幸せに生きるために、付き合わない方がいい「7タイプの人」

Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。
彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸せのバロメーターにはならないと言います。
人生は短く、八方美人でいるとまわりの人に時間を奪われてやりたいことができなくなってしまいます。大切なのは、自分に大切な人を見極めること。

ここからは、幸せに生きるために付き合わない方がいい7タイプの人を紹介します。

7-toxic-people150824-02


 

01.
約束を守らない
口先だけの人

いつも約束を守らずに、まったく信用できない人。彼らは、メッセージで「会いたい、今度一緒にどこかいこう」と言いながら、何度もキャンセルするのです。本当に会いたいなら、真剣に約束を守るべき。
友情関係とは、一方通行ではありません。約束をすること、そして守ること。どちらか一方が、傲慢にすべての計画を立てることでもありません。電話にしっかりと出たり、テキストメッセージを迅速に返す。友情関係には、お互いを思いやることが大切なのです。毎回キャンセルして苦しめるような人と、一緒にいない方がいいのです。

02.
自分が欲しいものだけ
を求める人

7-toxic-people150828-03

夏休みの休暇に人の別荘を使いたい、という理由から友だちになろうとする人がいます。たいていその時だけの付き合いで、用が済めばいなくなってしまうのです。
彼らが近寄ってくる時は、アドバイスやお金など何か必要なものがある時だけ。できるだけ、関わらないようにしましょう。
もちろん、誰にだってアドバイスが欲しい時もあります。ストレスがたまったり、突然お金が必要になることも。そういった場合、まずは家族に頼ってその後友だちに聞きましょう。

03.
人間関係に
値段をつけたがる人

お金ばかり気にする人は、02で紹介したたかり屋とは正反対の人。すぐに両親に頼ろうとする子どものような人です。常にお金のことばかり話しています。確かに、お金は必要なもの。それによって食べものも買えますし、学校にもいけます。でもそれが、全てではありません。お金のことばかり話す人たちと付き合うと、こっちまで同じような考えになってしまいます。彼らはすべてをお金で判断しようとします。人生や、友情関係にまで値段をつけようとしてくるのです。友情関係は、プライスレスなのにも関わらず…。

04.
相手の気持ちを考えず
侮辱する人

7-toxic-people150827-07

人の傷つくことをいう人と、失礼なことばかりいう人は紙一重。自分の意見を言うのも大切ですが、時と場合によります。身長のことをバカにされて怒らない人でも、過去の友だちのことや前の彼氏をバカにされたら侮辱に感じる人もいるはず。失礼なことを言う人は、たいてい公共の場でも同じ振る舞いをします。レストランで、ウエイトレスが小さなミスをしただけで侮辱するような人と一緒にいたくないでしょう?

05.
感情の起伏が激しく
いつもネガティブな人

喜怒哀楽の激しい人と付き合うのは、大変なこと。特に女性は起伏が激しい傾向にあります。もちろん、人は感情的な生きものなので仕方のない部分もあります。が、わざわざトラブルに飛び込むような人もいるのです。
そんな友だちとは距離を置きましょう。彼らの後ろ向きな負の感情は、まわりの人に伝染します。

06.
常に批判ばかりする人

問題解決をするのではなく、常に文句をいうことにエネルギーを使う人がいます。解決することにエネルギーを注げば、もっと前向きになれるにも関わらず…。
批判することは、簡単なこと。でも、不平不満はポジティブな気持ちを台無しにします。彼らはいつも、自分に合わない理由を探そうとするのです。前向きに生きたい人にとって、彼らは足かせとなります。

07.
やる気がなくて
努力をしない人

7-toxic-people150827-09

やる気がない人とも、一緒にいるべきではありません。
恋人の家に居候して、ベビーシッターを仕事にしている彼氏。大学の専攻は、お金の稼ぎがよいという理由だけで選ぶような友だち。彼らに影響されて小さな夢を追わないように。自分は自分、夢を大きくすべきです。
彼らは一見、幸せそうに見えるかもしれません。11時に起きて、ゲームをして1日を過ごす。でも、努力をして何かを成し遂げる方がずっと幸せなのです。
人生に悪影響を与える人たちに、あなたの人生を邪魔させてはいけません。夢を追いかけ、自分でしっかりと考えられる人と付き合いましょう。

ここで紹介した、有害な人たちも、本質的に悪い人ではありません。相手のことを心から思いやり、愛してくれる人もいます。でも幸せに生きたいのなら、距離を置くべき人たちです。

人生は山あり谷あり。悪い方向へ進んでいかないように、踏ん張らないといけないこともあります。まずは、まわりの友だちから考え直してみてはいかがでしょうか。

あなたをしっかり支えてくれる人と一緒に過ごしましょう。いい人の周りには、いい空気が流れるのです。

Licensed material used with permission by Thought Catalog

友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
スマートな男性いわく「男の価値が付き合う人間によって判断されるなら、私は世界で最も裕福な男だ」と。それくらい、あなたの周りにいる人の存在は貴重なものなんで...
友だちの数は、多ければいいということでもなさそうだ。Quartzの記事によれば、人生の幸せと関係するのは15人の本当に仲がいい友だちだけだとか。Faceb...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
人生は1度きり。だからこそ、夢や目標にチャレンジすることで「満足できる人生」、そして笑顔が絶えない「楽しい人生」を送りたいですよね。あなたの周りにはきっと...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
生きていると「世の中は平等ではない」と思うこともありますよね。周りは幸せなのに、なんで自分だけ上手くいかないんだろう…と。でも、嘆くより前にやるべきことが...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
社会の一員として、他者と上手くコミュケーションをとる能力の重要性は言わずもがな。とはいえ、異なる価値観や性格の人たちと付き合うことは、決して簡単なことでは...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...