オリオン座流星群2015!ピークの時間帯、見える方角を徹底解剖!

毎年10月後半に見ることのできる、オリオン座流星群。オリオン座流星群は「速くて明るい」初心者でも、比較的見やすい流星群のひとつです。流星群観測は裸眼で観測できるのも大きなポイントですよね。2015年のオリオン座流星群は、月明かりの影響も受けず、好条件で星空観測ができそうなので、かなり期待がもてそうです。2015年の見られる日、ピーク、時間帯、方角、場所などをまとめてみました!

iStock_000001811990_Mediumorionids2015-02-150906-02

2015年のオリオン座流星群のピークの時間帯は?

  • 10月21日(水)
  • 10月22日(木)ピーク朝8:00
  • 10月23日(金)

2015年は、上記の約3日間が見えやすいと言われている日です。時間帯は、夜半(日付が変わる前後30分ほど)以降、未明(明るくなる前)までが観測できます。というのも、普通、星空観測をしたいなら、月明かりなどの光は邪魔になります。今年のオリオン座流星群では、地域によっても違いますが、月の沈む時間が夜半ごろなので、月明かりの影響を受けずに観測することができます。

極大といわれるピークの時間は10/22(木)朝8時。その前後で3日程度がよく見られるということです。うまくいけば、1時間に30個ほどの流星が見られるかもしれません。3日あれば、きっとどこかで見られますね。

【ポイント1】
2015年は10月21日から23日までの、深夜0時から明るくなるまで!ピークは22日!

2015年のオリオン座流星群はどの方角で見られる?

iStock_000001843223_Mediumorionids2015-150906-03-02

オリオン座流星群というからには、オリオン座の見える方角、東の空から流れます。オリオン座を見つけるコツは、「赤いベテルギウス」とすぐそばにある「3つ並んだ星」です。探してみましょう♪ベテルギウスから少し左上に輻射点と言われる中心があり、そこから放射線状に流星が出現します。ここで注意したいのが、あくまでオリオン座は中心点ということです。中心点から放射線状に星空のどこを流れるかは分かりません。ということは、オリオン座の方角ばかりを見ていると、見逃してしまう可能性が高くなってしまいますよね。
レジャーシートで寝転がって空全体をみられるようにするといいです。

【ポイント2】
オリオン座の方角だけじゃなく、星空全体を見よう!

オリオン座流星群2015を見るおすすめの場所は?

iStock_000043808542_Mediumorionids2015-02-150906-05

流星群はどこででも見ることができます。しかし、「暗い」「見晴らしがいい」「高い」という場所が、流星群を見るときに有利です。このオリオン座流星群の特徴は「速くて明るい」というものですが、それ以外にも、暗めの流星もたくさん流れているということも特徴のひとつです。
そこで、少し暗めの流星も見ることができるよう、特に暗い場所を選んでみると、確率があがるかもしれません。自販機や街灯などが近くにないこともポイントです。海辺や川辺、道の駅、キャンプ場など、高台にある見晴らしのいい、暗めの場所がオススメです。

【ポイント3】
「暗い」「見晴らしがいい」「高い」場所を選ぼう!

星空の下でコーヒーを飲みに行こう

iStock_000023596438_Mediumorionids2015-02-150906-06

流星群を見に行くというのは、ほぼ運です。雨や曇りじゃ見えないし、晴れても見ることができるかどうかわかりません。でも、想像してみてください。10月の肌寒い夜中、星空を眺める。持参した温かいコーヒーをすすって、家族や友人・恋人と語らいながら流れ星を探す「非日常」を味わえます。こんな素敵な経験はなかなかないんじゃないでしょうか?きっと日常のストレスをふっ飛ばしてくれるはず。
レジャーシートやアウトドア用の倒れる椅子など、準備万端にして、温かい飲み物に、暖かい恰好でのぞみましょう。星座早見表などを持っていくとみんなで探せて楽しいですね。

【ポイント4】
流星が見られなくても星空を楽しんで!

注目の流星群はこちら!

いかがでしたか?オリオン座流星群、ちょっと見に行きたくなっちゃいませんか?ペルセウス流星群などの派手なものに比べると少し地味ですが、年によっては1時間に100個も見られたことがあったそうです。今年は好条件も重なって見やすいし、これはもう、行くしかありませんね!ひとりでも、大切な人とでも。星空の中、流れ星をさがしてみませんか?

冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
実は、流星群は年中どこかで流れています。しかし、残念なのは目視できる流星群は少ないということ。数ある流星群の中でも、肉眼で見られる流星群としておすすめなの...
10月から約1ヵ月に渡って出現するオリオン座流星群は、肉眼で観測しやすい初心者向けの流星群。空から無数の星が降り注ぐ光景に、うっとりすること間違いなしです...
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやす...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
三大流星群の中でも、とくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。見逃せませんよね。毎年ピークを迎えるのは、8月12日〜13日あ...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert D...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...