アナタの気持ちが相手に伝わらないのは、この「5つ」が足りないから

C&K(シーアンドケー)

CLIEVY(クリビー)(スーパーハイトーンボイス、栃木県出身)とKEEN(キーン)(シルキーボイス、鹿児島県出身)からなる日本の男性2人組ボーカルユニット。2014年11月マリンメッセ福岡にて1万人を集めるワンマンライブを開催、チケットは発売日に即日完売となる。2015年、シングル『キミノ言葉デ』がリリース。10月14日に2年ぶりのアルバム『CK MUSIC』が発売。11月2日、3日には両国国技館でワンマンライブ開催が決定している。

同じ一言でも、どうやったらもっとうまくキモチを伝えられるのか。ここでは、シンプルな言葉を日本全国のファンへと贈っている「C&K」の2人に、その伝え方について聞いてみました。

01.
一生懸命の積み重ねが
「ありがとう」を育てる

8f8502db001b90b75cec1a3bbd54384f205dfa89

CLIEVY

「どんなにいい言葉を使っても、生き方がついてこなければダメなんじゃないかなと思っています。何気ないたった一言でもしっくりくる人がいますよね。なんとなく、その後ろに歴史があるように勝手に感じさせられてしまう。

マイケル・ジャクソンの『ありがとう』や、矢沢永吉の『やればできるよ』も同じで、相当な人生経験を積んできていないとその言葉に味が出ません。それは積み重ねでしかないですから、一生懸命生きる。その先にしかヒントは見出せないのではないかなと思います」

02.
想いを伝えるのは
本人だけじゃなくてもいい

F70a11b24e485b4f263472336fa464a69328d4ab

KEEN

「単純に『好きだ』と伝えることが難しい時もありますが、意図しない形で伝わらないようにタイミングを考えることや、説明をできるだけ加える気持ちが大切だと思っています。

たとえば、本人だけでなく周りにもその人への感謝を伝えること。その方が通じることも多々あるものです」

03.
気持ちを届けるコツは
隙をつくること

8317b6bb74b0546fd9ea38e8872cd2994e6edf56

KEEN

「ライブ中のMCと同じです。自分自身、全く興味のない人がステージに出てきて『きく?』って言われても、やっぱり聞きません。でも、クスって笑っちゃったら1回聴こうかなって思うんですよね。そのクスっとか、ハッていう一瞬の動悸が大切で、そこにこそ入り込む隙があります。

まったく聞く耳をもたずに聞いてる人たちに何かを感じさせるって、結構ハードルが高いんです。だから、まず歌を始める前にすごく大事なことがある。それはデビューしてからかなり勉強させられたことのひとつです」

04.
関係ないところに
首を突っ込むことで
「ありがとう」が生まれる

9e4a60ab15e34ed0d7b5e493db7abe17cb10aea0

KEEN

「何か大きなことを成し遂げるためには、チームが必要不可欠です。自分たちが歌えるのはみんなのおかげで、多くの人がプライベートな時間を削ってまで頑張ってくれています。まずはそれを理解できているかいないかが重要です。

お互いの立ち位置をリスペクトできる環境にいれば、チームは自ずとまとまるはず。もちろん仲がいいだけでは意味がありません。

たとえば、CLIEVYを見てすごいなと思うのは、負担がかかりすぎて大丈夫かなって思うくらいどのスタッフよりも動いて、どこにでも首を突っ込んでいくところなんです」

CLIEVY

「大事なことだと思います。お金がなくてできないことがあっても、ぼくらが払える分で楽しくなれるんだったらそれは買おうとか。面倒くさいことに首を突っ込んでいかないと、"チーム感"は作れません。

最初入った頃は、事務所の仕事とぼくたちのやることが別々なように感じていました。でも、しばらくするとぼくらがここに入ってやった方がいいというのがわかるようになってきました。そうやって自分の範疇じゃないところにも首を突っ込むことで、より相手の立場が分かる。何がつらくて何がつらくないかが理解できるようになるんです。

物事は1人より2人で考えた方が面白い。だから、みんなで『ああでもない、こうでもない』って言える関係を作れたチームが一番楽しいと思います」

05.
ネガティブな言葉も
ありがとうの「チカラ」に。

74e9f9ce05b1f39d27a0b8d09d97bef1c03fcb04

KEEN

「ポジティブじゃないことを受け止めなきゃいけない時だってあります。でも、受け入れるのは意外と大変じゃないんです。今もゾっとしていますが、こう考えましょう。本当に人生ってアッという間だから、そんなことでイライラしていても勿体ない!

