「人生というゲーム」を最高に楽しむために知っておくべきルール7つ

ゲームにルールが存在するのは、プレーヤーを縛るためではなく、ゲームに緊張感のある面白さを与えるためである。じゃんけんでも、サッカーでも、もちろんドラクエでも、ルールを知らなければゲームを楽しむことはできない。人生というゲームにおいても、それは同じである。ここでは人生を有利に進めるためのルールについて考えていく。

01.
ゲームの目的は
いつでも、何度でも、変更可能

150907_dragonquest4_01

ドラクエでは、ゲーム目的はゲームデザイナーである堀井雄二氏が設定している。これをプレーヤーが変更することはできない。
一方、人生ゲームでは、ゲーム目的をプレーヤー自らの意志で自由に設定、変更、追加、削除することが可能だ。しかも、何度でもだ。つまり人生ゲームは、生きている限り、その気になれば何度でもやり直しがきくのだ。

社会や親に設定されたゲーム目的(いい学校に入り、いい会社に就職するなど)を、自分が「最高に楽しい!」と思えるゲーム目的に変更することも、状況に合わせてゲーム目的を変更することも、何度でもしていいのだ。

童話作家のアンデルセン氏も、「オペラ歌手になりたい!」に始まり、「詩人になりたい!」「俳優になりたい!」「劇作家になりたい!」「童話作家になりたい!」と、挫折するたびにゲーム目的を変更、最終的には大成功している。

「職を転々とするのはみっともない」という一般通念があるが、これは人生のゲームルールを知らないゲームプレーヤーの捉え方と言ってよい。

02.
最大のリスクは
「じっとしていること」

ドラクエでは、敵との闘いに勝ったときだけ経験値が増える。一方、人生ゲームでは、負けても、途中で逃げても経験値が増える。負けても「この方法では倒せない」ということが新たにわかるからだ。

負けることを恐れて戦闘を避けていては、経験値はたまらず、レベルは上がらない。人生ゲームでは、一部の例外(命の危険がある場合)を除き、闘うことのリスクはほとんどない。最大のリスクは「じっとしていること」である。

負けることを恐れずに、どんどん敵と戦闘しよう。

03.
「見栄」「世間体」「体裁」は
コマンドで瞬殺

Letting her cares drift away...

現実には2種類ある。1つは「現実そのもの」、もう1つは「イメージ」だ。人間の考える「世界はこんなもの」と現実世界には必ずズレが生じる。物事は、実際にやってみなければ、どうなるのか、本当のところはわからないのだ。

実際には存在していないのに存在していると思われている敵もいる。それは「見栄」「世間体」「体裁」だ。これらの敵は「無視」。コマンドで瞬殺しよう。

04.
変更可能なことには
無限にサイコロを振る

人生ゲームには変更不可能なものと、変更可能なものがある。変更不可能なものは「自分の誕生日」「死亡日時」「属性」など。これらは考えたところで変えられないのだから、意識を向けるだけ時間の無駄だ。

逆に変更可能なのは「他のプレーヤーとの出会い」「発生イベント」「敵との戦闘」などだ。これらは何度でもサイコロを振って変更可能だ。いい目が出るまで振り続ければいい。サイコロを振りもせず、「退屈だ」「出会いがない」とぼやいたり、数回しかサイコロを振っていないにも関わらず「運がない」などと言っていてはいけない。ひたすらサイコロを振り続けよう。

05.
「コマンド」は作れる!
あの手この手を使って敵と戦う

150907_dragonquest4_05

ドラクエの場合、選択可能なコマンドはたったの8つ。ところが人生ゲームでは「食べる」「話す」などの基本コマンドが無数にあるだけでなく、「ゲーム化理論を実践する」「ゲーム目的を変更する」など、自らコマンドを作り出すこともできる。

人間は「コマンドを作る」という最強コマンドを持っているのだ。選択肢は無限にある。「万策尽きた」と思ったときは「コマンドを作る」という最強のコマンドを実行し、あの手この手を使って敵と戦えばいいだけのことなのだ。

