「世界の名所」を、ふわふわ旅するシャボン玉。

小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまうと思うとちょっと切なくて、そこにどうしようもなく惹かれてしまう。

これは、世界の様々なトラベルスポットをシャボン玉に映した「World in a Bubble」というプロジェクト。眺めていると、まるで知らない世界を旅するようなワクワクした気分になるんです。

360度の景色が輝く

Af1cbaaa6a949819d3025ccf2c9b73ffcc680033

人々で賑わうポーランドの「ネプチューンの噴水」。

64a194d75c5eb22ea7ec30fc85741a06c3516fee

球体の中で絶景が広がる「ガイランゲルフィヨルド」は、ノルウェーの世界遺産。

27601a32aa36b45b00e88d47f7907183ff6f780a

ポーランドのグダニスクにある「オールドタウン」は、不思議な色合いに。

F8bd5dc34aa85479eb1269f9f7beb714f35846ee

ニューヨークの「タイムズスクエア」は、シャボン玉の中でもキラキラと輝き続ける。

7f33866c2bab21fb4f8197b5087ad8a0c9d381d5

虹色に包まれる「ブロードウェイ」は、別の世界のよう。

829ef84fb2e957cde95950022c429431bf72605c

デンマークの「コペンハーゲンの風車」は、グルグルと泡の中を回っているみたい。

8169a651301a8eeb151b085729e127246afaa15a

太陽の光が柔らかく包み込むベルリンの「ブランデンブルク門」。

F1b5ddf9c7cd5afeb20b49952ab7bd814f5d9518

迷宮への入り口のような「Dimmick Memorial Library」という、アメリカの図書館。

4f48cedb0f7ca6045afe254a26ead3d53d3da2f0

アメリカで活躍するフォトグラファーTom Stormさんによるこのシリーズ。初めて撮影したのは、アイルランドの「ゴールウェイ」という都市だったそうです。そこから、様々な景色をどのくらいシャボン玉に反映できるかという「探求の旅」がスタートしました。

彼の撮った景色の美しさはもちろん、ふわふわ浮かぶ泡の世界は、すぐに消えてしまうところも魅力的です。

Licensed material used with permission by Thomas Storm
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
ポーランド南部の街、クラクフ。ここは同国で最も歴史がある場所。17世紀初頭、ワルシャワに遷都するまで首都だったという歴史を持つ。赤レンガを基調とした古い街...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
ここで紹介するのは、恋に奥手な女性たちの“ドキドキ”をリアルに描いた映像。彼女たちが意中の男性に想いを伝えるための手段は「10円玉」です。クリスマスにぴっ...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
パーティースペースに約5万個もの白いボールを敷き詰め、その中でDJの音楽に合わせてダンス。今春、東京で開催された「tamapa(タマパ)」は、日本初のボー...
もし、世の中から水がなくなったら?ほとんどの人はそんなこと考えたことないですよね。蛇口をひねれば水が出る、それが日本のスタンダードですから。でも、当然なが...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...