過酷な環境でも農作物が実る魔法の「グリーンハウス」

エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく人が多いそうです。そんなゴンダルの農家を救い、過酷な気象条件を逆手にとった温室が、いまこの地を救おうとしています。

露を集めて散水
雨量の少ない土地でも
植物が育つ温室

スクリーンショット 2015-10-21 12.24.49

多機能型温室Roots Upで、不毛の地の再生プロジェクトに取り組むのは、エチオピアで活動するNPO団体「Roots Up」。彼らがデザインした温室のイメージ図が上の写真です。
この温室、ただ食物を育てるだけでなく、農作業に必要な灌漑用水、さらには安全な飲み水の確保もできてしまう。乾燥した大地に合わせてデザインされた、まさに多機能なグリーンハウスなのです。

スクリーンショット 2015-10-21 12.29.02

日中、温室内の温度は上昇し続け、ハウス内部には暑い空気が閉じ込められます。この熱が、植物の成長を促す湿度を内部に充満させるばかりか、Roots Upにおいて最も重要となる機能である、露を溜めることができるんだそう。

スクリーンショット 2015-10-21 12.28.19

日中の寒暖差が激しいゴンダル。太陽が沈んでから翌朝を迎えるまで、テントの表面温度は急激に低下していきます。この温度変化を利用することで、水滴となった露を無駄なく収集できるという訳。
化学の実験を思い出してください。水蒸気を含む空気を冷却したとき、蒸気の一部が気体から液体へと変化する「凝結」を利用して、植物の成長に欠かせない水をつくり出すシステム。それが、Roots Up最大の特徴なのです。

仕組はじつに簡単。三角錐の屋根を解放し、内部に冷たい空気を送り込むためのロープを引くだけ。これで、テント中央に設置されているタンクに水滴を集めることができるんだそう。このシステムを利用することで、安全な飲料水も手に入れることができるのは、この地域に暮らす人々にとっても大きなメリットでしょう。

環境に逆らわず
適応するシステムに着目

スクリーンショット 2015-10-21 12.29.30

植物育成には厳しい環境下に暮らす人々にとって、降雨量の少なさや寒暖差などの気候状況が、つねにボトルネックにありました。環境に逆らうのではなく、環境に適応するシステム構築こそがRoots Up開発者たちの狙いだったのです。
現在、ハウスは農作物の安定的供給に向けて、設置の準備を進めているそう。「自給自足を軌道に乗せる」次なる目標はまさにそこと、Roots Up代表者のMathilde Richelet氏は、公式ブログに意欲を示しています。

Licensed material used with permission by Roots Up

アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
生物医学研究サイト「GreenMedinfo」の創設者Sayer Ji氏は、こう断言します。「レジで受け取るレシートは有害物質が含まれている」。きちんとレ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
「ScienceAlert」に、オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究者が行なった実験の結果が紹介されました。火星の土壌に近い環境下で10種類の作物を栽培す...