クセのある「彼ママ」と仲良くなるには、このルールを守ってみる

彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…。

Elite Daily」のライターSamantha Shortさんは、彼氏から「うちのママは今までの彼女とはみんなうまくいかなかったんだよ。だから、うまくいかなくても落ち込まないでくれ」なんて言われたそう。でも実際に会ってみたら、超仲良しに!そのコツとは?

01.
彼とママが仲良くできるように
応援する 

Edba53dc0bfd64567f2900ad33736e0e25d1a70f

彼は典型的な大学生って感じだったから、ひとり暮らしを始めてから全然ママに連絡していなかったの。電話やメールにもちゃんと返事をしてなかったみたい。

連絡がないのって腹が立つし、心配だったり寂しい気持ちは、私にもよくわかったわ。でも私は彼と定期的に会えるけど、ママは遠く離れた土地で、本当に様子もわからないまま心配していたわけよね。

だから「ママにメールした?」「今日のこと報告した?」ってリマインドすることにしたの。ママもこれにはとても感謝してくれて、そのおかげで良い関係が築けたんだと思う。

今では「彼がちゃんと返事しないときは、私に連絡してください」って言ってあるの。

02.
彼とは真剣だ、と
ちゃんと言葉で説明する

付き合い始めたばかりのころは、将来のことなんてピンと来ていなかったの。だけど、付き合って一年経ったころ、彼のママに「真剣なお付き合いをさせていただいてます」ってちゃんと意思表示したの。

本当に大事に思っているパートナーのママに対して、ふたりの将来について話ししておくことはとても大事だと思うわ。ママも、私がただの「新しい彼女」じゃなくて、長い付き合いになるだろうってことがわかったからこそ、いい関係を築こうって思ってくれたんじゃないかな?

03.
いつだって
リスペクトを忘れない 

E4f25338723849db4e443a878e104e169511404b

どんな人と付き合うときもリスペクトは大事だけど、彼のママは特別。だって、将来あなたのママにもなるかもしれないんだから。

「大好きな彼を育ててくれた人なんだ」ということを覚えておけば、彼のママへの感謝の気持ちが自然と湧いてくるはずよ。

04.
彼とのケンカは
ママに見せない

もちろん彼とケンカすることだってあったけど、必ずふたりの間で留めておいたわ。

もしもママがケンカを何度も目にしていたら、ふたりの関係性を心配されてしまうのも当然だわ。ふたりでいると幸せなんだ、ってところを見てもらわなくちゃ。

05.
彼のママとして、の前に
人として

彼のママと話すとなると、緊張してついつい無難な話題を選びがち。でもママはあなたの人生にも深く関わる人であって、お天気とかニュースとか当たり障りのない話しかできない相手じゃないわ。

彼との思い出や、子供の頃の話、そしてママが若かったころの話を聞いてみるといいわ。きっとあなたとも共通点があって、弾む話題があるはず。

06.
自分を見せることを
恐れない

45f41be9236e29381000fe06606e6f45502f4908

ママに気にいられようとして、当たりさわりのない受け答えばかりでは逆効果。あなたのことを好きになってもらうのが目的のはずなのに、つくった自分で接していては、意味がないと思うの。

たとえば、将来の夢や自分の家族のこと、少し話しにくい話題でも正直に答えるように心がけて、あなたのことを知ってもらったほうがいいわ。さらに、彼と出かけたときに楽しかったこと、失敗しちゃったエピソードなんかも話すと、ママとの距離がぐっと近づくはず。

07.
好きになってもらえるように
努力する

やっぱり一番大事なのはコレ!彼のママに自分のことを好きになってほしかったら、その努力をしないといけないわ。

自分が彼にふさわしい女の子で、家族に迎えるのにも恥ずかしくないってことをちゃんとわかってもらうの。嫁姑問題なんて聞くと怖くなっちゃうけど、大好きな彼のママとはそんな風になりたくないじゃない?

仲良くなるための努力は、必ず報われるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「彼の姉妹と会う」というと、なんだかちょっと緊張しませんか?彼が子供のころからずっと一緒に暮らしてきた人だし、恋人のあなたが目の前にやってきたら、複雑な感...
恋愛関係が長くなると、本音で語りあうことは増えたけど、だからこそコミュニケーションが難しくなってしまった。なんてこともあります。お互いに好きなはずなのに、...
女性の中には、努力して美貌を保つ人や年を重ねるごとにもっと美しくなる人がいます。しかし、多くの人の外見的な美しさは薄れていくのが現実かもしれません。それな...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
言い争いって本当に心がすり減ります。喧嘩しなくても仲良しでいられる方法があるのであれば、ぜひともそうしたいもの。たとえば、「YourTango」に掲載され...
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...