ」で実現!虹色のプリズム光にうっとり

ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え方にも一筋ならではのこだわりよう。
この球体ペンダントライト「IRIS」も、そんな彼らのニッチなこだわりが満載です。

Iris_at_studio_1

モチーフは、ずばりそのままシャボン玉。
開発者のSebastian Scherer氏は、子どもたちの遊ぶシャボン玉に着想を得て、ほんの数秒の間、ゆらめく玉のきらめきを、いつまでも消えることのない形にキャプチャしたい、と制作を思いついたそう。

Iris_at_studio_3

Iris_at_studio_4jpg

問題は、あのゆらめく虹色をどう再現するか?Scherer氏が目を付けたのは、ダイクロイック・コーティングという技術。これは光の入射面によって、ガラス表面にさまざまな色調を生み出す効果。これにより、シャボン玉特有のプリズム光は再現できた。
さらなる問題は、これを吹きガラスの技術で、美しいシャボン玉の球体をつくり出すという作業。この研究のためにScherer氏は、吹きガラス職人と試行錯誤を繰り返し、足かけ2年の歳月をかけようやく、割れないシャボン玉の再現に成功しました。

スクリーンショット 2015-08-01 13.59.39

スクリーンショット 2015-08-01 14.00.06

有機発光ダイオード(OLED)が埋め込まれ、放射された光とその反射光も利用して、虹色に映ろうシャボン玉の表情を、見事に再現しています。

Iris_at_studio

イノベーションの裏に伝統技術あり。Scherer氏はCool Hunting」の記事内でこう、コメントを残しています。

「伝統的なクラフトマンシップと、現代の科学技術を融合させ共生させることは、まさにNeo/Craftが目指している、革新的なものづくりそのものなんです」

2014年に「レクサス・デザインアワード」、今年は「インテリア・イノベーション賞」をそれぞれ受賞した「IRIS」。この9月には、発売が予定されているそうです。

Reference : Cool Hunting
Licensed material used with permission by Neo/Craft

マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
ここで紹介するのは、恋に奥手な女性たちの“ドキドキ”をリアルに描いた映像。彼女たちが意中の男性に想いを伝えるための手段は「10円玉」です。クリスマスにぴっ...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
「1円たりとも無駄にしない」という言葉がありますが、1円玉は、お金の「最小単位」だからこそ、どのように扱うかによって、その人の価値観や哲学、人生観がありの...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
パーティースペースに約5万個もの白いボールを敷き詰め、その中でDJの音楽に合わせてダンス。今春、東京で開催された「tamapa(タマパ)」は、日本初のボー...
先日、NTTドコモがLTEの1.5倍のスピードとなる「PREMIUM 4G」が3月末から開始することを発表したばかり。そんな中、早くも更に高速を行く「5G...