「半世紀以上の歴史がある」日本の時計ブランドの最新モデルが欲しい!

若いビジネスマンにとって、時計選びは悩ましい。

極論を言えば、個人の好き嫌いで選べばいいだけの話だが、いざとなると選択肢は膨大だ。デザイン、機能、ブランドやその背景など、検討材料も無限にある。ビジネスユースを想定すると、価格もそれなりになってくる。まだ経験値の低い20代30代の審美眼で、相応しい1本を見つけ出すのは至難の技なのだ。

ここで紹介するのは、そんな時計選びのひとつの解「オリエントスター」。同ブランドに搭載される機械式ムーブメント(機械式時計における動力機構)は半世紀以上ずっと変わっていない。当然、そこには理由がある。

機械式時計だからこそ
職人気質の“つくり”が
支持されている

オリエントスターは1951年の発売以来、現在に至るまで国内外で販売が継続される人気ブランドだ。

その長い歴史のなかでさまざまなモデルが発売されてきたが、時計における心臓部とも言える機械式ムーブメントは、ブランドが誇る「46系キャリバー」を採用。

この事実を翻訳すると、“もの作りに真摯に向き合い、技術を継承しているブランド”となる。「機械式時計は、単なる工業製品じゃない」というのは、よく時計ファンが口にする言葉。オリエントスターは、まさにそれを体現しているブランドというわけだ。

【機械式時計とは?】ぜんまいを動力として、歯車が時を刻み、針を動かす時計。大量生産とは違い、一つひとつのパーツから、組み立てまで、全て、職人の手作業で行われる

今だからこそ、注目される
Made in Japanへのこだわり

日本の時計ブランド自体は珍しくない。

ファッション業界でも、ひと昔前の海外ブランド信仰が廃れ、ドメスティックブランドに注目が集まっているが、腕時計においても同じことが言える。

高い技術力、丁寧なものづくり、そして日本人の手元に馴染み、ライフスタイルへ溶け込むように計算されたデザイン……。だからこそ、オリエントスターはメイドインジャパンにこだわっているのだ。

世代を越えて、素直に
「良い」と頷けるデザイン

左から「エレガントクラシックトノー」(¥80,000+税)、「アーバンスタンダード チタン」(¥120,000+税)、「モダンスケルトン」(¥78,000+税)。高価な機械式時計のなかでも、手頃と言える価格も同ブランドのこだわりだ。

普遍的なデザインーーじつは、オリエントスターのもっともわかりやすい魅力はこれかもしれない。上の写真は同ブランドの最新モデル。このラインナップを見てもわかるように、文字盤のデザイン、ケースの形状、素材など、モデル毎に違いはあれども、世代や個人の趣味を越えたところで「良い!」と感じられるデザインという意味では通底している。

それをあえて因数分解すれば、クラシックな雰囲気のなかにもモダンなエッセンスを加えた、これ見よがしではない高級感といったところだろうか。ほどよくオーセンティックだからこそ、自然と汎用性は高くなる。

ビジネスシーンへのフィットは言うに及ばず、カジュアルファッションにアクセントとしてクラシカルな時計を合わせるのも、今の気分だろう。それこそデニムスタイルにトノーケースなんていうのも洒落ている。

歴史と実績のあるブランドが手掛ける、国産にこだわった時計。高級感がありながら、スタイルを選ばない汎用性の高いデザイン。しかも価格はこなれたもの。

はじめて機械式時計を買おうと思った人は、オリエントスターを選択肢に入れるべきだろう。

btn_orient_151116

Sponsored by オリエント時計

「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、...
これがあれば、溺れても安心!デバイスのフックを引っ張るだけで、小型の「浮き輪」が出現する優れものです。実際の使い方はこんな感じ。 「Kingii」はクラウ...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
「STORY」は、銀色の球体が木製の台の上を浮遊し、時間を知らせてくれるプロダクト。とはいえコレ、もはや単なる時計以上の存在だと思います。というのも、時の...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
液体が動き、時刻を表示する。とても単純に聞こえるその仕組も、以下の映像を見るとその表現力の豊かさに驚く。使用されているのは「Ferro Fluid(磁性流...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...