「息子には申し訳なく思っている」今まで言えなかった、父の本音とは?

親元を離れて、初めて分かることがある。

という言葉をよく耳にしますが、「巣立ち」のタイミングでこれまでのことを振り返るのは、なにも子どもだけではありません。むしろ親の方が子どもの成長を強く感じ、無意識にいろんなことを振り返っていたりするのです。

この動画は、ちょうどそのタイミングを迎えた父親と息子にインタビューをしたもの。


「自主自律、自分のことは自分で考えて自分で行動しろ」
教員でもある父親は、子どもたちにずっとそういう姿勢で向き合ってきました。

スクリーンショット 2015-09-12 13.37.04

そんな父親にとって子供の巣立ちはとても喜ばしいことであるはず。と思いきや、口から出てくるのは意外にも「反省」の言葉でした。

スクリーンショット 2015-09-17 22.11.55

「今思えば、もっと遊んでやればよかった」

「息子には申し訳なく思っている」

息子が小さい頃、仕事が忙しく、土日もろくに遊んであげられなかったのだといいます。

スクリーンショット 2015-09-12 13.47.21

一方の息子はそんな父への「感謝」の気持ちを語ります。

「ノーとか、ダメとか、やるなとかそういうマイナスなことは言わなかったので、感謝している」

父の自主自律の教えは、きちんと息子にも伝わっていたようです。

そんな息子が実家を出て、最初の帰省。

スクリーンショット 2015-09-17 12.31.07

親子ではじめて一緒にお酒を酌み交わしました。
最初はなんだかぎこちない表情の2人ですが…

スクリーンショット 2015-09-17 13.46.43

時間が経つにつれ、父の表情はやわらいでいきます。

スクリーンショット 2015-09-17 12.35.20

満面の笑みを浮かべ、「早く、彼女を連れてこいよ」「信頼されるような人になってほしい」

なんて、上機嫌になって、ついつい今まで言わなかった本音が飛び出す一幕も。

スクリーンショット 2015-09-17 13.43.40

そして、最後にこう呟きます。

「仕事でうまくいかないことがあった時は、いつでも帰ってくればいい、そしてなにも言わずに帰ればいい」。

子の巣立ちはどの親子も通過するもの。でもそのエピソードはひとつとして同じものはありません。「最初は猛反対をされていた」「応援の手紙をくれた」など、人それぞれ異なることでしょう。

共通しているのは、一人暮らしを始めたての頃が、一番強く親の有り難みを感じるということ。それは、時間が経つにつれ、学校や仕事が忙しくなり、親のいない生活に慣れてきてしまうから。

スクリーンショット 2015-09-17 12.36.34

それはもちろん自立できてきた、という証であり、喜ぶべきことですが、親にとっては寂しい気も。
この動画を見終えたら、実家に電話でもしてみるといいかもしれませんね。
それだけでも、親は喜ぶと思いますよ。

Sponsored by ミサワホーム

狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
「年に1度、私の誕生日だけ空に無数の光が飛ぶの!」育ての親ゴーテルによって、幼い頃から塔に閉じ込められていたラプンツェルの唯一の楽しみ。それは年に1度だけ...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
ここでは、11歳の息子を持つパパブロガーの愛情こもったメッセージを紹介します。子どもの成長って本当に早いものですよね。とにかく小さくて、触ったら壊れちゃい...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
「なあRima、頼むから踊ってくれよ。せっかく撮影しているんだから。さあ、パパのためだと思って。恥ずかしがってないで、さあ!」カメラを手に、こう娘にはっぱ...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由に...