子どもが親にドンドン話をしてくれる「30の質問」

パパママ向けの育児情報を発信する「Parent Co」から、ママさんライターSara Goldstein氏の実体験に基づいた記事をご紹介。彼女、息子との会話が「YESかNOか」で答えられるクローズド・クエスチョンに偏っていたと反省。そして、子どもが自分から話したくなるような質問に切り替えたそうです。

以下の質問はもちろん、小学生向けの内容。ですが、コミュニケーションの方法は、大人も子どもも基本は一緒!

 会話の秘訣は
オープン・クエスチョン

shutterstock_225413971

小学校4年生がスタートした最初の日。放課後迎えに行った私は、いつものように感情を込めて「今日はどうだった?」と彼に聞いてみた。すると彼、「うん、別に」。いつもと変わらないと言えば変わらない。ちょっと、今日は初日よ。もっと感想ないの?
翌日、同じ質問に対する子どもの答えが「嫌な子はいなかったよ」これだけ。それはいいこと…よね?

問題は私の質問にあった。会話を始めるキッカケにもならない、無味乾燥とした内容。聞きたいことの焦点を全く絞ってもいない、いわば聞き手に失礼な質問だったと、いま改めて感じている。子どもが相槌以上の答えを、自分から話したくなる内容を、私は徹底的に考えた。相手が本当に話したくなるような質問の仕方を教えてくれたのは、他でもない私の子ども。長い学校での一日の後、子どもの声に耳を傾けてみませんか?

01.
今日のランチは
何が美味しかった?

02.
ふざけてばっかりの
子がいるでしょ。
どんなことしている?

shutterstock_51031219

03.
休み時間を楽しむ方法
ひとつだけ教えて?

04.
今日、イチバン
お腹を抱えて笑ったことは?

05.
誰か「ナイス!」って
思えることしてくれた?

06.
誰かのためにしてあげた
一番の「優しさ」教えて?

shutterstock_140936770

07.
今日、クラスで面白かった
一番の人気者は誰?

08.
ゾンビゲームしたら
生き残れそうな先生いる?
なんでその先生?

09.
今日一番、
ビックリしたこと教えて?

10.
誰のお弁当が一番イケてた?
中身何だった?

shutterstock_293677895

11.
何にチャレンジできた?
失敗しちゃった?

12.
学校を遊園地の乗り物に例えたら
何だと思う?それはどうして?

13.
自己採点するなら
10点中、今日は何点?

14.
友達から先生を選ぶとしたら
誰になってほしい?なぜ?

shutterstock_114990223

15.
明日はあなたが先生。
さて、何をみんなに教える?

16.
今日、誰があなたの
背中を押してくれた?

17.
友達になりたいけど、まだ
なれていない子はいない?
なんでかな?

18.
先生が一番大切にしている
ルールってなんだろう?

shutterstock_144566138

19.
休み時間の過ごし方、
一番人気なのは?

20.
先生って、誰かに似てない?

21.
友達について、今日
新しく知ったことを教えて?

22.
学校にエイリアンがきて
3人の友達をUFOに乗せる。
誰にしてほしい?

shutterstock_266266616

23.
今日最高の「ありがとう」は何?

24.
今日一番、自分に
自慢できることは何?

25.
今日、守れなかった
ルールってある?

26.
学期末までに、
自分のモノにしよう!
っているものある?

shutterstock_139166480

27.
クラスであなたと
正反対の子って誰?

28.
学校のなかで、
一番楽しい場所はどこ?

29.
今年中に極めたい遊びは何?

30.
なかなかルールを守れない
友達もいるでしょ。
どうやって仲良くなる?


Licensed material used with permission by Sara Goldstein

「親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?」これから紹介するのは、そんなメッセージから始まる、とあるドキュメント映像。親子に同じ質問をしてみた...
会話の輪に飛び込めない人、商談前の雑談が苦手な人、異性との会話で緊張してしまう人・・・自分の「会話スキル」に不安を感じているという人は案外多いもの。でも、...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
とにかくやりたいことに突き進める20代。しかし、年齢を重ねるごとに解決するべき問題も増えてくるもの。「Elite Daily」のライター、Lauren M...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
「もっとやる気が出せればいいんだけど…」という相談をよく受けます。解決する方法はいくつかありますが、特に効果的なのが「小さなきっかけ」を作ること。まず行動...
「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
登場する子どもは、たぶん私と同世代の20代。親と一緒に呼び出されて、向かい合って座る。何を話すのかと思っていたら、「Cut.com」が出したお題は、「初体...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
コミュニケーションをより深くするために、気の利いた質問をせよーー。とは、よく耳にする話。ここで紹介するのは、「Mantelligence」が紹介したもの。...
「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回もコ...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
社会で働いている人のほとんどが、なんらかの形でモノを売るビジネスに携わっている。毎日の仕事で使う営業スキル、実はデートでも使えるものだった!そんな意外な記...
幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?じつは、ある大事な法則がありました。「inc.com」の人気ライターJeff Ha...
デートで会話が途切れて気まずい雰囲気に…。なんて失敗経験があるかも。親密な関係を築くためには会話をまずませるテクニックはとても重要ですよね。ここでは、そん...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
親ならば、誰だって思いは同じ。子どもには素晴らしい人生を送ってほしいと願っていますよね。ライターのWill Chou氏が「Elite Daily」で書いた...