飲み過ぎて超つらい・・・「二日酔いの対処法」を医師に聞いてみた!

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

楽しすぎて飲み過ぎ、翌日二日酔いに…なんてことは、年末年始に限らず、多くの方が経験があるのではないでしょうか? アンケートサイト「みんなの声」のアンケート結果によると、このような結果がでています。

【あなたの、二日酔いの対処法は?】 

thum_2256_1

この結果の真意について、医師に聞いてみました。

Q.1 なぜ「二日酔い」になるの?

192308534

アルコールを飲むと、飲んだアルコールは腸で吸収され、血液に乗り肝臓に運ばれていきます。その時、肝臓ではアルコールを分解する酵素によって最終的には二酸化炭素と水になっていくのですが、途中でアセトアルデヒドという物質になります。実はこの物質、身体に有毒なのです。 

飲むアルコールの量が少なければ、有毒なアセトアルデヒドも少量ですし、すぐに分解されていきますが、大量に飲酒したり、体調が悪いまま飲酒をした場合、肝臓での代謝が上手く行かなくなると、アセトアルデヒドが溜まり、二日酔い、という症状を起こします。 

またアルコールには尿の量を増やす作用もありますので、体が脱水状態になりやすくなります。この点でもアセトアルデヒドが身体に溜まり易くなっていきます。

Q.2 1位の水、スポーツドリンクの
水分補給による対処は、正しい?

12345432123346453

水、特にスポーツドリンクによる水分補給は、二日酔いへの対処法として正しいといえるでしょう。 

アルコールによって脱水状態になると、身体の中にアセトアルデヒドが溜まっている状態になるので、循環する血液の量を増やし、身体の中にあるアセトアルデヒドを洗い流すことができます。 

水分補給をする場合は、水よりスポーツドリンクの方が効果的です。またスポーツドリンクは脱水によって崩れてしまった身体の中のナトリウムやカリウム等の電解質のバランスを整えることにも役に立ちます。二日酔いの対処法の中では最も効果的だと言えます。

Q.3 2位~6位の対処法にも効果はある?

5432_240360577

ウコン、しじみの味噌汁、肝臓のエキスは肝臓に良いとされていますが、実際に二日酔いに対してどの程度効果的なのかについては医学的根拠が少ないです。ぬるめの湯に浸かるは身体を暖めることによって心拍数が上がり身体に溜まっていたアセトアルデヒドを代謝させる効果がある程度はあります。迎え酒も、ある程度はぬるま湯に浸かることと同じ効果がありますが、量が増えてしまうと逆効果になってしまいます。

Q.4 二日酔いの時に避けたいことは?

二日酔いで気持ちが悪い時には無理に食べ物を取らなくても良いですが、水分はなるべく取るようにして下さい。水分が不足して脱水のままの状態であると、アセトアルデヒドが体内に留まり続けて二日酔いが治りにくいです。 

熱いお湯に入ったり、運動することもぬるま湯に浸かるよりは二日酔いには良いかもしれませんが、心臓に負担がかかることがありますので、お勧めはできません。二日酔いの時の食事は脂っこいもの等の胃腸に負担をかけるものは避けて下さい。

Q.5 二日酔いにならないための対策は?

98260900663

普段から二日酔いになりやすい人は、飲酒する前に胃酸を抑える薬を飲んで下さい。理由ははっきりしていませんが、胃酸を抑えることによって二日酔いになりにくいことがあります。 

同時に飲むアルコールの種類は2種類以内にして下さい。3種類以上にすると腸からのアルコールの吸収が乱れて二日酔いになりやすい可能性があります。飲酒する時はタンパク質の多い食べ物を一緒に取るようにしましょう。

■医師から最後に一言
二日酔いは辛いものですので、お話ししました方法で二日酔いにならないように注意して下さい。肝臓にあるアルコールを代謝する酵素の能力には個人差がありますし、アルコールを飲んでも酵素の能力を高めることはできませんので、身体の限界を知ってそれ以上の飲酒はしないようにしましょう。

 監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
欧米メディアで今年大注目の「ターメリックミルク」。肝臓に良いとされているウコンの粉を練ってつくるわけだから、当然お酒を飲む前後に飲むことで二日酔いの予防に...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
やっぱ世界は広い!つい、こう言いたくなるような話題です。日本では、二日酔いの朝といえば「しじみの味噌汁」や「梅干し」が代表的。では、世界中の人たちはどんな...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
数ある緑黄色野菜のなかでも、お味噌汁の具材のいちばん遠くにある。そんなイメージのピーマンですが…料理家・平山由香さんの手にかかれば立派に主役をつとめてしま...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着きま...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...