虹色に輝く宝石「ヴァージン・レインボー」が南オーストラリアで発掘された!

「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー」と名付けられたこの神秘的な蛋白石の鉱物に、世界のメディアが注目している。

VirginRainbow150820-02
Photo by :Richard Lyons courtesy South Australian Museum

このヴァージン・レインボーが発掘されたのは2003年のこと。南オーストラリアの砂漠の街、クーバーベティの鉱夫John Dunstan氏によって、幸運にも出土されたと「The Telegraph」の記事は伝えている。人口わずかに3,500人ほどの小さな田舎町、だが、ここは世界有数のオパール産地として知られ、別名“オパールの都”とも呼ばれているんだそう。

「暗闇でほんの少し光をあてるだけで、ヴァージン・レインボーは七色に輝きます。もう50年近くこの仕事をしてきたけど、こんなオパールは初めて。他のオパールとなんか比較できないよ。どんな宝石でも、このオパールの魅力には叶いやしないさ」

長年、オパールを採掘してきたベテラン鉱夫のDunstan氏でさえ、この奇跡の輝きに驚きを隠せない様子。

Opal2698photo by :Courtesy South Australian Museum

「この比類なき品質、ハイクオリティな透明感。まるで内部からきらめきが湧き出ているようにあらゆる色の変化を見せてくれます。光のあたり方でオパール自体が変化するような。信じられないような自然界のトリックですよ」

こちらは、南オーストラリア博物館の主任学芸員Brian Oldman氏の言葉。「TIMEWHEEL」が紹介する、氏の興奮冷めやらぬ雰囲気がコメントからも伝わってくる。

太古の昔、かつて南オーストラリアは内海に囲まれた土地だった。これが地理学者の定説。何百万年が経過するなかで、大量の海水が流れ込む独特の地形が、良質なオパールを形成する立地として、好条件が整っていたとOldman氏は見ている。

手のひらサイズのヴァージン・レインボーは、人々を魅了するその美しさに鑑定された価格はなんと、70万ドル(約8,668万円)というから驚きだ。
オーストラリアでの展示は9月から。いつか、日本でもお披露目される日が来るかもしれない。

Top Photo by : Denis Smith courtesy South Australian Museum
Reference:The TelegraphTIMEWHEEL
Licensed material used with permission by South Australian Museum

「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
よく海外のお菓子などで、目がチカチカするような原色カラーの商品を見かけることがありますが、まさかのまさか、チーズをカラーリングしちゃったトーストショップが...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...