一人あたり月額10万円もらえる!?フィンランドの「ベーシックインカム」とは?

すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンランドが導入を検討しているようです。しかし、そこには課題も…。

働かなくても、一人あたり
毎月10万円を支給?

shutterstock_154741178_2

フィンランド社会保障協会(KELA)は、すでにベーシックインカム導入に向けたプレゼンテーションを実施。委託調査の結果、国民のおよそ69%が計画を支持しているといいます。早ければ2017年からの運用を目指している、との情報がメディアを通じて世界に発信されました。
一部では、「フィンランド政府は、国民一人あたり月額800ユーロ(約10万円)の支給を目指している」など、具体的な金額まで登場。しかし、KELAマネージャーOlli Kangas氏によれば、あくまでオプションの一つに過ぎず、現在の失業給付に照らし合わせて、実際の額を検討中。一部のフィンランド国民に向けて試験的に実施されるモデルケースでも、550ユーロ(約7.3万円)が妥当だとする氏の予測を「Vox」は伝えています。

実現しても、支給額は…

shutterstock_307086920_2

さて、「Bloomberg」の算出では、仮にすべてのフィンランド人(人口約540万)に毎月800ユーロを無課税で支給した場合、そのための費用として政府は、年間522億ユーロ(約7兆円)が必要となる計算。しかし、2016年の政府歳入は総額でも491億ユーロと支出が上回ってしまうことからも、ベーシックインカムが導入されたとしても、現実的な支給額は相当下回るだろうと予測しています。

来年、ベーシックインカム導入に向けての国民投票を予定している富裕国のスイスでさえ、歳出額の大きさから否決となる見通しだそう。
ちなみに、オランダはすでに同様の計画が実現に向けて動き出していて、ユトレヒトでは来年、ベーシックインカムが試験的に導入される予定です。

失業率上昇で不安定な
社会保障システム再建の打開策?

shutterstock_193726157_2

「私にとってベーシックインカムは、社会保障制度を簡素化することを意味します」

ユハ・シピラ首相は公式会見の場でこう述べ、ベーシックインカム導入について一定の評価をしているようです。しかし、その背景には、悪化する経済状況のなか、社会保障システムを再構築する打開策としての奇手と捉えているのかもしれません。

福祉大国としての印象が強いフィンランドですが、現在失業率は欧州連合(EU)の平均を上回り約10% にまで上昇。このまま失業者が増加するのではないか?との懸念から、同国民の5人に4人が導入賛成に流れているとの分析を「BBC」は報じています。
しかし、一方で失業者が給付金を手にしては、働く意欲が失われるだけと、否定的な見方をする経済学者も多く、導入に向けて課題は山積、というのが現状のようですよ。

Reference: Vox , BloombergQuartz ,  BBCYle Uutiset

福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
「見知らぬ人から贈られた、10万円」アナタならどうする?見知らぬ誰かから贈られた「無償の親切」。海外の掲示版サイトに投稿された驚きの内容が話題を呼んでいる...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...