【非難殺到】エイズ治療薬の価格が55倍に値上げ。一体なぜ?

米・製薬会社「Turing Pharmaceuticals」社が、エイズの治療にも使用されている薬品を大幅に値上げし注目を浴びている。同社は60年以上にわたり使用されてきた1錠13.50ドル(約1,600円)の薬品「ダラプリム」の権利を取得後、価格を750ドル(約9万円)へと上げた。

同薬品はエイズやマラリアのほか、ガンやトキソプラズマ症の治療薬として使用されてきた。同社CEOのマーティン・シュクレリ氏は値上げして得た利益の用途として、より副作用の少ない新薬の開発を挙げている。

米国で
一番嫌われている男

1c850df9fb3e1b4a70b1747c7cd0a40a3bd54e57

The New York Timesに掲載されているシュクレリ氏の主張によれば、元々ほぼ原価で販売されていたものに販売利益を追加しただけで、あくまでビジネスであるとのこと。「市場も小さい製品で、価格は他の専門薬と比べても手頃。批判されるいわれはない」とコメントしている。

しかし、同社に対して米国感染症学会やHIV医学協会からは「医療システムではカバーできず、容認できない」などのメッセージが送られており、インターネットでも批判意見が殺到。
「ダラプリム」の流通が厳しく制限された影響で、ジェネリック医薬品の開発に必要なテスト用サンプルを用意しづらくなるとの指摘もある。

BBCは彼を「おそらく、今アメリカで一番嫌われている男」と表現。その他にも「モラルの破綻した反社会的人間」など、様々な辛辣な意見が寄せられていると報じている。

ヒラリー・クリントン
「言語道断。対策をうつ」

E427e1358b8f15953c57c23cc4d3efd47806b3c6

Twitterでは、ヒラリー・クリントン氏から投稿された「専門薬の価格を高騰させるなんて言語道断、対策を打つ」とのコメントが話題になった。その後、製薬会社の株価が下がったことからウォール街からは強い反響があったとThe Washington Postは書いている。

近年米国では様々な治療薬の価格高騰が問題視されており、古くから使われている医療品の権利を取得し値上げするケースが増えている。

カゼをひいた、胃が痛い、目が疲れた…そんなとき私たちは「薬」に頼ります。誰もが当たり前に行っている行動にも、実は、デメリットが潜んでいる可能性もあるそうで...
ノースカロライナ州立大とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が新しい「貼り薬」を開発した。絆創膏のようなゴム製のパッチに薬品が含まれており、肌に貼る...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
ストレスが解消され、気分がグッとよくなる。そんな薬があったらうれしいですよね。ここで紹介するのは、そんな効果のある薬「Nature Rx」のコマーシャル動...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
コロンビア大学がプロテインの働きを抑制することで特定の記憶のみを削除する薬を開発、動物実験で成功したという。PTSD患者の治療などを目的に記憶の編集・消去...
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
NBCに雇用されていたアメリカのフリーランスカメラマンがエボラ出血熱に感染していたことが分かった。フリーランサーのMukpoさん(33歳)は、NBCニュー...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...