それよりも、何かキツイことを言われた時には、もっとヤバいやつになって鼻をあかしてしてやろうっていうエネルギーに変えればいいんです」

CLIEVY

「ごちそうさまですっていう気持ちがあれば大丈夫です。悔しくさせてくれて「ありがとう」と思えばいいんです。

KEENは本当に怒らないですよ。唯一あるのは、かわいい娘に挨拶されないとき。そういうときは怒ります(笑)」

C&Kは、動員1万人越えのライブを年に3度も行っています。さらに、2015年11月2日・3日には1万5千人規模となる両国国技館公演2DAYSが決定。そんな彼らの言葉には、これまで何年も積み重ねてきた"一生懸命"がたくさん詰まっていました。

相手や周囲へのほんの少しの配慮を忘れないこと、どんなことにもまっすぐに向き合っていくこと。そういった一つひとつの心がけが、いずれ1万人の心にも届くような「ありがとう」をつくる理由になるのかもしれません。

■リリース

2015年10月14日、約2年振りとなる待望のニューアルバム『CK MUSIC』が発売。

■ライヴ情報

両国国技館公演2DAYS!
「CK無謀な挑戦状Case2 in両国国技館~収穫前夜祭!~」
2015年11月2日 [月]開場18:00
「CK無謀な挑戦状Case2 in両国国技館~ぶどうよりもマスカット!たわわに実った収穫祭~」
2015年11月3日 [火・祝] 開場16:00

コンテンツ提供元:M-ON! MUSIC

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
女性と男性では、価値観が微妙に違ってきます。どんなに長く付き合った恋人同士であっても、気持ちがすれ違ってしまうことだって珍しくありません。この記事は、男性...
2015年5月のこと。悩みを抱えている様子のTwitterユーザー@BrocaesarTVさんが、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者である「J.K.ロー...
付き合いはじめのときはあんなに好きだったのに、なぜだか最近そうでもないような…。燃えるような恋も、いつかは冷めるもの。しかし、それが長く続く温かな愛に変わ...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
「自分はきちんと評価されていない気がする」と思っていても、なかなか自分から「頑張りました!」とアピールするのは苦手という人も多いでしょう。そもそも日本人は...
 ノルウェーのイラストレーターLine Severinsenさんは二児の母。自身の妊娠・出産体験を通して、その大変さをイラストに描くことで、妊娠中のイライ...
「Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に...
彼女にこんなふうに言われていませんか?「全っ然、わかってない!」ここでは、女心と男心がすれ違いやすい7つの場面を例に、そのとき女性はどう考えているのか、男...
男性は、軽々しく体だけの関係を求めたり、別れたばかりなのに新しい女性と関係を持ったり…。とにかく遊んでいるイメージがあるかもしれませんが、逆にこう考えてみ...
気持ちの整理をつけたくてもうまくいかないときには、そのことばかりに考えが集中し、どうしても気持ちが沈んでしまうものです。自分の気持ちをうまくコントロールで...
彼の気持ちがわからない、そう悩む女性がたくさんいます。もしかして私のことが嫌いだからそんな態度をとるの?女性としてはそう思ってしまいがちな男性の態度。しか...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
人間の何気ない動作に、心の中が表れていることがあります。そんな心理とジェスチャーの関係をまとめたポスターが「Etsy」で販売されています。今回はその中から...
メッセージやメールでの会話が当たり前になった現代。そのおかげで、友だちと予定を立てるのも、恋愛を発展させるのも、ずいぶんスムーズになったのでは?そんな便利...
米・人気ライターPaul Hudsonさんのコラムを紹介します。タイトルは「愛しているの言葉よりも、彼の気持ちが伝わる9つの瞬間」。多くの女性から共感を集...
「時間」は誰もが平等に使える唯一のもの。慌ただしく生活し、余裕がなさそうな人もいれば、効率のいい使い方でスマートに生きる人もいます。中には、バタバタしてい...