「新しい言語」を身につけるたび、人の心がどんどん理解できる

複数の言語を扱うことによるメリットが、「I Heart Intelligence」に掲載されているのでご紹介。正直、パッと思いつくことといえば、外国人との円滑なコミュニケーション程度のものですが…、どうやらそれだけではなさそうなのです。
なんでも、バイリンガルには「2つの人格を持っている」という人もいるほど、脳内で急速な“切り替え”が起こっているのだとか!?

幼児から老人まで!
“認知向上”への好影響

shutterstock_217914181

自分の考えを複数の言語で表現できる人がいる。彼らは他国の人とも言語を統一してコミュニケーションが取れるため、異なるものの見方を取り入れられるのだ。なんと、魅力的なことだろう。さらに、愛する人が複数の言語で“愛のことば”をささやいてくれたら…、想像するだけで素晴らしい。

複数の言語を扱う人の脳は、回転が速く、強い。「The New York Times」のレポートによると、生活の中で複数の言語を話すと、脳が強化されることが分かった。この事実は、幼児から老人までのあらゆる年齢層を対象にした複数の研究で明らかとなったらしい。

また、米国科学アカデミーは、一つの言語しか使わない家庭で育てられた7ヵ月の乳児と、二つ以上の家庭の乳児との“認知向上”を研究。その単純かつ効果的なテストプロセスは以下。

・乳児にある音声を聞かせ、その報酬として目の前のスクリーンの片方から人形を見せる・音声を聞けば、人形が見れることを予想させるため、このアクションを繰り返す・音声が再生された後、乳児がどれだけ報酬を予想できたかをテストするため、研究者はスクリーンの反対側に人形を置いた・生まれてから複数の言語に触れた乳児は、切り替わったスクリーンにより素早く適応していることを発見

44人の高齢のバイリンガルに対して実施された、カリフォルニア大学の神経心理学者による別の研究もある。結果は、複数の言語を使用すると、アルツハイマー病や認知症のような疾患の発症を遅らせたことを示唆した。報告では、バイリンガルは平均で4年半、認知症の発症が遅かった模様。

幼い頃から複数の言語を学び、人生を通してそれらを使い続けることは、他の筋肉トレーニングと同じようなもの。多くの訓練をし、使用すれば、より簡単に日常的に使用することができるのだ。

“クリエイティブ能力”をも鍛錬

shutterstock_289584068

これらの研究により、バイリンガルは、より強く、シャープな脳を手に入れる手段であることが明らかになった。しかし、複数の言語を学ぶことが、「クリエイティブ能力」にも好影響を与えることまでは、想像していないはずだ。

「Psychology Today」のレポートは、バイリンガルがより創造的に問題解決策を考え出し、スムーズに返答できることを報告している。また、「Medical Daily」は、バイリンガルであることが問題解決能力と創造性に影響するかについて、120人の9歳児を対象とした研究を実施した。研究者、Fraser Lauchlan博士は言う。

「我々の研究は、言語だけでなく、問題解決と創造力においても明白な利点を持つことを見出した。語彙力がない小さな子どもについてもそうだ。バイリンガルの子どもの説明は、より詳細で表現が豊かだったのだ」

この結果は、幼い頃から複数の言語を学習することにより、さまざまなアイデアやコンセプトが身につくことを示唆している。おそらく、バイリンガルであることが、通常はあまり使わない脳のクリエイティブな部分を刺激するのだろう。

自分や周囲の人を
世界とつなぐだけでなく・・・

shutterstock_281738237

カリフォルニア大学の心理学者Susan Ervin-Tripp氏は、複数の言語を学習することによる効果を長期にわたって研究してきた。「Emotion in Bilingualism」という報告書に、彼女はこう記している。

「言語の変更を求められると、価値観や感情までも変化する強い感覚を受ける。中には2つの人格を持っていると報告するバイリンガルもいる」

さまざまな言語が道徳や信仰、情熱を理解するためのツールと​​して使われている。バイリンガルであることが脳にどのような影響を与えるかを理解することで、魂に与える大きなメリットにも気づくことができそうだ。

自分や周りの人を世界とつなぐだけでなく、自分自身の理解を助けるのもバイリンガルの大きな利点。複数の言語を話すことで、より思考を整理することができれば、愛や幸福といった複雑な感情を理解し、明確かつ効果的に愛する人に伝えることだってできるはずだ。

幼い頃に多言語を学ぶ機会がなかったとしても、決して絶望しないでほしい。始めるのは、いつだって可能。そうすれば、世界でもっとも重要な単語だって学べるだろう。 I love you , Je t’aime , Te quiero ,  Ich liebe dich ,  Ik hou van jou ,  Aloha Au Ia`oe…

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
世界を旅するとき「コトバの壁」は無視できない。たとえ初めて訪れた国でも、その国の人とコミュニケーションが取れれば取れるほど、楽しめるものだと思う。僕もウク...
二つの言語を自在に操るバイリンガル。せめて英語くらいは…と努力を重ねる人も多いはず。このバイリンガルになることで、なんと認知症を防いだり、高収入を得られた...
彼女が何で怒っているのかわからない、妻が急に不機嫌になる…。女心がわからず苦労している男性諸君、彼女たちは理不尽に怒っているのではありません。女性には女性...
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミ...
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
「論理的に考える」というのは根拠を持って説明できるということ。それは結局、「他者が理解できるように考える」ということだと言える。ひとりよがりではなく、他人...