06.
勝てる土俵で勝てばいい
土俵がないなら作ればいい

150907_dragonquest4_00

ドラクエでは、誰がゲームをプレイしようと、主人公には同じキャラクターがあてがわれる。

一方、人生ゲームの主人公である人間は、それぞれ特性(好み、得手不得手)が異なるよに作られている。自分の好みを見つけるのは簡単だ。あるものに出会ったとき、ワクワクするなら、それは好みの分野だ。しかし、得手不得手はやってみなければわからない。まずは好みのものに片っ端から手を出してみよう。

そして、人生における闘いの鉄則は、自分の土俵(得意分野)で闘うこと。得意な分野で勝負すれば誰でも勝てるし、苦手な分野で勝負すれば負けるのだ。
既存の土俵で勝てる土俵がないなら新たな土俵を作ればいいだけのこと。常に勝てる土俵で戦おう。

07.
「今を楽しむ」で
「ゲームオーバー」を克服

150907_dragonquest4_07

人生のルールの中で、最も強烈なのが「ゲームオーバールール」だ。

・ある日突然、強制的に電源オフ(死亡)
・ゲームオーバー(死亡)と同時に、すべて(肉体、精神、所持金、所有物)身ぐるみはがされる
・コンティニュー不可。再スタートも不可。

これが、現在私たちがプレイしている人生ゲームの恐るべき仕様だ。順調にゲームを進めていたとしても、ゴールまであと1歩だとしても、ある日突然、何の前触れもなく、突然ゲームオーバーになる可能性がある。

本当に恐ろしいのは、ゲームオーバーではなく、「こんなハズじゃなかった!」という後悔とともに人生のエンディングを迎えることである。

大切なのは、今、この瞬間の目前の敵との闘いを楽しむこと。人生は「今」の連続なのだから、「今日の今、この瞬間」を楽しんでいれば必然的に人生は楽しいものとなるのだ。

人生ドラクエ化マニュアル
コンテンツ提供元:ワニブックス

JUNZO

テレビゲームが趣味で、エニックスに就職。仕事中、「人生ゲーム化理論」を構築。この理論と向き合っているうちに「人様のテレビゲームを作ってる場合じゃない!自分の人生をゲーム化するほうが先決だ!」との結論に至り、独立。独立後は、情報誌創刊、電子ペット企画開発、銀座で占いビジネス展開、商品評価サイト企画運営など、様々な事業を展開する。

「ドラクエ(ドラゴンクエスト)」は面白い。現実世界では味わえない刺激に満ちている。一方、人生はドラクエほど面白くはない。それどころか多くの人にとって人生は...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
しし座の彼と付き合っている、そこのあなた。ここで紹介する「YourTango」の記事は、あなたのためにライターSarah Fader氏が書いたもの。彼をも...
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
アメリカの著名な投資家、ウォーレン・バフェットをご存知でしょうか?11歳で初めて株式を購入し、その天才的な手腕から「オマハの賢人」とも呼ばれた彼は、時間を...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...
あなたの周りにもきっといる「自分を持つ女性」。とはいえ、具体的にどの行動がそうした印象につながるかは、よくわからないのでは?そこで、それらを言語化してまと...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
「Collective-Evolution」が紹介した、30歳を迎える前に知っておきたいこと。どれもよく言われていることですが、備忘録のようにして繰り返し...
「常に、死を意識することのススメ」と題した記事をご紹介します。なんて、唐突に言われても、私たちが常日頃から、死について考えているかといえば、そんなに多くは...
クライミングウォールにプロジェクションマッピングを投影、新しいゲーム性を取り入れた遊び方が可能になりました。未来感満点のワクワク動画は必見です!これは、投...
2匹の可愛いモルモット、グレイシーとスージーは「1枚の葉っぱ」を両端から食べています。もちろん食べれば食べるほど少しづつ葉が短くなっていきますが、なくなれ...
これは、「Thought Catalog」に掲載され話題になったもの。疲れやストレスで自分自身に対して“腐ってきたなあ”ーーなんていうふうに思ってきたら、...