しし座流星群2015!ピークの時間帯、方角、場所を徹底分析!

実は、流星群は年中どこかで流れています。しかし、残念なのは目視できる流星群は少ないということ。数ある流星群の中でも、肉眼で見られる流星群としておすすめなのが「しし座流星群」です。ここでは2015年のしし座流星群のピーク時とおすすめのスポットなどを紹介します。

「しし座流星群」は
どんな流星群?

leonids2015000030863608_Medium

しし座流星群を観察する前に、まずはしし座流星群について知りましょう。
しし座流星群とは、なにもしし座を構成する星が降ってくることで名前がついたわけではありません。しし座流星群のもとになっているものは、太陽を33年周期で移動するテンペル・タットル彗星です。この彗星は氷と塵で構成されており、太陽に近づくことで氷が溶け、彗星の軌道上に宇宙の塵ができます。そして地球は、年に一回、彗星の軌道上に入ることで、塵の中に入ります。地球には引力があり、近づいてきたものを引き寄せる力があるため、塵が地球に引き寄せられて、上空100kmの場所で大気圏との摩擦による熱と光によって、流星群として見えるのです。しし座流星群のスピードは秒速70kmほど。かなりのスピードで落ちて行っているということが分かります。しし座流星群という名前の由来は、たまたま流星があった方向にしし座が見えたためにつけられました。

しし座流星群は33年周期で多数の降り注ぐような流星をもたらすことで、歴史の中にも幾度か登場してきました。日本では967年の記録がもっとも古いものだと言われています。近年では、2001年に周期を迎え、数多くの流星群が観察されました。

しし座流星群2015
ピークの時間帯や見える方角は?

couple camping at night

2015年は、まだまだテンペル・タットル彗星の周期の半分ほどの年です。数多くの流星群を観察することは難しいですが、1時間のうちに数個から十数個ほどは観察することができます。
2015年にしし座流星群がみられる時期については、11月10日から11月23日と予想されています。なかでも、もっとも観察されやすいピークの時間、極大は11月18日の13時ごろです。残念ながら日本では星が見られる時間帯ではありませんが、極大の前後はいつもより多くの流星群を見られる可能性があります。特に、11月18日の深夜から明け方にかけては観測するのに絶好の時間帯です。
また、観測するにあたっての方角ですが、しし座流星群には特にどの方角が良いというものはありません。ただし月の明かりなど、明るい場所では見えにくくなってしまうため、月が出ていない方角を観察してみると良いでしょう。

しし座流星群2015
観測におすすめの場所は?

Father and Son.

基本的には、星の見えやすいグラウンドや河原など周囲が見渡せる場所で、周囲に明かりがないような場所が良いです。しかし、都会などの明かりが多い場所ではなかなか良い場所が見つからないのも事実。東京都内でおすすめのスポットをいくつかピックアップしてみました。

夢の島公園

東京都江東区にある公園。東京23区内にあり、アクセスがしやすいという面でもおすすめです。公園は、もともとごみの埋め立て地として計画されていたため、芝生が広がり、視界を遮るものがほとんどなく、しし座流星群の観察スポットとして適しています。

石神井公園

東京都練馬区にある公園で、石神井駅公園から近いなど、比較的アクセスの良い場所にあります。公園自体が環境を保持するための地区に指定されており、自然の景観が残った場所としても有名です。都会の中で、自然に囲まれて観察したいというかたにおすすめのスポットです。

奥多摩湖

東京都西多摩郡にある湖。23区からは少し離れてしまいますが、湖の周辺は山に囲まれており、自然豊かな土地になっています。きれいな空気の中、思う存分観測できるのが魅力的です。

2015年のしし座流星群のピークや時間帯などについて紹介しました。スポットは、東京都を中心に紹介しましたが、流れ星を観察できるスポットは全国的に多くあります。海辺で見たいのか、山で見たいのか、自分の好みに合わせて星が良く見える場所を探してみましょう。

冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
毎年10月後半に見ることのできる、オリオン座流星群。オリオン座流星群は「速くて明るい」初心者でも、比較的見やすい流星群のひとつです。流星群観測は裸眼で観測...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
10月から約1ヵ月に渡って出現するオリオン座流星群は、肉眼で観測しやすい初心者向けの流星群。空から無数の星が降り注ぐ光景に、うっとりすること間違いなしです...
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやす...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
片思い中のみなさん、なかなか話のネタがなくて、どう連絡をしたらいいかわからない今こそ、「もう少しで流星群だよ」と声をかけるチャンス。「ロマンチックだね(笑...
GWも後半になると、日常に戻って欲しくない…なんて心の声が聞こえてくるものです。けれど今年のGW最後の土曜日にあたる5月6日は、「みずがめ座流星群」という...
三大流星群の中でも、とくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。見逃せませんよね。毎年ピークを迎えるのは、8月12日〜13日あ...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
誰もが、恥ずかしがってなかなか一歩を踏み出さないような場面。そんなとき、ためらわず行動に出てくれるのが「しし座」。どこに行っても友だちに囲まれていて、とて...
しし座の彼と付き合っている、そこのあなた。ここで紹介する「YourTango」の記事は、あなたのためにライターSarah Fader氏が書いたもの。彼をも...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...
毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert D...