農薬の代わりに「花」を植えたほうがいい理由とは?

農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。
Blackmore氏が「TakePart」で書いた害虫を減らすために花を植えることのメリット。これを読めば、その真意がわかるはず!

pesticidesplant


書籍「Agriculture, Ecosystems, and the Environment」では、農地に花を植えることの素晴らしい効果を伝えている。農作地を美しく彩るだけでなく、ミツバチを育て、農薬の量を減少させることにつながるというのだ。

カリフォルニア大学バークレー校の研究者たちも、同意見。研究者たちは、カリフォルニア州特有の植物を同州ヨロ郡の農地に沿って植えた。ヨロ郡は、アブラムシなどの害虫が大量にいることで有名な地域。
彼らは2年間、雑草をそのまま生やした農地と、生け垣をつくり花を植えた農地とを比較した。その結果、花を植えた地域にはより多くのハチが生息していることが判明。さらに、てんとう虫やクモなど害虫の天敵も増えた。研究者は次のように伝える。

「農地に花を植えることは、景観をよくするだけではなかった。害虫の天敵を増加させることにつながったのだ」

pesticidesplant3

花が植えてある生け垣から、およそ半径200メートルの範囲で害虫が減少したという。さらにホコリを抑え、肥沃な土地にしてくれる効果も期待できるとか。

この研究は、セアノサスやカリフォルニアソバ、メキシコのニワトコなどの作物でも行われた。生け垣を設けた農地では、激しい雨や干ばつになっても生き残ることができたという。

当然、花を植えるコストは農家にとって頭が痛い問題。直線30cmあたりに、4ドル(約500円)ほどかかるのだ。しかし、カリフォルニア大学が公表した論文の中では、長期間の投資と考えれば安いと指摘する。

なぜなら、生け垣が育てば農薬のコストが抑えられ、何より農家の人が働く時間を縮小できるから。さらに、植えてある花がミツバチを育ててくれるため、わざわざ巣箱を買う必要もなくなる。

pesticidesplant2

ネズミやリスなどの動物にも注意が必要だ。生け垣を作らず、農地に沿って何も植えなければ、こういった動物が侵入する可能性が高まる。すると、野生動物が持つ大腸菌などのバクテリアが、作物に伝染することにつながる。最新の研究では、食品安全性を確保するため、農地に沿って植物を植えることを推奨している。

農業を研究しているLeopold Centerによると、トウモロコシ畑の中心に土地特有の植物を植えることで、水の流出を抑えてくれたという。

Licensed material used with permission by TakePart
Writer : Willy Blackmore

th_スクリーンショット 2015-09-01 10.39.31

枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
素敵な女性を見て「自分には高嶺の花だなぁ」とため息をついたことはありませんか?美人だったり、仕事ができるエリートだったりすると「オレなんかじゃ無理か…」と...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
さあ、上のイラストの中から、あなたがもっとも好きな花を選んでください。じっくり考えず、直感でどうぞ。選びましたか?それでは、ライターRebecca End...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...